全米映画ランキング : 2011年4月29日~2011年5月1日

ホーム > 映画ランキング > 全米映画ランキング : 2011年4月29日~2011年5月1日
メニュー

全米映画ランキング

2011年5月2日更新 藤井竜太朗

全米映画ランキング:2011年5月2日発表(毎週月曜日更新)

全米週末興行成績:2011年4月29日~2011年5月1日
(金額・順位は確定前のもの)ロイター提供

順位 先週 タイトル/邦題 配給
(日本配給)
上映週 週末の興収
(単位:$)
累計興収
(単位:$)
第1位 ワイルド・スピード MEGA MAX Fast Five
「ワイルド・スピード MEGA MAX」
Universal
(東宝東和)
1 83,600,000 83,600,000
第2位 1 ブルー 初めての空へ Rio
「ブルー 初めての空へ」
20th Century Fox
(マイシアター)
3 14,400,000 103,627,015
第3位 2 Tyler Perry's Madea's Big Happy Family Tyler Perry's Madea's Big Happy Family Lionsgate 2 10,050,000 41,080,114
4 3 恋人たちのパレード Water for Elephants
「恋人たちのパレード」
20th Century Fox
(エスピーオー)
2 9,125,000 32,262,801
5 Prom Prom Walt Disney 1 5,000,000 5,000,000
6 Hoodwinked Too! Hood VS. Evil Hoodwinked Too! Hood VS. Evil Weinstein Company 1 4,140,000 4,140,000
7 7 ソウル・サーファー Soul Surfer
「ソウル・サーファー」
TriStar
(ディズニー)
4 3,300,000 33,775,000
8 9 インシディアス Insidious
「インシディアス」
FilmDistrict
(ショウゲート)
5 2,687,172 48,307,408
9 4 イースターラビットのキャンディ工場 Hop
「イースターラビットのキャンディ工場」
Universal
(東宝東和)
5 2,556,680 105,276,245
10 10 ミッション:8ミニッツ Source Code
「ミッション:8ミニッツ」
Summit Entertainment
(ディズニー)
5 2,532,000 48,909,364

■「ワイルド・スピード MEGA MAX」が大ヒットスタート

例年は5月の第1金曜日からスタートする北米興行のサマーシーズンが今年はカレンダーの都合か、市場からの要請のせいか、4月末に繰り上げて開始。そのシーズンのオープニングとなった先週末は3本の新作が公開され、ビン・ディーゼル&ポール・ウォーカー主演の「ワイルド・スピード MEGA MAX」がオープニング興収約8360万ドルという爆発的な数字を叩き出し、圧倒的な強さで首位デビューを果たした。

「ランゴ」(約3800万ドル)、「ブルー 初めての空へ」(約3920万ドル)のオープニング興収を抜き、2011年最高のスタートを切った同作は01年から続く人気アクションシリーズの第5弾。今回は舞台を南米ブラジル・リオデジャネイロに移し、約1億2500万ドルというシリーズ最高の製作費を投入。キャストもディーゼル、ウォーカー、ジョーダナ・ブリュースターらレギュラー陣に加え、彼らを追い詰める捜査官役としてドゥエイン・ジョンソン(ザ・ロック)が参加し、この記録的大ヒットをサポート。前作「ワイルド・スピード MAX」(約7095万ドル)が保持していた4月の歴代オープニング興収記録はもちろん、配給のユニバーサル映画のオープニング興収記録(97年「ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク」の約7210万ドル)も塗り替えてしまった。

これまでのシリーズ4作は批評家からさほど高い評価を受けていなかったが、今回は異なり、興行・批評の両面でレベルアップ。すでにシリーズ第6作製作のプランがあるという。監督はシリーズ第3作から継続してメガホンをとっているジャスティン・リン。リン監督にはアーノルド・シュワルツェネッガーとタッグを組み「新・ターミネーター」を製作するという噂もある。

2位は「ワイルド・スピード MEGA MAX」同様、リオデジャネイロが舞台の「ブルー」。2週連続の首位からは陥落したが、17日間の累計興収は順当に1億ドルを突破。この調子でいくと最終興収は1億4000万~5000万ドルあたりか。

3位、4位はともに前週からワンランクダウンの「Tyler Perry's Madea's Big Happy Family」と「Water for Elephants」。2週目の興行はマデアばあさんの落ち込みが大きく、最終興収はそろって5500万ドルあたりに落ち着きそう。

5位、6位はともにパッとしないデビューになってしまった新作「Prom」と「Hoodwinked Too! Hood vs. Evil」。前者は高校の卒業記念ダンスパーティーに青春を燃やす若者たちの人間模様を描いたディズニー製作の群像コメディ。後者はグリム童話「赤ずきん」を題材にしたアニメ「リトル・レッド レシピ泥棒は誰だ!?」(05)の6年ぶりとなる続編。両作品とも予想以上に苦しいスタートとなっている。

今週末は今年のサマーシーズンの目玉の1作「マイティ・ソー」のほか、メル・ギブソン、ジョディ・フォスター共演のコメディドラマ「The Beaver」(ジョディ・フォスター監督)も公開となる。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す
Jobnavi