11.19(金)109シネマズグランベリーモールに都内初!IMAXデジタルシアター誕生!!

映画コメンテーターLiLiCoも絶賛!IMAXデジタルシアターの魅力とは!?

子どものころに初めて映画館に行ったときのようなワクワク感

■「アバター」は既にご覧になっているそうですが、IMAXデジタルシアターの3Dで見て、改めて違うと感じたところは?

すごく感動しちゃいました。これまでの3Dメガネって重くて疲れちゃうんですけど、それが気にならないくらいのめり込んじゃって、最後は涙が出てきちゃって自分でもビックリ。それはIMAXのおかげだと思うんですよ。映像の奥行きが違いますよ。昔は飛び出るのが3Dでしたけれど、最近の潮流は奥行きの美しさ。IMAXは両方が抜群だし、音も違う。「アバター」って空を飛ぶシーンが多いから、動物たちの羽の音が全然違いました。映画の世界観に入るうえでも、音フェチの私はすごく反応しましたよ。

■IMAXで鑑賞することによって、作品に対する評価が変わることもありえますか?

はい、ありえますね。IMAXはメガネをかけるとスクリーンが自分だけのものになるのよ。周囲が何も見えないから、隣の人のことも気にならない。包み込んでくれて、私だけの空間という感覚。遊園地のアトラクションのロケットが飛び上がる前みたいなワクワク感。映画をすごく見慣れているのに、子どものころに初めて映画館へ行ったときのような感覚を覚えました。「アバター」についても、最初から好きでしたけれど、さらに感情移入ができましたね。2回目なのに、もう1回見たいと思えたことが、作品に対する評価が変わったことの証拠だと思う。


周囲が気にならない、メガネが軽い、落ち着いた空間

■通常の映画館と「ここが違う」「驚いた」と特に感じるところは?

先ほどもお話しましたが、周囲が気にならないってことですね。自分の空間でいられるということは、集中の度合いも増すし、世界観にも浸れる。それは、作品世界の理解にもつながるじゃないですか。あとは、IMAXの3Dメガネは圧倒的に軽い。普通の3Dメガネだと、途中で疲れちゃってメガネを手でもっていたくらいですから。それがIMAXのメガネは、上映時間が3時間であっても全く疲れないの。ふだんからメガネをかけている人だったら、メガネonメガネでしょう? あれだったら疲れないと思いますよ。


めいっ子の映画館デビューは109シネマズグランベリーモールのIMAXにしようかしら

■IMAXデジタルシアターが都内初オープン(109シネマズグランベリーモール/東京・町田)するなど、需要が広がっていますが、IMAXに期待することはどんなところですか?

町田には弟が住んでいるので、絶対に行くわよ。めいっ子を早く連れて行きたいの。映画館デビューさせる作品は何にしようかしら……。あと、これからの劇場には託児所の設置を期待したいですね。結婚して子ども産んだ友だちも望んでいますから。映画を見るからといって、ご主人のお母様に子どもを預けるってわけにはいかないじゃない? 面倒を見てくれるところがあればいいなあと、よく言われますよ。あとは、舞台挨拶とかイベントをやりやすい劇場であってほしいですよね。映像や音響が素晴らしいんだから、それで俳優さんや女優さんが「あの劇場、やりやすいんだよね」って言ってくれるようになれば、イベントも増えるだろうし文句なしよ。そうしたら、好きな俳優さんを生で見るためにお客さんも増えるだろうし。「行きたい!」「誰かに会える!」っていうイベントに最高のシアターであってほしいなあ。


■109シネマズグランベリーモールでは、オープニング作品として「ハリー・ポッターと死の秘宝PART1」〔IMAX®版〕が上映され、12月17日からは
話題作「トロン:レガシー」〔IMAX 3D版〕が控えています。各作品について、どんなところを楽しみにされていますか?

 「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1」は、学校内ではなく外へ出て行くじゃないですか。その描写は鮮明に映し出してくれるんじゃないかと期待しちゃいますね。それに、すごく泣けるっていう触れ込みだから、期待しちゃいますよ。「ハリポタ」については原作を読んでいないから、何も期待しないっていうのが私のスタンス。でも、予告編に出てくるタイトルロゴの文字ひとつ取っても素敵じゃない? 本当に楽しみです。

 「トロン:レガシー」もすごく楽しみで、早く見たい! こういう大作に、無名俳優が主人公に選ばれるのって大好きなの。「アバター」にしたって、サム・ワーシントンなんて、誰も知らなかったわけだから。日本って、トム・クルーズ、ブラッド・ピット、ジョニー・デップでブームが止まっている気がするから、新しいスターに出てきてほしいのよ。主演のギャレット・ヘドランドとオリビア・ワイルドが性格の良い俳優さんだといいなあ。


