IT イット “それ”が見えたら、終わり。

135分
 

予告編・フォトギャラリー

ご使用のブラウザはHTML5に対応していません。

解説

スティーブン・キングの代表作の1つで、1990年にはテレビドラマ化された「IT」を、「MAMA」で注目を集めた新鋭アンディ・ムスキエティのメガホンにより映画化。静かな田舎町で児童失踪事件が相次いで起きていた。内気な少年ビルの弟が、ある大雨の日に外出し、おびただしい血痕を残して姿を消した。自分を責め、悲しみにくれるビルの前に現れた「それ」を目撃して以来、ビルは「それ」の恐怖にとり憑かれてしまう。不良少年たちからイジメの標的にされている子どもたちも、自分の部屋、学校、町の中など何かに恐怖を感じるたびに「それ」に遭遇していた。「それ」の秘密を共有することとなったビルと仲間たちは、勇気を振り絞り、「それ」と立ち向かうことを決意するが……。

キャスト

キャストの続きを見る

スタッフ

監督

製作

スタッフの続きを見る

作品データ

原題 It
製作年 2017年
製作国 アメリカ
配給 ワーナー・ブラザース映画
上映時間 135分
映倫区分 R15+
オフィシャルサイト

映画レビュー

レビューする

あの怪物は子供と大人の狭間で揺れ動く思春期の心を食いちぎるあの魔物

S.キングの代表作にして最も映像化が難しいとされてきた本作を、まさかこれほど鮮やかに描き切るとは。キャリー・フクナガの名が脚本家として残っていることからも、これまで企画に携わってきた才能らが少し...

ぐうたらさん

通過儀礼をモチーフにした青春ホラー

ホラー映画としての恐怖感もさることながら、青春映画としての完成度が高い。原作者スティーブン・キングの恐怖要素とジュブナイル小説の要素がバランスよく合わさった作品で、ホラーが苦手な人でも鑑賞可能な...

ローチさん

良くも悪くも今様のホラーということか

米国ではホラー映画として異例の大ヒットとのこと。元々欧米文化圏にピエロ恐怖症というものがあって、そうした部分を刺激する要素と、CGと派手な音響を駆使した盛り沢山な今どきの映像体験がうまく当たった...

AuVisさん

DVD・ブルーレイ情報

映画評論

キング原作の高い難度を超え、ホラー版「スタンド・バイ・ミー」の境地へと立つ!

ここ約40年間であまり変わらないものといえば、「うまい棒」の値段と「スティーブン・キング小説の映画化」の高い難度だろう。いや、後者はそれなりにクリアされてたりもするが、評価の良い「キャリー」(76)や「シャイニング」(80)、「デッド...

関連ニュース

関連作品