コラム:Celeb☆Graphy セレブ☆グラフィー - 第4回

Celeb☆Graphy セレブ☆グラフィー

【Vol.4】NEXTブームを先どり! 英国男子の次に来るのは北欧男子!!


☆スター街道邁進中のジョエル・キナマン。昔はかなりのワルだった!?
●1979年11月25日、 スウェーデン・ストックホルム出身/身長189cm

リメイク版「ロボコップ」に主演して注目度急上昇中なのが、スウェーデン出身のジョエル・キナマン(34)。シャープな顔立ちとアウトローっぽい雰囲気がたまりません。そんなジョエル、10代の頃につるんでいた友人たちは銀行強盗になっちゃったっていうから、昔は相当な不良だったみたい。ちなみに両腕にタトゥがあって、右の上腕にはシェイクスピアの「テンペスト」の有名な一節が彫ってあります。父親はアメリカ人で、8歳年上の腹違いの姉メリンダはスウェーデンで女優として活動中。他にも4人の姉妹がいるそうです。ジョエルが本格的に俳優デビューしたのは23歳の時。実は10歳の時にTVドラマに出演しているんですが、それは忘れたい過去なんだとか。

ジョエルの快進撃が始まったのは最近のこと。まずは、2010年のスウェーデン映画「イージーマネー」に主演して母国でブレイク。次に、11年スタートの米TVシリーズ「キリング」に抜てきされて米国での知名度アップ。そしてハリウッド大作「ロボコップ」で全世界へ。今後もリーアム・ニーソンとの共演作やベストセラー小説の映画化「チャイルド44」など話題作が目白押し。スター街道を邁進中です。そんなジョエル、ロボコップ役を獲得した時期と前後して恋人もゲット。「ニュースルーム」の女優オリビア・マンと11年のクリスマス頃から付き合い始めました。だけど、スウェーデン時代にはこんなエピソードが。モデルでリアリティ番組にも出演する女性のブログに“ホットな夜”を過ごしたと書かれてしまったらしいんです。しかもこの女性、豊胸手術など合計48回(!)もお直ししている整形セレブっていうからショック。でも、今はすっかりオリビア一筋なジョエル。スウェーデンの家族にも紹介済みだそうですよ。

◇「ロボコップ」は現在上映中
◇「キリング/26日間」は、DVD-BOX1(Vol.1-6)が4月2日、DVD-BOX2(Vol.7-13)が6月4日にリリース。

☆売れっ子俳優の宝庫スカルスガルド家を一挙ご紹介
●ステラン・スカルスガルド(中央):1951年6月13日、スウェーデン・イェーテボリ出身/身長190cm
●グスタフ・スカルスガルド(右):1980年 11月12日、 スウェーデン・ストックホルム出身/身長193cm

すでに長男アレスカ(写真左)&四男ビルスカをご紹介しましたが、スカルスガルド一家は芸能一家。写真中央の父ステランさん(62)は、「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズのオーランド・ブルームの親父役や「マンマ・ミーア!」で有名ですね。ステランさんの妻で6人兄弟の母ミーさんは医者。この2人、2007年に離婚しちゃいました。ところがステランさん、09年に再婚して、さらに2人の息子ができたとか。8人目が生まれた時はなんと61歳! まだまだ現役、頑張りますね。そして、次男グスタフ(写真右)は現在33歳。パッと見、彼が長男だと思ってました(笑)。見るからに優しそうなグスタフの出演作は、「ウェイバック 脱出6500km」や「コン・ティキ」など。過酷な環境でサバイバルする作品でホッとする瞬間を作り出す名人です。ちなみにグスタフとジョエル・キナマンは高校が同じで、今も親友なんですって。



●バルター・スカルスガルド:1995年10月25日、スウェーデン出身/身長不明

スカルスガルド家三男のサム(31)は、兄弟のなかで唯一俳優の道を選ばず、母親と同じ医者になっています。四男ビルの次は、紅一点のエイヤ(22)。これがまた超・超・超美女で、モデルとして活動中。彼女、Facebookに一家の秘蔵写真とかをアップしてくれるイイ子なんです。そして、末っ子バルター(18)も8歳の時に子役デビュー。長編映画2本目の「IRL」(上の動画は予告編。日本語字幕なし)で主演したっていうから、たいしたもんです。だけどこれで見る限り、兄たちの華やかさには遥か及ばず……。今後の大化けに期待しましょう。それにしても、北欧男子はみんなおでこが広いですね。

☆美少年ぶりが加速するティーンエイジャー、カーレ・ヘーデブラント
●1995年6月28日、スウェーデン・ストックホルム出身/推定身長176cm

スウェーデンのバンパイア映画「ぼくのエリ 200歳の少女」で、ハラハラするような透明感で観客を圧倒したのが当時12歳のカーレ・ヘーデブラントくん。現在18歳になりましたが、見事な成長っぷりは期待を裏切りません。真っ白な肌と明るいブロンドヘアはそのまま、美少年に磨きがかかっています。2011年の青春スポーツラブストーリー「Amors baller (英題:Cupid's Balls)」(下の動画が本編クリップ)では、すっかり背が伸びて大人っぽくなっていたカーレくん。華奢なうえに、くちびるも赤くって中性的な魅力が満載。そんなキュートなルックスで、サッカー少女に恋しちゃう主人公のルーカスを演じました。この作品ではコメディセンスもみせくれたので、これからがますます楽しみ。最近は、12年にスタートしたSFドラマ「Akata manniskor(英題:Real Human)」のシーズン2が終了したところ。予告編だけで、その美しさにほれぼれ。このドラマ、世界50カ国で放送権が獲得されていて、英国ではリメイクの準備が進められているそう。日本でも絶対に放送してほしい!!

◇「Amors baller (Cupid's Balls)」予告編(日本語字幕なし)はこちら
◇「Akata manniskor(Real Human)」予告編(英語字幕)はこちら



この他にも、デンマーク出身のニコライ・コスター=ワルドウ(43歳)が、「ゲーム・オブ・スローンズ」で人気俳優の仲間入り。「ロイヤル・アフェア 愛と欲望の王宮」のミケル・ボー・フォルスガード(デンマーク/29歳)、「シンプル・シモン」でビルスカのお兄ちゃん役だったマッティン・バルストレム(スウェーデン/30歳)、「ウォー・オブ・ザ・デッド」のアンドレアス・ウィルソン(スウェーデン/33歳)、「ヒプノティスト 催眠」のジョナタン・ボキマン(スウェーデン/18歳)なんかもかっこいい。あと俳優ではありませんが、ノルウェーの兄弟ユニット「イルヴィス」もイケメン。昨年、意味不明だけどノリノリなキツネソング「ザ・フォックス」で世界を震撼させた彼ら。一発屋にならないといいのですが……。今回ご紹介できなかったフィンランド&アイスランドにもイイ男たちがいっぱい。皆さんもお気に入りの北欧男子を見つけてくださいね!

筆者紹介

映画.com編集部のコラム

政氏裕香(まさうじゆか)。アメコミ系やジャンル系映画を中心に美男美女探しに夢中。最近にやけ顔がとまらないのは、「君の名前で僕を呼んで」のティモシー・シャラメと「ブラックパンサー」のマイケル・B・ジョーダン。

 飯田沙野(いいださや)。映画と海外ドラマ漬けの日々を送る映画.com編集部員。コテコテの恋愛映画を愛する絶望的なロマンティスト。