永遠の門 ゴッホの見た未来

111分

予告編・フォトギャラリー

ご使用のブラウザはHTML5に対応していません。

解説

「潜水服は蝶の夢を見る」「夜になるまえに」のジュリアン・シュナーベル監督が画家フィンセント・ファン・ゴッホを描き、2018年・第75回ベネチア国際映画祭コンペティション部門で、ゴッホ役を演じた主演ウィレム・デフォーが男優賞を受賞した伝記ドラマ。画家としてパリで全く評価されないゴッホは、出会ったばかりの画家ゴーギャンの助言に従い南仏のアルルにやってくるが、地元の人々との間にはトラブルが生じるなど孤独な日々が続く。やがて弟テオの手引きもあり、待ち望んでいたゴーギャンがアルルを訪れ、ゴッホはゴーギャンと共同生活をしながら創作活動にのめりこんでいく。しかし、その日々も長くは続かず……。作品が世に理解されずとも筆を握り続けた不器用な生き方を通して、多くの名画を残した天才画家が人生に何を見つめていたのかを描き出していく。ゴッホ役のデフォーのほか、ゴーギャンをオスカー・アイザック、生涯の理解者でもあった弟テオをルパート・フレンドが演じるほか、マッツ・ミケルセン、マチュー・アマルリックら豪華キャストが共演。

キャスト

キャストの続きを見る

スタッフ

監督

製作

製作総指揮

スタッフの続きを見る

作品データ

原題 At Eternity's Gate
製作年 2018年
製作国 イギリス・フランス・アメリカ合作
配給 ギャガ、松竹
上映時間 111分
映倫区分 G
オフィシャルサイト

映画レビュー

レビューする

美しい田園風景

光あふれる自然の情景が美しく楽しめました。 住居などの建物も貧しく殺風景なのに何故かそれなりにスッキリして美があるのです。やはり、画家の生涯を描くので映像の美しさにこだわったのでしょうか。人生の...

リカさん

南仏

パリで評価されないゴッホ(ウィレム・デフォー)は、ゴーギャンのススメに従い、南仏で創作活動に入る。 芸術家は変わり者が多いと聞くが、ゴッホはマシな方では。 生前評価されなくて、死後評価されるとい...

いやよセブンさん

ゴッホの伝記映画

ネタバレ注意

トミジュンさん

イエスとゴッホ

個人評価:3.5 地上の追放者。 イエスとゴッホ。両名に当てはまるフレーズ。 ウィレム・デフォーの染み込む演技が素晴らしい。 スコセッシ作品でイエスを演じ、そして今ゴッホを演じる。これ以上のキャ...

カメさん

DVD・ブルーレイ情報

映画評論

デフォーの青い瞳が湛える、ゴッホの“伝道師”としての揺るぎない信念

自身も現代美術のアーティストであるジュリアン・シュナーベル監督が、画家を主人公にした映画を発表するのは、デビュー作の「バスキア」に続いて二度目だ。「バスキア」は、NYアート界の商業化の波にもまれて疲弊していくバスキアの無垢な魂に光を当...

インタビュー

ウィレム・デフォー×ジュリアン・シュナーベル ゴッホの映画をアーティストが作るということ

「バスキア」「潜水服は蝶の夢を見る」など映画監督としても活躍する、現代美術家のジュリアン・シュナーベルが、ウィレム・デフォー主演で画家フィンセント・ファン・ゴッホを描いた最新作「永遠の門 ゴッホの見た未来」が公開された。シュナーベルは...

関連ニュース

受賞歴

第91回 アカデミー賞(2019年)

ノミネート

主演男優賞 ウィレム・デフォー

第76回 ゴールデングローブ賞(2019年)

ノミネート

最優秀主演男優賞(ドラマ) ウィレム・デフォー

第75回 ベネチア国際映画祭(2018年)

受賞

ボルピ杯(最優秀男優賞) ウィレム・デフォー

出品

コンペティション部門 出品作品 ジュリアン・シュナーベル