全米映画ランキング : 2011年12月23日~2011年12月25日

ホーム > 映画ランキング > 全米映画ランキング : 2011年12月23日~2011年12月25日
メニュー

全米映画ランキング

2011年12月26日更新 藤井竜太朗

全米映画ランキング:2011年12月26日発表(毎週月曜日更新)

全米週末興行成績:2011年12月23日~2011年12月25日
(金額・順位は確定前のもの)ロイター提供

順位 先週 タイトル/邦題 配給
(日本配給)
上映週 週末の興収
(単位:$)
累計興収
(単位:$)
第1位 3 ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル Mission: Impossible - Ghost Protocol
「ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル」
Paramount
(パラマウント)
2 26,535,000 58,970,000
第2位 1 シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム Sherlock Holmes: A Game of Shadows
「シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム」
Warner Bros.
(ワーナー・ブラザース映画)
2 17,800,000 76,554,000
第3位 2 アルビン3 シマリスたちの大冒険 Alvin and the Chipmunks: Chip-Wrecked
「アルビン3 シマリスたちの大冒険」
20th Century Fox 2 13,325,000 50,265,000
4 ドラゴン・タトゥーの女 The Girl with the Dragon Tattoo
「ドラゴン・タトゥーの女」
Columbia
(ソニー・ピクチャーズエンタテインメント)
1 13,000,000 21,400,000
5 タンタンの冒険 ユニコーン号の秘密 The Adventures of Tintin: The Secret of the Unicorn
「タンタンの冒険 ユニコーン号の秘密」
Pramount
(東宝東和)
1 9,125,000 17,132,000
6 幸せへのキセキ We Bought a Zoo
「幸せへのキセキ」
20th Century Fox
(20世紀フォックス映画)
1 7,800,000 7,800,000
7 4 ニューイヤーズ・イブ New Year's Eve
「ニューイヤーズ・イブ」
Waner Bros.
(ワーナー・ブラザース映画)
3 3,005,000 32,342,000
8 8 アーサー・クリスマスの大冒険 Arthur Christmas
「アーサー・クリスマスの大冒険」
Columbia
(ソニー・ピクチャーズエンタテインメント)
5 2,700,000 44,200,000
9 6 トワイライト・サーガ ブレイキング・ドーン Part 1 The Twilight Saga: Breaking Dawn - Part 1
「トワイライト・サーガ ブレイキング・ドーン Part 1」
Summit Entertainment
(角川映画)
6 2,100,000 270,900,000
10 7 ヒューゴの不思議な発明 Hugo
「ヒューゴの不思議な発明」
Paramount
(パラマウント)
5 2,025,000 43,652,000

■「M:I-4」がV。「ドラゴン・タトゥーの女」4位、「タンタン」5位

クリスマスを迎えた全米ボックスオフィスは3本の新作がランクインするも、上位3位までは前週と同じ3作が居座る結果となった。そんな中、約2700万ドルの興収でトップへと躍り出たのはトム・クルーズ主演「ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル」だった。

同作の10日間の累計興収は約6000万ドル。1週目が425サイトのみでの限定公開という変則的な興行だったので、これまでのシリーズと単純比較はできないが、第3作「M:i:III」(06)の最終興収約1億3400万ドルを超えるのは確実。また、シリーズ最大のヒットとなった「M:i-2」(00年/最終興収約2億1500万ドル)を超えるのは難しそうだが、第1作「ミッション:インポッシブル」(96年/最終興収約1億8100万ドル)は上回るかもしれないといったところが現状だ。作品の評価が高く口コミが好成績へとつながっていて、トム・クルーズとしては「M:i:III」以来、約5年半ぶりのボックスオフィス首位を記録。(決して不可能ではなかっただろうが)ミッションも成功し、前作の失敗のリベンジも果たしたといっても過言ではないだろう。

2位は「シャーロック・ホームズ シャドウ・ゲーム」。10日間の累計は約7700万ドル。26日の分も入れると累計9000万ドルだが、こちらは前作と比べるとかなり見劣りする結果に。3位「Alvin and the Chipmunks: Chip-Wrecked」も前週に引き続き苦しい興行。10日間の累計興収約5000万ドルは前2作の第2週の累計興収の約60%。最終興収は1億5000万ドルに届けば御の字か。

そして4位デビューとなったのが、話題作「ドラゴン・タトゥーの女」。ご存じスウェーデン発の世界的ベストセラー「ミレニアム」シリーズ第1作を、「ソーシャル・ネットワーク」「セブン」のデビッド・フィンチャー監督がハリウッドリメイクしたサスペンススリラー。レビューも好調でアカデミー賞ノミネートも噂されるなど評判通りの出来映えだが、興収はやや少なめか。製作はスコット・ルーディン、脚本にスティーブン・ザイリアン。主演はダニエル・クレイグと「ソーシャル・ネットワーク」のルーニー・マーラ。

その他、ヨーロッパでは大ヒットを記録したスピルバーグ監督の3Dアドベンチャー「タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密」がようやく全米公開され5位に。「ザ・エージェント」「バニラ・スカイ」のキャメロン・クロウ監督とマット・デイモンがタッグを組んだ家族ドラマ「幸せへのキセキ」は6位デビューとなってしまった。

クリスマス当日に公開された、この冬もうひとつのスピルバーグ監督作品「戦火の馬」、エミール・ハーシュ主演のSFスリラー「The Darkest Hour」はランクインしなかったが、次週のトップ10にはランクイン確実。また、限定公開の話題作「ものすごくうるさくてありえないほど近い」(トム・ハンクス&サンドラ・ブロック主演、スティーブン・ダルドリー監督)は年明けに拡大公開となる。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す
Jobnavi