全米映画ランキング : 2017年6月16日~2017年6月18日

ホーム > 映画ランキング > 全米映画ランキング : 2017年6月16日~2017年6月18日
メニュー

全米映画ランキング

2017年6月21日更新 藤井竜太朗

全米映画ランキング:2017年6月21日発表(毎週月曜日更新)

全米週末興行成績:2017年6月16日~2017年6月18日
(金額・順位は確定前のもの)Rentrak Box Office Essentials

順位 先週 タイトル/邦題 配給
(日本配給)
上映週 週末の興収
(単位:$)
累計興収
(単位:$)
第1位 カーズ クロスロード Cars 3
「カーズ クロスロード」
Walt Disney
(ディズニー)
1 53,547,000 53,547,000
第2位 1 ワンダーウーマン Wonder Woman
「ワンダーウーマン」
Warner Bros.
(ワーナー・ブラザース映画)
3 40,775,000 274,601,730
第3位 オール・アイズ・オン・ミー All Eyez on Me
「オール・アイズ・オン・ミー」
Lionsgate/Summit Entertainment
(パルコ、REGENTS)
1 27,050,000 27,050,000
4 2 ザ・マミー 呪われた砂漠の王女 The Mummy
「ザ・マミー 呪われた砂漠の王女」
Universal
(東宝東和)
2 13,916,010 56,526,710
5 海底47m 47 Meters Down
「海底47m」
Entertainment Studios
(ギャガ・プラス)
1 11,500,000 11,500,000
6 4 パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊 Pirates of the Caribbean: Dead Men Tell No Tales
「パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊」
Walt Disney
(ディズニー)
4 8,458,000 150,066,114
7 ラフ・ナイト 史上最悪!?の独身さよならパーティー Rough Night
「ラフ・ナイト 史上最悪!?の独身さよならパーティー」
Sony Pictures 1 8,050,000 8,050,000
8 3 Captain Underpants: The First Epic Movie Captain Underpants: The First Epic Movie 20th Century Fox 3 7,350,000 57,963,660
9 5 ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス Guardians of the Galaxy Vol. 2
「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス」
Walt Disney
(ディズニー)
7 4,982,000 374,853,015
10 6 イット・カムズ・アット・ナイト(原題) It Comes at Night
「イット・カムズ・アット・ナイト(原題)」
A24 2 2,616,600 11,139,764

■ディズニー/ピクサー最新作「カーズ クロスロード」がV

4本の新作がランクインした先週末の全米ボックスオフィスは、ディズニー/ピクサーの新作「カーズ クロスロード」が約5368万ドルのオープニング興収で首位デビューを果たした。

同作は、06年、11年の6月に公開され大ヒットを記録した「カーズ」のシリーズ第3作。シリーズのOP興収記録更新を期待されていたが、前2作には及ばなかった。新たな世代の台頭に直面したレーシングカーの「ライトニング・マックィーン」は、衝突事故をきっかけに人生の決断を迫られる。声の出演は「ライトニング・マックィーン」にオーウェン・ウィルソンのほか、アーミー・ハマー、クリス・クーパー、ケリー・ワシントンら。監督は「カーズ」「ウォーリー」などでストーリーボード・アーティストを担当し、本作で長編デビューを飾ったブライアン・フィー。

2位は「ワンダーウーマン」。公開3週目ながら約4100万ドルを稼ぎ、累計興収は約2億7500万ドルに。週明けにも3億ドルを突破し、最終興収は3億7000万ドル近辺になる見通し。

伝説のラッパー「2パック」の半生を描いた伝記映画「All Eyez on Me」はOP興収約2640万ドルで3位デビュー。批評家受けは悪かったが、まずまずの興行で、死後20年経った今も「2パック」の人気の高いことを証明した。主演は新星ディミトリウス・シップ・Jr.。監督はアクションコメディ「Next Day Air」(2009)やニッキー・ミナージュのPVなどを手がけてきたベニー・ボーン。また、編集を担当したのはクリント・イーストウッド作品に長年携わってきたジョエル・コックス。

約1100万ドルで5位デビューとなったのは海洋サバイバルスリラー「47 Meters Down」。バケーション先のメキシコで姉妹がサメ鑑賞をしたところ、海中でワイヤーが切れたため、観賞用の檻とともに海底47メートルの場所に閉じ込められてしまう。巨大サメの大群が襲ってくるなか、姉妹は海上への脱出を試みるが……。出演はクレア・ホルト、マンディ・ムーアにマシュー・モディーン。監督は多くの低予算ホラーを手がけてきたヨハネス・ロバーツ。

そして、約800万ドルのOP興収で7位デビューとなってしまったのが、スカーレット・ヨハンソン、ケイト・マッキノン主演の「Rough Night」。バチェロレッテ・パーティの夜に呼んだ男性ストリッパーが事故死してしまったことによる女友達5人の騒動を描いたR指定コメディ。共演はゾーイ・クラビッツ、ジリアン・ベル、イラナ・グレイザーにデミ・ムーア。タイトルを「Rock That Body」から改題しての公開だったが、興収・レビューともに振るわなかった。

今週は、マイケル・ベイ監督の人気SFアクションシリーズ第5弾「トランスフォーマー 最後の騎士王」が公開となる。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す
Jobnavi