青木万央 : ウィキペディア(Wikipedia)

ホーム > 俳優・監督 > 青木万央 > ウィキペディア(Wikipedia)
メニュー

青木万央のウィキペディア

青木 万央(あおき まお、1969年9月6日 - )は、日本の脚本家。

経歴

  • 1969年 岐阜県に生まれる。
  • 1992年 金沢美術工芸大学工業デザイン専攻を卒業し、大手家電メーカーに入社。プロダクトデザイナーとして活躍。
  • 2001年 脚本家への転身を目指し退社。後、シナリオ・センター大阪校で修業
  • 2003年「函館イルミナシオン映画祭第7回シナリオ大賞長篇部門」にて準グランプリを受賞。

以降、映画、ドラマ、舞台、マンガ原作、ラジオ、ドキュメンタリーなど広いジャンルで活動。また、自身が美大出身の元デザイナーであることから美術を担当したこともある。

作品リスト

映画

  • 「貝の耳」(2003年・美術)
  • 「マスター・オブ・サンダー 決戦!封魔龍虎伝」(2006年・脚本)
  • 「100シーンの恋 Vol.1〜3」(2008〜2009年・脚本)
  • 「豆腐小僧双六道中ふりだし」(2011年・脚本)

テレビドラマ

  • 「オルトロスの犬」(2009年・脚本(チーフ脚本家))TBS
  • 「アイドル×戦士ミラクルちゅーんず!」(2017年・脚本)テレビ東京

ドキュメンタリー

  • 「人生自分流 日本一のお手玉母ちゃん」(2002年・構成台本)NHK

舞台

  • 「ミント」(2002年・脚本)文学座
  • 「弁天堂顛末記〜春はぼたもち〜」(2007年・脚本)文学座
  • 「Romeo+Juliet+Juliet ~ロミオとジュリエットとジュリエット~」(2008年劇作・脚本)文学座

ラジオドラマ

  • 「ウハウハ大放送 アニメストリート「星の降る夜に」」(2004年・RFラジオ日本)

小説

  • 「100シーンの恋・第2弾ヒーロー編」(2008年・VOLTAGE)

バラエティ

  • 「いいはなシーサー」(2008年・テレビ朝日)
  • 「やまだひさし音尾琢真の素晴らしい世界/スバセカ劇場「哀愁のハクションダー」」(2007年・北海道テレビ)

マンガ原作

  • 「転職予備校」ビッグコミックビジネス(2004年・小学館)

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2018/01/03 10:18 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

  • 青木万央
  • 青木万央の作品
  • 青木万央の受賞歴
  • 青木万央の写真・画像
  • 青木万央の動画
  • 青木万央の関連記事
  • 青木万央のDVD
  • 青木万央のWikipedia
  • 青木万央の密着
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す
Jobnavi