劇場公開日 2002年8月31日

バイオハザード : インタビュー

2002年9月2日更新

ポール・アンダーソン監督 インタビュー

前のページから続く

――その「地球最後の男」っぽく「バイオハザード2」を作りたいとか?

「『地球最後の男』はワーナーがリメイクの準備を進めているけど、僕の考えとは方向性が違うんだ。だから僕は、僕の『地球最後の男』を『バイオ2』でやるつもり。もともと無人の街に惹かれる傾向があって、次はそこが舞台なので、僕の夢みたいな感じだね」

――あと「デスレース3000」とか「エリアンVSプレデター」等、新作もたくさんです。

「『エイリアン』はいま脚本を書いているところ。学生時代にリドリー・スコットの『エイリアン』を見て以来、このシリーズに憧れていたのでとても嬉しいよ。『デスレース3000』はカーレースの表現を革新的なレベルまでもっていきたいと思っているんだ。『エピソード1』のポッドレースはその参考になりそうだな」

――あっ! じゃあ「スター・ウォーズ」のファン? 「ショッピング」のときにミレニアム・ファルコン号を出してたでしょ?

「そう、大ファンだよ。でも『エピソード1』はポッドレースを除くと退屈だったけど(笑)。そうそう、こんな話があるんだ。『ショッピング』のキャスティングのときジュード・ロウとユアン・マクレガーのどちらを選ぼうか最後まで悩んでいたんだ。だからユアンが『スター・ウォーズ』に出ているのはなんとなく嬉しくってね、僕にも見る目があったのかなって(笑)」

――そんなに夢が叶って、後やりたいことは?

「僕は『不思議の国のアリス』と『鏡の国のアリス』が大好きで、それを映画化したいんだ。でも、原作通りじゃない。またゲームなんだけど『アリス・イン・ナイトメア』という作品があって、これがメチャ面白い。2冊の本から2年後が舞台で、アリスの家が火災に遭い、彼女は両親が焼け死ぬ姿を目撃してしまう。ショックで口もきけなくなり精神病院に隔離されて、そのとき見る彼女の悪夢の世界を描きたいんだよ。アリスが肉切り包丁を手に悪夢の世界を冒険するなんてイカしてると思わない? とても軽妙なラブコメディになると思うよ。“あの『ノッティングヒルの恋人』の監督が送る!”みたいなキャッチフレーズが似合うような作品にね(爆笑)」

――ところで、監督になったきっかけは?

「子供のころ、土曜の朝に映画館で子供だけに映画を見せる催しがあって、僕も参加していた。で、ジョン・ウェインの西部劇を見ていたとき、映画は作られたもので現実じゃないんだとハタと気づいたんだ。それまではウェインは本当のカウボーイだと思ってたんだね(笑)。そのときだよ、僕が映画を作る人になろうと決めたのは。まさに天啓ってヤツだね(笑)。それからはジョージ・パルやレイ・ハリーハウゼンに夢中。10代後半ではジャン・ジャック・ベネックスやリュック・ベッソン。あのビジュアル・スタイルが好きで、真剣に監督の道を目指しはじめたわけなんだ」

――あのお……ポール・トーマス・アンダーソンと間違えられたりしません?

「まさか! 作る作品がまったくちがうよ(笑)。でも、言われてみればバーニーズ・ニューヨーク(日本にもある高級デパート)からはいつも豪華なカタログが送ってくるんだけど、きっと“トーマス”と間違えているんだろうな(爆笑)。僕の“ポール・W・S・アンダーソン”は、“ウィリアム・スチュアート”の略。母が誇りにしているじいちゃんの名前で、もちろん本名だよ」

確かに、おっしゃる通り、バーニーズがカタログを送りたくなるような映画は撮っておりません。でも、フォービトン・プラネット(英米のおたくショップ)がカタログを送りたくなるような映画は作っているポールでありました。私もファンレター送りたーい!

関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る
「バイオハザード」の作品トップへ