全米映画ランキング : 2017年12月22日~2017年12月24日

ホーム > 映画ランキング > 全米映画ランキング : 2017年12月22日~2017年12月24日
メニュー

全米映画ランキング

2017年12月25日更新 藤井竜太朗

全米映画ランキング:2017年12月25日発表(毎週月曜日更新)

全米週末興行成績:2017年12月22日~2017年12月24日
(金額・順位は確定後のもの)Rentrak Box Office Essentials

順位 先週 タイトル/邦題 配給
(日本配給)
上映週 週末の興収
(単位:$)
累計興収
(単位:$)
第1位 1 スター・ウォーズ 最後のジェダイ Star Wars: The Last Jedi
「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」
Walt Disney
(ディズニー)
2 100,669,000 397,271,356
第2位 ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル Jumanji: Welcome to the Jungle
「ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル」
Columbia
(ソニー・ピクチャーズエンタテインメント)
1 50,400,000 67,005,967
第3位 Pitch Perfect 3 Pitch Perfect 3 Universal 1 25,600,000 25,600,000
4 グレイテスト・ショーマン The Greatest Showman
「グレイテスト・ショーマン」
20th Century Fox
(20世紀フォックス映画)
1 14,000,000 18,598,731
5 2 Ferdinand Ferdinand 20th Century Fox 2 9,675,000 29,157,884
6 3 リメンバー・ミー Coco
「リメンバー・ミー」
Walt Disney
(ディズニー)
5 7,385,000 163,504,128
7 ダウンサイズ Downsizing
「ダウンサイズ」
Paramount
(東和ピクチャーズ)
1 7,280,000 7,280,000
8 16 ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男 Darkest Hour
「ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男」
Focus Features
(ビターズ・エンド、パルコ)
5 5,400,000 8,253,077
9 Father Figures Father Figures Warner Bros. 1 4,920,000 4,920,000
10 12 シェイプ・オブ・ウォーター The Shape of Water
「シェイプ・オブ・ウォーター」
20th Century Fox
(20世紀フォックス映画)
4 4,300,000 8,865,665

■「最後のジェダイ」V2、「ジュマンジ」続編が2位デビュー

先週末の全米ボックスオフィスは、クリスマス前の連休のため5本の新作がランクインしたが、前週首位の「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」が約6850万ドルの興収で首位を守りV2を果たした。

同作の10日間の累計は驚異の約3億6500万ドルだが、前作「フォースの覚醒」は同時点での累計が約5億4000万ドル。今作はファンの間で賛否が分かれたことも影響したか、すでにかなりの差がついてしまい、シリーズ記録更新はだいぶ厳しくなってきた。それでも最終興収6億ドル超えは確実で相変わらずの興行力を見せている。

約3640万ドルのオープニング興収で2位デビューとなったのは、大ヒットアドベンチャー「ジュマンジ」の22年ぶりの続編「ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル」。出演はドゥエイン・ジョンソン、ジャック・ブラック、ケビン・ハート。監督はローレンス・カスダンの息子ジェイク・カスダン。

初登場3位は「ピッチ・パーフェクト」シリーズの最終章「Pitch Perfect 3」。15年公開の前作「ピッチ・パーフェクト2」の約6900万ドルを大きく下回るOP興収約2000万ドルと期待はずれのスタートとなってしまった。

4位も初登場のミュージカル「グレイテスト・ショーマン」。歌って踊れるアクションスター、ヒュー・ジャックマンの主演最新作だったが、OP興収約800万ドルと大ブレーキ。年末年始での奮起に期待がかかる。共演はザック・エフロン、ミシェル・ウィリアムズ、レベッカ・ファーガソン、ゼンデイヤ。

約496万ドルのOP興収で7位デビューとなったのが、マット・デイモン主演のコメディ「ダウンサイズ」。人口増加で住みづらくなった地球の住環境を改善するため、人間を14分の1に縮小する技術が開発され、デイモン扮するポールは約約13センチの大きさになることを選択するが……。レビューは上々だったが、興収は振るわず、デイモンは、ジョージ—・クルーニー監督作「サバービコン(原題)」に続いてスターパワーを発揮できなかった。共演はクリストフ・ワルツ、クリステン・ウィグ、ジェイソン・サダイキス、ホン・チャウ、ウド・キアー。監督は「ファミリー・ツリー」「サイドウェイ」のアレクサンダー・ペイン。

そして8位には、本年度のアカデミー賞主演男優賞の最有力と噂されるゲイリー・オールドマン主演の「ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男」が約800サイト超に拡大公開され、ついにランクイン。第2次大戦前期、ナチスドイツが欧州各国に侵略を繰り返し、英国にもその脅威が迫るなか首相に就任したチャーチルの知られざるドラマが描かれる。共演にクリスティン・スコット・トーマス、リリー・ジェームズ、スティーブン・ディレイン、ベン・メンデルソーン。監督は「つぐない」「路上のソリスト」のジョー・ライト。

また9位にはオーウェン・ウィルソン、エド・ヘルムズ、ビング・レイムス、グレン・クロース、クリストファー・ウォーケン共演のコメディ「Father Figures」が入った。

その他、3人とも2度以上のオスカー受賞経験のあるメリル・ストリープ&トム・ハンクス主演、スティーブン・スピルバーグ監督による実録ドラマ「ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書」が9サイト限定で公開され圏外20位につけている。

25日クリスマスからは、ダニエル・デイ=ルイスの引退作「Phantom Thread」(ポール・トーマス・アンダーソン監督)、人気脚本家アーロン・ソーキンの監督デビュー作「モリーズ・ゲーム」(ジェシカ・チャステイン、イドリス・エルバ、ケビン・コスナー出演)が限定公開されたほか、ケビン・スペイシー降板後に猛スピードで再撮し予定通りの公開に漕ぎ着けたリドリー・スコット監督の実録犯罪ドラマ「オール・ザ・マネー・イン・ザ・ワールド(原題)」など賞レースの注目作が公開されている。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す
Jobnavi