「キリスト教の功罪」ダ・ヴィンチ・コード ゆっこさんの映画レビュー(感想・評価)

メニュー

ダ・ヴィンチ・コード

劇場公開日 2006年5月20日
全79件中、16件目を表示
  •  
映画レビューを書く

キリスト教の功罪

たしかに難しい、、

もうすこしややこしさをすっきりできなかったかな。

作者は歴史の上でキリスト教がどれだけ
あくどいものだったか、を言わんとしているのだろうか。

しかし一方で、「信じること」の大切さをも。

美しいオドレィを使っていながら、
一切、トムハンクスとのラブのからみがなかったのはやや艶に欠けるとも思った。

また、よい映画に共通点するはずの「ユーモア」がなかったなぁ。

それだけ深刻な内容なのか。

あまりに重いので、なかなか一気には見られなかった。

「軽み」も映画には必要と思う。
さいきん見たなかでは「グランドブダペストホテル」が最高だった。

ので、この映画は三点。

ゆっこ
さん / 2018年4月24日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報