劇場公開日 2005年6月18日

バットマン ビギンズのレビュー・感想・評価

3.7113
15%
63%
21%
1%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全113件中、1~20件目を表示

4.0伝説の始まり

といぼさん
2020年10月23日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

元々「メメント」が好だったんですが、先日「TENET」を劇場で鑑賞して感動したので、最近ノーラン監督作品を観漁っています。

ノーラン監督作品としては「メメント」「インターステラー」「ダークナイト」「TENET」に続いて5作目の鑑賞になります。

結論。めちゃくちゃ面白かった!!
いかにしてバットマンというダークヒーローが誕生したのかを見事に描ききっていました。全体的に暗い雰囲気の映画でしたね。ただ、バットマンの悪役であるジョーカーの誕生譚であるトッド・フィリップス監督作品「JOKER」で感じた不快な暗さではなく、王道的ヒーローになるまでの下積みの暗さというか、見ていてドキドキする暗い映画でした。表現が難しいですね。

本当であれば、時系列的にも映画公開順的にも「バットマンビギンズ」→「ダークナイト」と観るべきだったとは思いますが、逆順で観てしまいました。しかし、映画単体としてのクオリティが非常に高かったこともあり、問題なく楽しむことができました。

・・・・・・・・・
幼少期のブルース・ウェイン(クリスチャン・ベール)は古井戸の中でコウモリに襲われたのがトラウマになっていた。ある日両親と共に観劇したオペラで黒い衣装の演者を観て恐怖心に駆られ、劇場から出たところを強盗に襲われた。両親は強盗の凶弾に倒れて帰らぬ人になり、ブルースは執事のアルフレッド(マイケル・ケイン)に育てられた。ゴッサムシティの悪を倒す力を得るために旅に出たブルースは、ヒマラヤで「影の同盟」と名乗る秘密組織に入り、修行を積んで恐怖を克服する力と人並み外れた格闘能力を得た。その後、影の同盟に謀反したブルースは組織を抜け出し、ゴッサムシティに戻って、両親の残した財力と自身で身に着けた戦闘能力を活かして、「バットマン」として悪との戦いを始めるのだった。
・・・・・・・・・・・

140分と少し長い上映時間の作品ですが、密度の高いストーリーで中だるみも無く最後まで鑑賞できました。事前に鑑賞していた「ダークナイト」では悪のカリスマであるジョーカーの手のひらの上で踊らされるバットマンが描かれていましたが、今作では圧倒的財力と圧倒的パワーと様々なガジェットで悪を圧倒するバットマンが描かれており、こっちはこっちでめちゃくちゃ面白いです。

バットマンというヒーローがいかにして誕生したのかをきちんと描ききった名作だったと思います。
オススメです!!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
といぼ

3.5一周回って好きになった

ハルさん
2020年10月21日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:TV地上波

楽しい

興奮

後のダークナイトに続く映画であり、次回作の評価が高くなりすぎたので相対的に評価が下がりやすい作品だと思う。
自分もダークナイト、ダークナイトライジングとみてからは一作目がつまらなく思えた時期があったが、今は逆に一周回ってありの映画になってしまった。
特に一番好きなシーンは、ブルースが地下で手裏剣つくったり色んなガジェットを工作してるシーンである。
中学校のときに部屋でプラモデル作ってたときのことを思い出すので好き。

渡辺謙はキャラが意味不明なので嫌いだったが、一周回ってこれもありになった来た。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ハル

3.5男の子の夢を詰め込んだアイテム

カメさん
2020年10月6日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

個人評価:3.8
ダークナイトに繋がる大事な一作目だが、シャドウなどの描写やディテールがやや古臭く、このあたりはノーランらしい新時代的な新しい風がやや弱いか。
しかしながら、バットモービルやスーツの演出は男の子の夢を積め込んだビジュアルで流石である。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
カメ

