コラム:編集長コラム 映画は当たってナンボ - 第19回

編集長コラム 映画は当たってナンボ

第19回:秋の映画のヒット作と、東宝が樹立した凄い記録

どこまで伸びる?2週連続首位の「容疑者Xの献身」
どこまで伸びる?2週連続首位の「容疑者Xの献身」

10月も後半に突入。そろそろ東京国際映画祭も始まるし、「秋は映画の季節」となって欲しいところ。このところの国内の映画興行は、「容疑者Xの献身」が強力な牽引役となり、「仮面ライダー電王」や「ウォンテッド」などが追随して、なかなかの賑わいを見せている。ここでは、9月以降に公開された作品のうち、最終的に10億円以上稼ぎそうなものをリストにしてみよう。

左から、作品名(公開日・配給会社)、10月15日時点までの興収(一部推定)、最終興収見込み(すべて推定)の順。

容疑者Xの献身」(10月4日・東宝)・・・・・18億円・・・・・35億円
おくりびと」(9月13日・松竹)・・・・・・・・・20億円・・・・・27億円
ウォンテッド」(9月20日・東宝東和)・・・・22億円・・・・・25億円
パコと魔法の絵本」(9月13日・東宝)・・・19億円・・・・・23億円
アイアンマン」(9月27日・ソニー)・・・・・・7億円・・・・・・10億円
イキガミ」(9月27日・東宝)・・・・・・・・・・・5億円・・・・・10億円

ちなみに昨年は、9月頭に公開された「HERO」が7週連続首位と一本かぶりで、「ヱヴァンゲリヲン」がこれに絡み、10月以降は沢尻エリカの「別に……」発言も懐かしい「クローズド・ノート」、そして「クローズZERO」や「恋空」「続・三丁目の夕日」などが市場を賑わした。「ヱヴァンゲリヲン」以外はすべて東宝配給作品である。

夏休みが過ぎてもいまだ高稼働中の「ポニョ」
夏休みが過ぎてもいまだ高稼働中の「ポニョ」

その点、今年は昨年の「HERO」ほど突出した作品がない一方、ヒット作にバリエーションが見られる。ジャンル的にもさまざまだし、配給会社で見ても、松竹の作品もあれば洋画メジャーも含まれていて、バランスは昨年よりいい。とは言え、やはり市場全体は東宝作品を中心に回っている状況には変わりない。上のリストには載ってないが、「崖の上のポニョ」「20世紀少年」「デトロイト・メタル・シティ」など、東宝の夏休み映画が今でも絶賛稼働中である。

そんな折、凄いニュースが飛び込んできた。10月15日に東宝が発表したところによると、9月の同社配給作品の月間興収は77億9571万7108円に達し、今年の1月から9月の累計で、何と600億円を超えてしまったそうだ。これまでの同社の年間興収記録(昨年記録した595億1067万8625円)をわずか9カ月で更新し、目下600億1043万1011円。この分でいくと、12月には700億円を突破するかも知れない。驚くというより、むしろ呆れるばかりである。(eiga.com編集長・駒井尚文)

筆者紹介

駒井尚文のコラム

駒井尚文(こまいなおふみ)。1962年青森県生まれ。東京外国語大学ロシヤ語学科中退。映画宣伝マンを経て、97年にガイエ(旧デジタルプラス)を設立。以後映画関連のWebサイトを製作したり、映画情報を発信したりが生業となる。98年に映画.comを立ち上げ、後に法人化。現在まで編集長を務める。
Twitter:@komainaofumi