Twitterつぶやき数ランキング : 2016年11月21日~2016年11月27日

ホーム > 映画ランキング > Twitterつぶやき数ランキング : 2016年11月21日~2016年11月27日
メニュー

Twitterつぶやき数ランキング

2016年11月29日更新 本田敬

Twitterつぶやき数ランキング : 2016年11月29日発表(毎週火曜更新)

映画レビュー&鑑賞記録サイト coco 集計期間:2016年11月21日~2016年11月27日

順位 先週 タイトル 配給 公開日 つぶやき数
第1位 2 ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅 ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅 ワーナー・ブラザース映画 2016年11月23日 104,615
第2位 1 この世界の片隅に この世界の片隅に 東京テアトル 2016年11月12日 41,478
第3位 4 溺れるナイフ 溺れるナイフ ギャガ 2016年11月5日 3,717
4 5 ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー ディズニー 2016年12月16日 3,715
5 10 聖の青春 聖の青春 KADOKAWA 2016年11月19日 1,753
6 8 金メダル男 金メダル男 ショウゲート 2016年10月22日 1,207
7 7 ソーセージ・パーティー ソーセージ・パーティー ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2016年11月4日 1,093
8 9 湯を沸かすほどの熱い愛 湯を沸かすほどの熱い愛 クロックワークス 2016年10月29日 1,080
9 14 疾風ロンド 疾風ロンド 東映 2016年11月26日 996
10 11 ドクター・ストレンジ ドクター・ストレンジ ディズニー 2017年1月27日 867

※「つぶやき数」は、映画レビューサイトcocoによる独自集計により、Twitter上で該当作品が1週間のうち何回言及されたかをカウントした延べ数です。

「ファンタスティック・ビースト」公開され首位に。新作は「疾風ロンド」が9位

先週の2位、魔法動物学者ニュート・スキャマンダーの冒険を描く「ハリー・ポッター」シリーズの新章「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」が公開を迎え、順当に首位を獲得。つぶやき数は10万4615ptで前週比813%の大増量。今年に入って「ズートピア」(12万1192pt)、「デッドプール」(13万6904pt)、「君の名は。」(10万2373pt)に続く4本目の10万pt超の作品となった(歴代では8本目)。また、ここ数年のファンタジー映画で1万ptを超えたのは「イントゥ・ザ・ウッズ」(2万0549pt)、「ホビット 思いがけない冒険」(2万0129pt)、「ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日」(1万2948pt)、「スノーホワイト」(1万1184pt)の4本。これらと比較しても「ファンタスティック・ビースト」のpt数の高さが際立つ。満足度は83%。未知の幻獣を求めて世界中を周り、ニューヨークにたどり着いたニュート。ところがトランクに詰め込んでいた魔法動物が逃げ出し、街は大混乱に陥る。「期待して行ったけど、それを大きく上回る面白さに大興奮」「これ絶対にIMAX3Dじゃなきゃダメなやつ。TVやタブレットで観る意味は、あまりないよ」「見るべき要素も多く楽しめたが、主人公は魅力薄で展開や見せ方はもっさり」「吹替の方が分かりやすいところもあれば、呪文に関しては字幕の方がいいなと思ったり」と、吹替、字幕、2D、3Dなど、それぞれの上映バージョンに意見は様々。また、「舞台がアメリカだからかハリー・ポッターとは趣が異なる」「1920年代のアメリカ、NY。素晴らしい。この時代背景だけでも感激」と、再現されたニューヨークの古い街並みを評価するつぶやきも多い。

9位は先週の14位からランクインした東野圭吾原作、阿部寛主演のコミカルなミステリー「疾風ロンド」。つぶやき数は996ptで前週比171%。過去の東野作品「プラチナデータ」(1944pt)、「真夏の方程式」(3502pt)、「天空の蜂」(1040pt)や、阿部寛主演作「テルマエ・ロマエII」(7351pt)、「柘榴坂の仇討」(617pt)、「エヴェレスト 神々の山嶺」(749pt)と比べると平均レベルか。満足度は86%とまずまず。大学の研究所から盗み出された生物兵器。秘密裏に捜査を進める研究者は手がかりを求め、とあるスキー場にたどり着く。「人物設定の単純さや、ツボを心得てる伏線の回収が心地良い作風」「事件は1つの要素でそこから派生していくドラマの連鎖、という東野圭吾の良さが前面に出ていて非常に楽しめた」「内容はサスペンスでもノリはコメディ。阿部寛の演技が面白い」「笑って泣けてハラハラして最後まで楽しかった」と、軽い作風が好評。

他の先週公開の作品は、11位に「シークレット・オブ・モンスター」。つぶやき数は789pt。満足度は22%と低い。哲学者ジャン=ポール・サルトルの短編小説をベースにした心理ミステリー。「期待煽る描写はあれど長い会話シーンは眠く大仰な音楽は好みでなく」「音楽が映画に勝ってしまっている」「まずは不気味な音楽が印象的」と、音楽主導の仕上がりの好悪が分かれる。

今週末は、メリル・ストリープが実在のソプラノ歌手に扮した「マダム・フローレンス! 夢見るふたり」、蒼井優、高畑充希共演「アズミ・ハルコは行方不明」(共に圏外)などが公開される。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す
Jobnavi