4.0おうち-266

かいりさん
2020年9月27日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館、VOD

興奮

PITTAマ○クって2005年に発売されて、初代イメージモデルはリーアム・ニーソンだったらしいよ。その後、素材がポリウレタンになって、大ヒットしたんだって。

1作品で1人の俳優さんのことばかり語るレビュー、たまにやるのですが、よし、リーアムさんについて語ろう!
『スターウォーズep1』をリアルタイムで母と見たとき、がきんちょの私はオビワン、アラサーの母はクワイ=ガン・ジンに虜になりました。
その時、クワイ=ガンのどこがかっこいいのかわからなかったけど、、、今めたんこわかります、マスター・リーアムの良さ。私、リーアムさんに会ったら「弟子にしてください」って言うって決めてるんだー。
リーアムさんと言えば、家族を敵にとられて、頑張るパパ(比較的娘がうざい)役も多く、それも好きなのですが、やっぱりマスター役が好き。
瞳の奥の優しさ、クールな立ち振舞い、そして強い!背が高い!
てなわけで本作は、マスター・リーアム好きにはもってこい。ま、今回悪いけどね。そのPITTAマ○ク、すごく暑そうだけどね。

本作は、バットマンの始まりの物語として、フレッシュなバットマンと洗練された悪役というバランスが良かった。
だからこそ、この後、『ダークナイト』で見せつけられる、人間の悲しみや怒り、心の歪みや狂気が際立つし、同じ作風だったらつまらない。

特殊能力を持つ人間ではないバットマンが、両親の死という悲しみを心に、傷つき、信頼するアルフレッドやレイチェル、ゴードンらと乗り越え、強くなっていくところが、
私たちと同じ土俵にいる人間な気がして、いいなぁ。

コメントする (コメント数 4 件)
共感した! (共感した人 8 件)
かいり

5.0ダークナイト第一作

2020年9月22日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

クリストファー・ノーラン版バットマン、ダークナイトシリーズの第一作で、とてもパワーのある映像で引き付けてくれる。
バットマンはスーパーヒーローの中でも陰があり、悪や正義について疑問を呈してくれる。
印象的なテーマ音楽がないのが残念。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

3.0山奥修行が何見せられてるんだ感

21世紀さん
2020年9月19日
スマートフォンから投稿

全くバットマンの知識なく見ました。
このシリーズ(?)は三部作ということを知った上で見たので、続きの作品が見たくなる1本には仕上がっていたと思います。

前半は山奥で修行したり、忍者みたいな手下達がでてきたり、正直なんじゃこりゃ状態でした...。バットマンになったら幼なじみの女の人助けるためにめちゃくちゃ街壊してるし、笑いが止まりませんでした(笑)

警察のゴードンが絡んできた後半あたりからワクワク、ハラハラな感じで楽しめました。

最初から最後までとにかく執事のアルフレッドがいい人すぎて、最後にはアルフレッドファンになっていました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
21世紀

2.5粋な映画

さん
2020年9月19日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あ

3.5かっこいいけど・・・

2020年9月15日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

 クリストファー・ノーラン監督らしい、見てて面白いギミックがたくさん入っていて、飽きずに最後まで見られました、さすが。

 ただ・・・今までキャラクター的は知っていても、
アニメのバットマンのチラ見とか プリンス♂のPVくらいでしか
まともにバットマンを見たことがないためか、
なんだか思い入れができなかった。

 すんごい重たそうなバットモービルでいつの間に?か追跡をまいたり(これはいいとしても)、

周りを欺くため金持ちの奇行や、最高に口悪いことを自分の誕生日会で口走ったり、

ヒマラヤで 日本人にとっては正義の味方のケン・ワタナベ と
偉大なるジェダイマスター クワイ=ガン・ジン(リーアム・ニーソン)! に師事してたのに、
急によくわからない理由で敵対行動をとったり、

なんとかしてダークヒーローなところを出そうとして、逆に小物感が出てしまったのも、
いまいち思い入れできない原因の一つかなーって。

 他の方のレビューを拝見してると、これは名作ダークナイトへの布石だと思えという意見が多く、それを信じてダークナイトに臨みたいとおもいます。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
最近見た映画中心 たくと ☪ そしてヴァナ・ディールへ

2.0脚本にガッカリ

@花さん
2020年9月13日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

単純

コウモリが怖いから克服する話。

バッドマン祭り開催。
ティムバートン版も大好きだよ!
それはそれ。これはコレ。

最初の印象は「うわぁ、ダセェ。」
強いバッドマンマンしか知らなかった。
ヒマラヤで修行とか絶対して欲しくなかった。
金持ちの道楽で刑務所入ったり、体を鍛える意味がわからない。どこのトゥームレイダーだよ。
金持ちなら軍隊雇うなり、金に物言わせて政治家買収した方がよっぽど平和だし自分の手も汚さない。

