2008年のヒット映画トップ10は? : 編集長コラム 映画は当たってナンボ

ホーム > コラム > 編集長コラム 映画は当たってナンボ > 2008年のヒット映画トップ10は?
メニュー

コラム:編集長コラム 映画は当たってナンボ - 第28回

2008年12月22日更新

第28回:2008年のヒット映画トップ10は?

今年の映画の興行収入トップ10がほぼ固まった。1位はもちろん「崖の上のポニョ」。封切り当初は興収100億円に届かなそうとの観測もあったが、終わってみれば(まだ興行は終わってないが)、150億円超えの大商い。国民映画・宮崎アニメの真骨頂を見せつけたのはさすがである。以下、年間トップ10。

国民的アニメの貫禄を見せつけた 「崖の上のポニョ」 国民的アニメの貫禄を見せつけた 「崖の上のポニョ」

1「崖の上のポニョ」(東宝)……154億円
2「花より男子」(東宝)…………77.5億円
3「インディ・ジョーンズ4」(パラマウント)……57.1億円
4「容疑者Xの献身」(東宝)……50億円
5「レッドクリフ Part I」(東宝東和・エイベックス)……48~50億円
6「ポケモン」(東宝)……48億円
7「相棒」(東映)……44.4億円
8「アイ・アム・レジェンド」(ワーナー)……43億円
9「ザ・マジックアワー」(東宝)……39.2億円
10「20世紀少年」(東宝)……39億円
※文化通信のデータをもとに構成。興収は一部推定

日本映画が7本、外国映画が3本と、相変わらず日本映画が圧倒的に強い。そんな中で目立ったのは、やはり「レッドクリフ」と「相棒」だろう。「レッドクリフ」はハリウッド映画が軒並み低調な中、アジア映画として過去最高の興収を記録するなど関係者も驚きの大ヒット。また、東宝が覇権を握る邦画市場で、東映の「相棒」が一矢報いたというのも痛快事だ。

続いて、11位から20位も見てみよう。

アジア映画の興収記録を更新 「レッドクリフ Part I」 アジア映画の興収記録を更新 「レッドクリフ Part I」 (C)2008 Three Kingdoms Ltd. (C)Bai Xiaoyan

11「ライラの冒険/黄金の羅針盤」(ギャガ・松竹)……35億円
12「ドラえもん/のび太と緑の巨人伝」(東宝)……33.7億円
13「マリと子犬の物語」(東宝)……31.8億円
14「ハンコック」(SPE)……31億円
15「ナルニア国物語/第2章」(ディズニー)……30億円
15「おくりびと」(松竹)……30億円
17「魔法にかけられて」(ディズニー)……29億円
18「ナショナル・トレジャー2」(ディズニー)……26億円
19「ウォンテッド」(東宝東和)……25億円
20「名探偵コナン/戦慄の楽譜」(東宝)……24.2億円

この順位グループになるとさすがに東宝作品もやや減ってくるが、押され気味の洋画陣営にあって、ディズニーが手堅くヒット作を送り込んでいるところに底力を覚える。上位20傑を配給別で見れば、東宝の9本に次いで、ディズニーは3本をランクインさせている。

また、「おくりびと」の大健闘は各所で話題になったが、松竹製作の邦画が20位の中に1本しか入ってないのは寂しい限りだ(これは東映も同様)。

昨年は「パイレーツ・オブ・カリビアン3」が1位、2位が「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」、3位が「HERO」、4位「スパイダーマン3」と、ハリウッド映画はもっと元気だった。もちろん、今年に関してはいくつかの大ヒットシリーズが一段落したこと、そして脚本家組合のストライキなど、振るわなかった要因はいくつかある。だが、このハリウッド映画の低迷傾向はまだまだ続くと見られている。

結局、今年の映画人口が昨年を下回ることはほぼ確実となった。来年は、今年よりはいい年になって欲しい。そして、その兆しもいくつか見られる。期待したい。(eiga.com編集長・駒井尚文)

[筆者紹介]

駒井尚文

駒井尚文(こまいなおふみ)。1962年青森県生まれ。東京外国語大学ロシヤ語学科中退。映画宣伝マンを経て、97年にガイエ(旧デジタルプラス)を設立。以後映画関連のWebサイトを製作したり、映画情報を発信したりが生業となる。98年に映画.comを立ち上げ、後に法人化。現在まで編集長を務める。
Twitter:@komainaofumi

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

バックナンバー:
編集長コラム 映画は当たってナンボ

Jobnavi
採用情報