けたたましい夏の大作を忘れさせる、ロマンティックな1本 : FROM HOLLYWOOD CAFE

ホーム > コラム > FROM HOLLYWOOD CAFE > けたたましい夏の大作を忘れさせる、ロマンティックな1本
メニュー

コラム:FROM HOLLYWOOD CAFE - 第91回

2007年7月5日更新 小西未来
画像1

毎年のことだが、サマーシーズンも半ばに差し掛かってくると、映画に食傷気味になってしまう。派手でけたたましい夏の大作ばかりを見続けていると、映画に多様性があることなどすっかり忘れて、興味をすっかり失ってしまうのだ。しかし、今日「Once」という映画に出会ったぼくは、たちまち映画への情熱を取り戻した。

アメリカ版公式サイトを開くと、美しいサントラが流れてくる アメリカ版公式サイトを開くと、美しいサントラが流れてくる

「Once」は、今年のサンダンス映画祭で観客賞を受賞したアイルランドの音楽映画だ。ダブリンの路地でギターの弾き語りをしている30代の男が、ある晩、チェコ移民の女性と出会う。彼女に音楽の才能があることを知り、2人はコラボレーションを始める。音楽作りの傍らで、互いに惹かれあっていく2人。「Once」は、男女が出会ってから、デモテープ用のレコーディングを終えるまでの数日間が綴られている。

ストーリーは単純なボーイ・ミーツ・ガールだし、台詞もほとんどない。また、低予算のため、ドリーやステディカムなどの撮影機材はおろか、照明すら使っていない。それでもこの映画は、魔法で溢れている。たとえば、2人が楽器店で初めてセッションする場面がある。男がギターで弾き語りをはじめ、女が即興でピアノ伴奏を加えていく。彼女のコーラスが加わったとき、美しいハーモニーが生まれる。男は歌いながらも、戸惑いを隠せない。自分の曲がこれほど美しくなったのは、彼女が素晴らしい伴奏者だからか? それとも、彼女と一緒にいる高揚感のせいで、美しく聞こえるだけなのか? かつて別れた恋人への切ないラブソングを歌いあげながら、男は新たな恋の始まりを予感するのだ。

実際のところ、「Once」はこんな素敵な場面で溢れている。装飾を排した美術も、手持ちカメラのぐらぐらした映像も、親密な雰囲気を醸し出すのに成功している。実際、ハリウッド的な演出は皆無だが、これほどロマンティックな映画もないと思う。脚本・監督を手がけたジョン・カーニーという人は元ミュージシャンということだが、ものすごい才能を持ち合わせたフィルムメーカーであることは一目瞭然だ。日本で「Once」がいつ公開になるのか、そもそも劇場公開されることになるのかさえわからないけれど、とくに映画と音楽を愛する人には、きっと受け入れられるものだと思う。

http://www.foxsearchlight.com/once/ 「Once」オフィシャルサイト(英語) http://www.apple.com/trailers/fox_searchlight/once/ Apple.com「Once」予告編(英語)

[筆者紹介]

小西未来

小西未来(こにし・みらい)。1971年生まれ。ゴールデングローブ賞を選考するハリウッド外国人記者協会(HFPA)に所属する、米LA在住のフィルムメイカー/映画ジャーナリスト。「ガール・クレイジー」(ジェン・バンブリィ著)、「ウォールフラワー」(スティーブン・チョボウスキー著)、「ピクサー流マネジメント術 天才集団はいかにしてヒットを生み出してきたのか」(エド・キャットマル著)などの翻訳を担当。2015年に日本酒ドキュメンタリー「カンパイ!世界が恋する日本酒」を監督、16年7月に日本公開された。ブログ「STOLEN MOMENTS」(http://www.miraikonishi.com)では、最新のハリウッド映画やお気に入りの海外ドラマ、取材の裏話などを紹介。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す
Jobnavi
採用情報