■IMAXデジタルシアターを未体験の映画ファンに、お勧めコメントをいただければ。

映画を見慣れていると思っている映画通でも新しい感覚を味わえるわけだから、行くしかないでしょ! 映画通もビックリリコ。行かなかったらウンザリリコ。もしも「ハリー・ポッター」を見忘れたらウッカリリコ(笑)。私は、もう本当にビックリしましたよ。それに、見終わったあとの余韻がフワフワしていて全く疲れを感じないのも体感してもらいたい。こうやっていい劇場ができると、クリエイターたちも触発されて、どんどんいい作品が出来るようになるんじゃないかな。IMAXを体感してもらいたいから製作する映画っていうジャンルが生まれてくると思うの。私たちがこれまでに見たことのない世界を見せてくれる可能性を秘めているというのが、IMAXの最大の可能性だと感じています。


LiLiCoプロフィール

1970年11月16日、スウェーデン・ストックホルム生まれ。18歳で来日し、89年に芸能界デビュー。01年からTBS系「王様のブランチ」に映画コメンテーターとしてレギュラー出演中。映画俳優へのインタビューをはじめ、「レイトン教授と永遠の歌姫」「シャーロットのおくりもの」などでの声優業、トークイベント、ナレーション、雑誌エッセイなど幅広く活躍している。また今年は、テレビ朝日系「徹子の部屋」に出演し、大きな話題を呼ぶ。


業界関係者も絶賛の声 映画.comマガジン2009年7月号 今さら聞けない・・・IMAXってなに?IMAXオフィシャルサイト IMAXってなに?

IMAXデジタルシアターをこの作品で体験!

11月6日(土)より特別上映[プレオープン]「アバター<特別版>」IMAX®版

【見どころ】  ジェームズ・キャメロンが映像革命を成し遂げ、世界歴代興行収入第1位を記録した「アバター」が、約9分間のシーンを追加した<特別版>として帰ってくる。 IMAX 3Dのスペックをフルに活かした立体映像と音響により、衛星“パンドラ”の幻想的な世界や大迫力の戦闘シーンを臨場感たっぷりに体験することが可能だ。

映画.comの作品情報へ

11月19日(金)公開[グランドオープン]「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1」IMAX®版

【作品紹介】  大ヒット・ファンタジーシリーズ「ハリー・ポッター」もいよいよ最終章に突入。本作はその前編にあたる。ヴォルデモートの復活により魔法界に暗雲が立ちこめるなか、打倒のカギとなる“分霊箱”を探す旅に出たハリーたちだが、困難を極める旅の途中で、ついに仲間割れに。一方ヴォルデモートたちは、魔法省やホグワーツにも着々と魔の手を伸ばしていく……。

【見どころ】  ホグワーツを飛び出したハリーたちの目前には大地が広がり、荘厳な山々そびえる。画面の隅々までがクリアに調整されたIMAXなら、スペクタクル感あふれる風景に没入していけることは確実だ。さらには、攻勢に転じたヴォルデモートの軍団とついに直接対決にまで発展する魔法戦は、宙に黒煙が舞い、火花がほとばしる迫力。身体を包み込む立体音響で臨場感たっぷりだ。

映画.comの作品情報へ

12月17日(金)公開「トロン:レガシー」IMAX3D®版

【作品紹介】  20年前に失踪した父親からのメッセージに従った結果、デジタルで作られた理想郷“グリッド”に足を踏み入れてしまったサム。理由も分からず命を狙われた彼が、謎の女性クオラに導かれるまま決死のサバイバルを繰り広げ、やがてグリッドに隠された秘密に迫っていく……。1982年に公開された「トロン」をベースに、最新3D技術で作り上げられたSFアドベンチャー。

【見どころ】  主人公サムが迷い込む異世界“グリッド”の世界観に、観客はまず目を奪われるに違いない。人や建造物すべてが発光するラインで形どられ、なおかつそれらがIMAXの最高品質の3Dで迫ってくる感覚は、いまだ体験したことのない感覚だろう。そして、サムとライバルたちによって繰り広げられる壮絶なバトル、ライトサイクルのハイスピード・チェイスに大期待だ。

109シネマズグランベリーモール 11.19(金)IMAXデジタルシアター グランドオープン! 詳細はこちら 109シネマズグランベリーモール上映スケジュール

109シネマズ川崎109シネマズ菖蒲109シネマズ名古屋109シネマズ箕面
109CINEMAS IMAX オフィシャルサイトはコチラから! 詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

(C)2010 Twentieth Century Fox. All rights reserved.
(C) 2010 Warner Bros. Ent. Harry Potter Publishing Rights (C) J.K.R. Harry Potter characters, names and related indicia are trademarks of and (C) Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.
(C)Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.