全米映画ランキング : 2011年6月17日~2011年6月19日

ホーム > 映画ランキング > 全米映画ランキング : 2011年6月17日~2011年6月19日
メニュー

全米映画ランキング

2011年6月20日更新 藤井竜太朗

全米映画ランキング:2011年6月20日発表(毎週月曜日更新)

全米週末興行成績:2011年6月17日~2011年6月19日
(金額・順位は確定前のもの)Exhibitor Relations Co. Inc.

順位 先週 タイトル/邦題 配給
(日本配給)
上映週 週末の興収
(単位:$)
累計興収
(単位:$)
第1位 グリーン・ランタン Green Lantern
「グリーン・ランタン」
Warner Bros.
(ワーナー・ブラザース映画)
1 52,685,000 52,685,000
第2位 1 SUPER 8 スーパーエイト Super 8
「SUPER 8 スーパーエイト」
Paramount
(パラマウント)
2 21,250,000 72,781,000
第3位 空飛ぶペンギン Mr. Popper's Penguins
「空飛ぶペンギン」
20th Century Fox 1 18,200,000 18,200,000
4 2 X-MEN:ファースト・ジェネレーション X-Men: First Class
「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」
20th Century Fox
(20世紀フォックス映画)
3 11,500,000 119,924,562
5 3 ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える The Hangover Part II
「ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える」
Warner Bros.
(ワーナー・ブラザース映画)
4 9,635,000 232,674,000
6 4 カンフー・パンダ2 Kung Fu Panda 2
「カンフー・パンダ2」
Paramount
(パラマウント)
4 8,700,000 143,343,000
7 6 ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン Bridesmaids
「ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン」
Universal
(東京テアトル)
6 7,487,430 136,840,420
8 5 パイレーツ・オブ・カリビアン 生命(いのち)の泉 Pirates of the Caribbean: On Stranger Tides
「パイレーツ・オブ・カリビアン 生命(いのち)の泉」
Walt Disney
(ディズニー)
5 6,236,000 220,337,000
9 8 ミッドナイト・イン・パリ Midnight in Paris
「ミッドナイト・イン・パリ」
Sony Pictures Classics
(ロングライド)
5 5,237,400 21,799,214
10 7 ジュディの夏休み大作戦 Judy Moody and the Not Bummer Summer
「ジュディの夏休み大作戦」
Relativity Media 2 2,241,000 11,166,842

■アメコミ大作「グリーン・ランタン」がV。ジム・キャリーの新作は3位に

先週末の全米ボックスオフィスは、「マイティ・ソー」「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」に続く、今夏3本目のアメコミ大作「グリーン・ランタン」が約5200万ドルのオープニング興収で、見事首位デビューを飾った。

初の実写映画化となった「グリーン・ランタン」は、「スーパーマン」「バットマン」で知られるDCコミックのスーパーヒーローもの。実写映画化は10年以上も前からワーナー・ブラザース内で企画され、ジャック・ブラック主演のケビン・スミス監督版、ザック・スナイダー監督版などが流れ、最終的にライアン・レイノルズ主演、マーティン・キャンベル監督(「007/カジノ・ロワイヤル」)で製作にゴーサインが出た。

同作では、コミック版の2代目グリーンランタン、ハル・ジョーダンを主人公に設定。米空軍パイロットのハル(レイノルズ)が異星人から謎の指輪を譲り受け、その指輪の力に導かれ、全宇宙を守護する超警察機構「グリーン・ランタン」の一員となり、平和を守る戦いに身を投じる姿が描かれる。共演に共演にブレイク・ライブリー、ピーター・サースガード、マーク・ストロング、ティム・ロビンス。レビューは厳しめで、2週目以降はガクッと順位が下がる可能性がある。

2位は前週首位の「スーパーエイト」。興収約2130万ドルは前週比約60%で、2週目の成績としてはまずまず。10日間の累計興収を約7280万ドルとした。最終興収は1億5000万ドルあたりか。

約1820万ドルの興収で3位デビューとなってしまったのは、ジム・キャリーの新作「Mr. Popper's Penguins」。不動産売買に命を捧げてきたニューヨークのやり手ビジネスマン・ポッパー氏(キャリー)が父親から6羽のペンギンを相続し、人生が一変してしまうというストーリー。キャリーとしては09年11月の「クリスマス・キャロル」以来となるナンバーワンの座を狙ったが、残念な結果に終わってしまった。監督はリンジー・ローハン主演の「ミーン・ガールズ」「フォーチュン・クッキー」で知られるマーク・S・ウォーターズ。

4位は「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」。17日間の累計は約1億2000万ドル。現状からすると1億5000万ドルに届けば万々歳だろう。5位は「ハングオーバー2」。25日間の累計は約2億3200万ドル。前作の最終興収(約2億7700万ドル)に届くかどうかは微妙なところ。

そして8位の「パイレーツ・オブ・カリビアン4」は海外が相も変わらず絶好調。全世界興収は現在9億5200万ドル。10億ドルの大台突破も確実だ。

今週末は、ピクサーの大ヒットアニメの続編「カーズ2」、キャメロン・ディアス主演のコメディ「Bad Teacher」が公開に。

http://www.ercboxoffice.com/index.php Exhibitor Relations Co. Inc.
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す
Jobnavi