バッドマンの魅力は本音と建前があるところだと思うのよ。
悪を根絶したいって理想と親を殺された怒りから悪を叩き殺したいってジレンマ。

そのジレンマこそダークヒーローたる所以だと思う。

バッドマン三部作でダークナイト以外の脚本を担当したデビットSゴイヤー。
ダークナイトの脚本を担当したジョナサンノーラン。
残酷なまでに才能の差が浮き彫りになった。

ノーラン監督だから糞ダサイ脚本でも俳優を生かして格好良く作品に昇華させたけど、他の監督だったら大コケしててもおかしくないと思う。

三部作全部兄弟タッグで映画にしたら良かったのに。

ストーリーにイチャモンつけたけど、俳優の演技は素晴らしい。
あと、レイチェルが可愛い。

作品自体はダークナイトの方が格段に脚本が良い。

ビギンズとライジングはオマケ程度の感覚で鑑賞することをオススメします。
(観なくても問題ない。なんならティムバートン版見たほうがヴィランが魅力的)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
@花

4.0強いヒーローに豪華な出演者

2020年8月17日
iPhoneアプリから投稿

 ティム・バートン監督のバットマン🦇とは全く違う強くて逞しいバットマンで、コミック感があまりなく、ハリウッド映画感が満載。渡辺謙が悪役だったり、ゲイリー・オールドマンがちょっと頼りない善良な刑事だったり、モーガン・フリーマン、リーアム・ニーソンと主役級の俳優が豪華に出演🥰
 バットマンになるまでの経緯がよく分かった。お父上の会社に使えそうな装備やらクルマまでなんでも揃っているのは都合良すぎ、、、もともとコミックだからいいんだけど、ちょっと冷めてみれば、お金持ちの坊ちゃんの壮大な工作。
 とは言え、悪を倒す為、ゴッサムシティを救う為、カッコいいからいいのです。個人的には戦車の様な今回のクルマより、前シリーズの方がカッコいいかな!
 執事のアルフレッド、優しいだけでなく厳しい助言もきちんとしてくれて、ブルースを支える素晴らしい人。
 人はなぜ落ちる?這い上がるためだ。なるほど、名言ですね‼️

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 11 件)
アンディぴっと

5.0良いです

2020年8月15日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
福島健太

4.0ストーリーに撮影技術が追いついた

Iwarenkonさん
2020年8月14日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

『ジョーカー』の秀逸ぶりに影響され、そのルーツを探るべくバットマン旧四部作から鑑賞し、新三部作へ突入した。
個人的に観るのが苦痛であった旧四部作は原作アニメをある程度の忠実さを持って実写化したものであるのに対し、新三部作からは、より脚本を練ったアニメ路線からの脱却があった様に感じられた。
ゴッサムシティの描写も素晴らしかったし、『Mr.フリーズの逆襲』から8年の月日は撮影技術の向上を感じる。

キャストも脇を固める俳優陣が豪華だが、リーアム・ニーソンが悪者で、ゲイリー・オールドマンが善者というのも面白い。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
Iwarenkon

3.5実存的ニヒリズム vs 闇の理想主義者

h.h.atsuさん
2020年8月3日
iPhoneアプリから投稿

ノーラン監督版のBatman三部作(Dark Knight Trilogy)の序作。
それぞれの作品間の制作時期がかなり開いているものの、しっかりとその世界観と物語が統合されている。

米国のエンタテイメントコンテテンツは勧善懲悪が好まれるなかで、Batmanは異色の存在。なかでもノーラン監督の作風は、より善と悪の境界線を曖昧なものにしてリアリスティックな作品に仕立てあげている。

対立する二人の思想も似ているようでいて、譲れない思想や矜恃があり、ついに二人は大きく対立する。
一方は腐敗した社会を「オールクリア」して腐敗した社会を浄化しようとする虚無主義者。かたや行動は法に抵触するものの、最終的には人を殺めることなく今の社会を救おうとする現実的な理想主義者。

敵役のデュカードの行動(ジェノサイド)には賛同できなくても、思想そのものについては賛同する人も多いのではないか。所得格差や移民問題等政治や経済が混乱するなか、彼のような思想を持つ人の声と、その声に耳を傾ける人の割合が今ますます大きくなってきている。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
h.h.atsu

