「最高に緻密に練られた謎とストーリー」ダ・ヴィンチ・コード きゃべつ太郎さんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「ダ・ヴィンチ・コード」 > レビュー > きゃべつ太郎さんのレビュー
メニュー

ダ・ヴィンチ・コード

劇場公開日 2006年5月20日
全79件中、25件目を表示
  •  
映画レビューを書く

最高に緻密に練られた謎とストーリー

わかりやすくすると、より複雑に、より緻密に、より精巧に、よりシリアスにつくられたナショナルトレジャー。
なんといってもこの作品の特徴として徹底的に調べられた宗教背景である。
今作品のストーリーはフィクションでありながらどこからが本当でどこからが脚色なのかわからないほどに違和感なく足された歴史背景。そしてなにより男心をくすぐる歴史語録の数々。そしてワクワクが止まらない謎解き。個人的にどハマりした映画でした。
しかし1つ難点を言うと、とてもわかりづらい。
おそらく二回観ないとわからないほどに難しい宗教関係などがでてくるので原作を読むべきだと思いました。

きゃべつ太郎
さん / 2017年8月19日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報