全米映画ランキング : 2011年10月7日~2011年10月9日

ホーム > 映画ランキング > 全米映画ランキング : 2011年10月7日~2011年10月9日
メニュー

全米映画ランキング

2011年10月11日更新 藤井竜太朗

全米映画ランキング:2011年10月11日発表(毎週月曜日更新)

全米週末興行成績:2011年10月7日~2011年10月9日
(金額・順位は確定後のもの)Exhibitor Relations Co. Inc.

順位 先週 タイトル/邦題 配給
(日本配給)
上映週 週末の興収
(単位:$)
累計興収
(単位:$)
第1位 リアル・スティール Real Steel
「リアル・スティール」
Walt Disney
(ディズニー)
1 27,300,000 27,300,000
第2位 スーパー・チューズデー 正義を売った日 The Ides of March
「スーパー・チューズデー 正義を売った日」
Columbia
(松竹)
1 10,400,000 10,400,000
第3位 1 イルカと少年 Dolphin Tale
「イルカと少年」
Warner Bros. 3 9,160,000 49,070,000
4 2 マネーボール Moneyball
「マネーボール」
Columbia Pictures
(ソニー・ピクチャーズエンタテインメント)
3 7,500,000 49,253,000
5 5 50/50 フィフティ・フィフティ 50/50
「50/50 フィフティ・フィフティ」
Summit Entertainment
(アスミック・エース)
2 5,500,000 17,330,372
6 4 Courageous Courageous TriStar 2 4,600,000 15,892,000
7 3 ライオン・キング ディズニーデジタル3D The Lion King
「ライオン・キング ディズニーデジタル3D」
Walt Disney
(ディズニー)
4 4,552,000 85,962,000
8 6 ドリームハウス Dream House
「ドリームハウス」
Universal
(ショウゲート)
2 4,462,200 14,454,165
9 8 運命の元カレ What's Your Number?
「運命の元カレ」
20th Century Fox 2 3,050,000 10,306,018
10 10 ミッシング ID Abduction
「ミッシング ID」
Lionsgate
(ギャガ)
5 2,900,000 23,369,142

■「リアル・スティール」がV。G・クルーニー監督作は2位デビュー

2本の新作がランクインした先週末の全米ボックスオフィスは、ヒュー・ジャックマン主演の「リアル・スティール」が首位デビューを果たした。

同作はロボット格闘技が流行している2020年を舞台に、元ボクサーのチャーリー(ジャックマン)が息子マックス、旧式ロボットATOMとともに人生の再起を賭けてチャンピオンを目指す姿を描いたSFアクション大作。オープニング興収は約2730万ドルと夏休み作品ほどのインパクトはないが、「ヴァン・ヘルシング」(04年/オープニング興収:約5170万ドル)以降、「X-MEN」シリーズを除いて2000万ドル以上のオープニング興収がなかったジャックマンとしては久々のクリーンヒットとなった。監督は「ナイトミュージアム」のショーン・レビ。共演にエバンジェリン・リリー、アンソニー・マッキー、ケビン・デュランド。最終興収は1億ドル近辺になりそう。

オープニング興収約1040万ドルで2位デビューとなったのは、ジョージ・クルーニー監督・出演、ライアン・ゴスリング主演の政治ドラマ「The Ides of March」。米大統領選に立候補したペンシルバニア州知事のフランク・モリス(クルーニー)のスポークスマンを務めるマイヤーズ(ゴスリング)が、大統領選を左右するスキャンダルに巻き込まれながらも、自らの生き残りをかけて闘う姿が描かれる。共演はフィリップ・シーモア・ホフマン、ポール・ジアマッティ、マリサ・トメイ、ジェフリー・ライト、エバン・レイチェル・ウッド。

当初、同作は2004年の民主党大統領予備選挙へ出馬したハワード・ディーンの選挙スタッフだったボー・ウィリモンの戯曲「Farragut North」のタイトルで映画化が進められていたが、クルーニーの意向により、ユリウス・カエサルが暗殺された日で欧米では「不吉な日」を意味する「The Ides of March(3月15日)」に変更された。

前評判ほどではないが、作品の評価は上々で、アカデミー賞に絡む可能性もある。米大統領選が本格的に始まる2012年1月に合わせて、(アカデミー賞にノミネートされた場合の)再上映があれば最終興収は5000万~6000万ドルになるかもしれない。

3位以下は、「Dolphin Tale」、「マネーボール」、「50/50」と続き、予想外の大ヒットを記録していた「ライオン・キング3D」は上映期間を延長したが、ブルーレイ発売のせいか、やはりガクッと動員が落ち込み7位となった。

今週末は、ケビン・ベーコンの出世作の同名リメイク作「Footloose」(クレイグ・ブリュワー監督)に、カート・ラッセル主演&ジョン・カーペンター監督の名作「遊星からの物体X」のプリクエル(前日譚)となる同名タイトル「The Thing」が公開となる。

http://www.ercboxoffice.com/index.php Exhibitor Relations Co. Inc.
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す
Jobnavi