4.5【”人の本性は行動で決まる” 超弩級エンターテインメント作品三部作の序章。ブルース演じるクリスチャン・ベールを支える、名優マイケル・ケインとモーガン・フリーマンの魅力が作品を牽引する。】

NOBUさん
2020年7月29日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル、DVD/BD

怖い

幸せ

・幼き、ブルースは観劇中両親に帰宅を請い、帰途に両親を”貧しき者”に殺される・・。彼は、自分の責任だと責任を背負いゴッサム・シティから姿を消し、ヒマラヤで”ラーズ・アル・グール”(渡辺謙かな・・)が率いる”影の同盟メンバー”として戦闘訓練を受ける。

 そして、ゴッサム・シティに戻ったブルースは彼の不在の間、ブルース家を管理していた忠実な執事アルフレッド(マイケル・ケイン)と応用科学部のフォックス(モーガン・フリーマン)と久方ぶりの再会を果たすが、彼の不在の間にウェイン家及びゴッサムシティは”荒廃”していた・・。

■今作の魅力
 1.師事していた筈の”ラーズ・アル・グール”とのまさかの対決。

 2.マイケル・ケインとモーガン・フリーマンの魅力全開作品。
 そして、フォックス(モーガン・フリーマン)による、バット・モービル、バット・スーツなどの今後の作品における重要な装備の開発過程の面白さ。

 3.地方検事補佐レイチェル・ドーズとの再会と・・・・・。

 4.ゴッサム・シティを牛耳っていたファルコーニを陰で操る、イケメン精神科医クレイン(キリアン・マーフィ:久しぶりに観ると、無茶苦茶イケメンである。今や、英国映画界の(個人的)スターである・・。クリストファー・ノーラン監督の信頼も厚い。))の幻覚剤を使用するスケアクロウとしての姿。

 5.ジム・ゴードン巡査部長の三部作を通して変わらぬ実直な姿。(今作、ラストで目出度く昇格。この後も、ドンドン昇格。)

<幼き頃のトラウマを克服し、スケアクロウ、及びラーズ・アル・グールとの対決を制した、バットマンの前に提示された”ジョーカー”のカード。これからが、本番です・・。>

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 8 件)
NOBU

3.0バットマンの始まり

おこげさん
2020年6月25日
iPhoneアプリから投稿

バットマンの始まりはオモチャに夢中になる子供の延長線で始まった?
初めての出動は動きもぎこちない。他の特殊能力を持ったスーパーヒーローとは違って人間臭さがとても良い。
名作と言う人が多いダークナイトも早くみてみたくなった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
おこげ

2.5ここから始まるシリーズを思えばこそ観られたけど、この作品単体だとあ...

2020年6月9日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

ここから始まるシリーズを思えばこそ観られたけど、この作品単体だとあんまり好きではなかった〜
ただ、忍者修行のところは違う意味で面白かった。なんか欧米の人がイメージするNINJA!って感じがツボに入った。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
お手紙食べるほうのヤギ

4.0ドラマがしっかり

2020年6月7日
PCから投稿
鑑賞方法:TV地上波

三部作の一本目。バットマンの生い立ちとこれからの成果に期待する出来。導入編としてしっかりできている。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
bluetom2000

4.5監督が変わるとバットマンもこんなに変わるのかと思った。アメコミが原...

2020年5月8日
iPhoneアプリから投稿

監督が変わるとバットマンもこんなに変わるのかと思った。アメコミが原作ながらも悪の本質をつく内容になっていて、真面目で深い作品だと感じた。最後がまた続編が早く観たい!と思わせる終わり方になっていて続編を作るのにあったラストだったと思った。バットマンのかっこよさを引き出し、さらに悪についての真理を問いただす作品だと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
あかねちん

5.0ただのアメコミと思うなかれ!

うさぎさん
2020年4月19日
iPhoneアプリから投稿

興奮

今までのバットマンシリーズとは変わり、
しっかりとしたストーリー性がある!

いかに、バットマンが生まれたか?
なぜ、バットマンなのか?

ブルース・ウェインの
心の闇や恐怖を見事に演じ切った
クリスチャン・ベールの演技は、圧巻です!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
うさぎ

3.5アラは目立つが、三部作の始まりとしては上々の出来。

2020年4月14日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

怖い

単純

興奮

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 15 件)
たなかなかなか
「バットマン ビギンズ」の作品トップへ