コラム:OSOREZONE ANNEX by 映画.comホラー映画部 - 第5回

OSOREZONE ANNEX by 映画.comホラー映画部

藤田恵名、西村喜廣ワールドに見事にはまった鍵は思い切りの良さ

「今一番脱げるシンガーソングライター」として話題の藤田恵名が、西村喜廣監督の新作バイオレンス映画「WELCOME TO JAPAN 日の丸ランチボックス」に主演した。その役どころは、お弁当箱で戦う顔面日の丸の女殺し屋。見た目も中身もエキセントリックなキャラクターに体当たりで挑んだ藤田に話を聞いた。

藤田が2018年にリリースした楽曲「言えない事は歌の中」のミュージックビデオをもとに、同MVも手がけた西村監督が自ら長編映画化した。物語の舞台は、2020年・東京。極右組織に育てられた女殺し屋キカは、大東亜世界体育大会の開催にあわせ各国から訪れる不良外国人の抹殺を命じられる。一般人の日常に初めて触れる中、あるアイドルと少女と出会ったことで、キカの中で何かが変わる。

――西村監督とタッグを組むことが決まった時の気持ちは?

「私が初めて主演した大畑(創)監督の『EVIL IDOL SONG』の現場で、共演の方がよく西村組に参加していて『いつか一緒にやることがあるんじゃない』と言われたことをすごく記憶していたので、伏線の回収ができたという気持ちになりました」

――実際に西村組に参加してみた感想は?

「ご一緒する前から、使う血の量が半端ないよとか噂では聞いていたので、西村ワールドってこういうことかって。ミュージックビデオを撮った時も、口から血を出すシーンで血まみどころの騒ぎじゃなかったんです。思いっきりがいいって、こういうことなんだなと思いました」

――脚本を初めて読んだ時の感想は?

「ルックスとか、弁当箱で人を殺すってどういう事みたいな(笑)。西村監督ならではの世界観を、私がどう体現できるかなと思いました。でも、やるからには思い切りやる。脱ぐ意味では日頃から体を張っているので、本番で上手く動けなくても、死に物狂いで殺そうとしているという姿がわかればいいという開き直りでなんとか行けました。このビジュアルで主演映画って嘘でしょ、ギャグかよとは思いましたけれども(笑)、『今一番脱げるシンガーソングライター』というインパクトを掲げて活動しているので、監督となにか通ずるものがありました」

――演じるときに苦労したことは?

「アクションをやったことなかったし、お弁当箱を持ってのアクションだったので謎の部分の皮が剥けました。それに、殺し屋の気持ちになったことがないから、入り込みが分からなかったんです。自分に危害を与えてない人間をどれだけ憎めるかっていう感情に持っていくのが結構大変でした」

――自信のあるシーンは?

「キカがやっと人間の世界に出てきて愛せる人を見つけた時に、その子が残酷な姿になっているシーンが、役とはいえすごくつらかったんですよ。リハからつらくて、この世界の話だからって何度も言い聞かせたんです。その後、足にチェーンをつけて引きずって歩くシーンがあるんですけど、それがフラッシュバックして。自分の大事な人がああいう姿になっていたらとかいろんなことを思って、復讐の気持ちがこみ上げてきました」

「ライブでも、普通に話しているときに、『ステージに立ってください』って言われたらガッと感情を持っていけるんですよ。入り込めたがゆえのシーンというか、思い切ってやりきれたのは多分、音楽をやっているからだと思います。そういう意味では女優顔負けの演技ができたんじゃないかなと恐れ多くも思うので、そこは見てほしいポイントです」

劇中のバキバキにとがった印象とは大違いで、インタビューに応えた藤田は天真爛漫であっけらかんとした雰囲気。思い切りの良さと体当たりの姿勢が、過激な西村ワールドに見事にはまったに違いない。

WELCOME TO JAPAN 日の丸ランチボックス」は、10月11日から東京・ヒューマントラストシネマ渋谷ほかで開催される「シッチェス映画祭ファンタスティック・セレクション2019」で上映。

筆者紹介

映画.comホラー映画部のコラム

映画のことなら「映画.com」のホラー好きが「ホラー映画部」としてスピンオフ。日本中のホラーファンを、ホラー映画専門の定額制動画配信サービス「OSOREZONE(オソレゾーン)」に“感染”させるべく、Twitter(@osorezone)で日夜ホラー情報を発信中。ホラー映画だけでなく、エクストリームでファンタスティックなジャンル映画にも目を光らせてます。