Twitterつぶやき数ランキング : 2017年8月21日~2017年8月27日

ホーム > 映画ランキング > Twitterつぶやき数ランキング : 2017年8月21日~2017年8月27日
メニュー

Twitterつぶやき数ランキング

2017年8月28日更新 本田敬

Twitterつぶやき数ランキング : 2017年8月28日発表(毎週火曜更新)

映画レビュー&鑑賞記録サイト coco 集計期間:2017年8月21日~2017年8月27日

順位 先週 タイトル 配給 公開日 つぶやき数
第1位 4 ワンダーウーマン ワンダーウーマン ワーナー・ブラザース映画 2017年8月25日 38,048
第2位 1 打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか? 打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか? 東宝 2017年8月18日 15,662
第3位 2 ベイビー・ドライバー ベイビー・ドライバー ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2017年8月19日 12,964
4 3 スパイダーマン ホームカミング スパイダーマン ホームカミング ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2017年8月11日 4,672
5 8 ダンケルク ダンケルク ワーナー・ブラザース映画 2017年9月9日 4,466
6 5 君の膵臓をたべたい(2017) 君の膵臓をたべたい(2017) 東宝 2017年7月28日 2,876
7 6 トランスフォーマー 最後の騎士王 トランスフォーマー 最後の騎士王 東和ピクチャーズ 2017年8月4日 2,160
8 関ヶ原 関ヶ原 東宝、アスミック・エース 2017年8月26日 2,107
9 きみの声をとどけたい きみの声をとどけたい 東北新社 2017年8月25日 1,714
10 ジャスティス・リーグ ジャスティス・リーグ ワーナー・ブラザース映画 2017年11月23日 1,255

※「つぶやき数」は、映画レビューサイトcocoによる独自集計により、Twitter上で該当作品が1週間のうち何回言及されたかをカウントした延べ数です。

首位「ワンダーウーマン」は問題作? 「関ヶ原」は8位に初登場

先週の4位から首位を獲得したのは、DCエクステンデッド・ユニバースの新作「ワンダーウーマン」。つぶやき数は3万8048ptで前週比671%。最近のDCコミックス系作品「マン・オブ・スティール」(2万0680pt)、「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」(1万4097pt)は上回ったが、「スーサイド・スクワッド」(6万0678pt)には及ばず。もう一方のアメコミの雄、マーベル系の「ドクター・ストレンジ」(3万8791pt)、「シビル・ウォー キャプテン・アメリカ」(9万5091pt)、「スパイダーマン ホームカミング」(2528pt)などと比較してもまずまずのpt数に。満足度は86%。ガル・ギャドット演じるダイアナ・プリンス/ワンダーウーマンを主役に描くアクション大作。女性だけの島のプリンセスだったダイアナが、いかにして最強の女戦士=ワンダーウーマンとなったのかが描かれる。それにしてもこの作品、公開当初から様々な論争が巻き起こっている。主演女優がシオニストでイスラエル軍での従軍経験があること、ジェームズ・キャメロンとパティ・ジェンキンス監督のヒロイン観に関するツイート合戦、ヒロインのセクシャリティにおける設定など、女性監督によるヒロインものだからか、フェミニズムにまつわる話題が多い。「純粋なダイアナを通してみる世界の歪み、肌の色、トラウマ、行き場を失った者だって何かを変えられる」「女性はドレスを脱ぎ捨て、自信を胸に戦う時代がやってきた。最高だった」「ヒーローモノであると同時に戦争映画で恋愛映画」「予想してたのと何か違った。背景がシリアスすぎた。そこがいいのか?」「女性監督らしく愛がテーマで、クライマックスは感動的」と、アクション映画ながら問題意識をくみ取ったつぶやきも多い。

8位は初登場、司馬遼太郎の原作を原田眞人が監督した「関ヶ原」。つぶやき数は2107pt。最近のオーソドックスな時代劇「忍びの国」(2882pt)、「花戦さ」(3008pt)、「真田十勇士」(591pt)、「超高速!参勤交代 リターンズ」(965pt)、「殿、利息でござる!」(4615pt)の中では中間の位置。満足度は55%。岡田准一、役所広司、有村架純、東出昌大ら豪華キャスト共演、石田三成の義を貫いた生き様を軸に、関ヶ原の戦いを真っ向から描き出す。「関ケ原の合戦を1日前から描くのかと思ったら石田三成の生涯記だった」「傑作。原田作品に大衆向けを求めるなど愚の骨頂」「物語の情報量が多すぎて、収まってるように思えなかった」「かなり詰め込んでるので前提の知識がないときついかも」と、予習をしていった方が無難なようだ。
 今週末は土屋太鳳主演の青春ドラマ「トリガール!」(11位)、韓国で大ヒットしたパニック・サスペンス「新感染 ファイナル・エクスプレス」(12位)、ジャームッシュ監督による音楽ドキュメンタリー「ギミー・デンジャー」(圏外)などが公開される。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す
Jobnavi