畑中葉子 : ウィキペディア(Wikipedia)

ホーム > 俳優・監督 > 畑中葉子 > ウィキペディア(Wikipedia)
メニュー

畑中葉子のウィキペディア

畑中 葉子(はたなか ようこ、1959年4月21日 - )は、日本の歌手、女優。

略歴

東京都八丈島出身。日本大学櫻丘高等学校卒業。平尾昌晃歌謡スクールに通いレッスンを続け、平尾に見出される。

1978年に平尾とのデュエット曲『カナダからの手紙』で歌手デビュー。この曲は大ヒットとなり、一躍トップアイドルとなる。同年の第29回NHK紅白歌合戦に白組から出場。さらに、カナダへの日本人旅行者が急増したことにより、カナダ政府から表彰された。

1979年に『ロミオ&ジュリエット’79』でソロデビュー。同年音楽ディレクターの檀雄二と結婚するも、8ヵ月で離婚した。その後のプレイボーイセミヌードグラビアが話題となり、1980年『後から前から』を発売。にっかつロマンポルノに出演し女優としてもデビュー。清純派歌手である畑中のポルノ出演は世間に大きな衝撃を与え、初出演の『愛の白昼夢』、続く『後から前から』は、空前のヒットとなった。主演映画で自らが歌ったシングル『後から前から』も大ヒットした。『もっと動いて』なども話題作とし名を残す。

1991年1月に一般男性と再婚し、同年10月に女児を出産、1993年には男児を出産。

2009年カラオケサークルを開設したが歌手復帰のため閉会。

2011年4月からは、太田プロダクション所属のタレントとして芸能活動を再開していたが、2012年7月28日にフジテレビで放送された「ガチ桜」にて「ニュース時事能力検定2級を合格できなかったら事務所から解雇」という課題が課せられた。結果は不合格となり、その結果太田プロからは解雇(ただし、進行中の仕事を消化したのち契約解消)、事務所のプロフィールからも削除された。その後ニュース時事能力検定を再受検し再び不合格となったが、2012年12月5日より太田プロに再び所属することになった。その後歌手活動に専念するため2014年6月1日よりビクターミュージックアーツに移籍。2015年からはフリーで活動している。

2014年8月20日、これまでリリースした4枚のオリジナル・アルバムを復刻した『後から前からBOX』を発売。レアなカバー曲やアルバム未収録シングルなど大量のボーナス・トラックの収録、税抜6900円(ロック価格)、“後から前から取り出せる仕様”、高音質S(H)M-CD、などの話題性もあってディスクユニオン(2014年8月18日〜8月24日)の週間チャートにて1位を獲得。

2016年5月11日、1983年発売の「香艶的夜總會」以来、33年ぶりのオリジナル・アルバム『GET BACK YOKO!!』を発売。

2016年7月21日には『GET BACK YOKO!!』に収録されたヤン富田リメイク&プロデュース『後から前から』(新録音)のアナログ7インチシングルがVIVID SOUNDから発売された。

音楽活動

シングルレコード

平尾昌晃・畑中葉子
  • カナダからの手紙 / 揺れる二人(1978年1月10日)
  • エーゲ海の旅 / 恋ごころ(1978年4月25日)
  • サンフランシスコ行き / 赤いレインコート(1978年)
  • ヨーロッパでさよなら / 東京ラブ・ストーリー(1978年)
畑中葉子
  • ロミオ&ジュリエット'79 / 銀のイニシャル(1979年1月25日)

     ●結婚〜活動休止●

  • 後から前から / 夢まくら(1980年8月21日)
  • もっと動いて / テキーラ(1981年2月5日)
  • モア・セクシー / 経験(1981年:プロモーション用非売品)
  • ダスターシュート・ベイビー / 癖になりそう…(1981年10月)
  • 丸の内ストーリー / 左手で愛して(1982年4月5日・セリフ:ビートたけし)
  • 愛はMUSIC(フラッシュ・ダンス) / Solitude(1983年)
葉子&ナタリ
  • 夢人同志 / 同カラオケ(1985年7月21日)

アルバム

  • GOLDEN☆BEST (2007年9月21日)
  • 後から前からBOX[ソロデビュー35th Anniversary Special] (2014年8月20日) …ディスクユニオン週間1位獲得
  • GET BACK YOKO!!(2016年5月11日)

出演

映画

  • 愛の白昼夢(1980年9月6日、にっかつ)
  • 後から前から(1980年12月26日、にっかつ)
  • ダンプ渡り鳥(1981年4月29日、東映)
  • モアセクシー・獣のようにもう一度(1981年8月7日、にっかつ)
  • セクシーぷりん・癖になりそう(1981年12月25日、にっかつ)
  • この子の七つのお祝いに(1982年10月9日、松竹)
  • 徳川の女帝 大奥(1988年8月27日、にっかつ)
  • 青いソラ白い雲(2012年3月31日、ヘキサゴン)
  • インターミッション(2013年2月23日、オブスキュラ・東北新社)
  • 貌斬り KAOKIRI〜戯曲「スタニスラフスキー探偵団」より〜(2016年)

テレビドラマ

  • プロハンター 第23話「旅芸人の唄」(1981年、日本テレビ / セントラル・アーツ)
  • 火曜サスペンス劇場「父と子の炎」(1981年、日本テレビ / 松竹)
  • 火曜サスペンス劇場「白衣の天使殺人事件」(1982年、日本テレビ/にっかつ)
  • 文吾捕物帳 第16話「乳房の別れ」(1982年、テレビ朝日 / 三船プロ)
  • 女7人あつまれば(1982年、TBS)
  • ザ・サスペンス「松本清張の共犯者」(1983年、TBS / 大映テレビ) - 竹岡美智子
  • 西部警察 PART-III 第64話(1984年、テレビ朝日 / 石原プロ) - 中西ミキ
  • 遠山の金さん 第1シリーズ 第116話「女侠一代! 鬼子母神おはな」(1984年、テレビ朝日 / 東映)
  • 土曜ワイド劇場 (テレビ朝日)
    • 「混浴露天風呂シリーズ 北海道十勝岳連続殺人」(1984年)
    • 「未亡人殺し」(1986年)
  • スーパーポリス 第12話「見てろ女ども! ダサい男の復讐」(1985年、TBS / 近藤照男プロ)
  • 花王 愛の劇場「さよならママ」(1987年、TBS)
  • ザ・刑事 第2話(1990年、テレビ朝日) - 美絵
  • 月曜ミステリー劇場「早乙女千春の添乗報告書15・奥軽井沢湯けむりツアー殺人事件」(2004年、TBS) - 大森マキ子

写真集

  • 「畑中葉子 幻視の牡丹」(1983年3月20日、週刊プレイボーイ特別編集 / 集英社)

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2018/01/04 11:06 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

  • 畑中葉子
  • 畑中葉子の作品
  • 畑中葉子の受賞歴
  • 畑中葉子の写真・画像
  • 畑中葉子の動画
  • 畑中葉子の関連記事
  • 畑中葉子のDVD
  • 畑中葉子のWikipedia
  • 畑中葉子の密着
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す
Jobnavi