吉頂寺晃 : ウィキペディア(Wikipedia)

ホーム > 俳優・監督 > 吉頂寺晃 > ウィキペディア(Wikipedia)
メニュー

吉頂寺晃のウィキペディア

吉頂寺 晃(きっちょうじ あきら「日本映画人名事典 男優篇 下巻」(キネマ旬報、1996年)では「きっちょうじ ひかる」と記載されている、1906年(明治39年)4月7日 - 没年不詳)は、日本の俳優。本名は岡崎 光(旧名・岡崎 光彦)、旧芸名に吉頂寺 光吾妻 三郎

来歴

1906年(明治39年)4月7日、東京市神田区(現・東京都千代田区)に生まれる。第一早稲田高等学院を中退した後、高松プロ吾妻撮影所の研究生となる。

1926年(大正15年)、タカマツ・アズマプロ製作の『男児一諾』でデビューする。翌1927年、松竹蒲田撮影所時代劇部に移り、吾妻三郎名義で、小津安二郎監督のデビュー作『懺悔の刃』などに主演する。その後、河合映画、東亜キネマ、帝国キネマ長瀬撮影所、新興キネマを経て、東宝の専属俳優となる。

東宝専属時代は、クレジットされないエキストラとしての出演が大多数を占めている。1970年(昭和45年)に専属俳優の一斉解雇が行われるまで東宝に在籍。それ以降もテレビCMに出演するなど1980年代頃まで俳優業を続けた。

人物・エピソード

デビュー当時は阪東妻三郎の人気が上がってきたころで、映画各社が阪妻そっくりのチャンバラスタアをつくろうとしていた。「吾妻三郎」は「阪東妻三郎のそっくりさん」ということで売り出され、これに似せて着けられた芸名で、誰も「あづま」とは読まず、「われ妻三郎」と読んでいた。場末の三本立ての館などでは、阪妻に顔も似ていて「妻三郎」でもあるのでだまされて入った客も相当いたという『ひげとちょんまげ』(稲垣浩、毎日新聞社刊)。

出演作品

映画

  • 男児一諾(1926年、タカマツ・アズマプロ)
  • 懺悔の刃(1927年、松竹) - 木更津の佐吉
  • 江戸城総攻め(1930年、帝キネ) - 沖田総司
  • 万五郎青春期(1934年、新興) - 中納言継友
  • 花婿突進(1934年、新興) - 禎三
  • 福寿草(1935年、新興) - 満雄
  • 乙女橋(1936年、新興) - 若者
  • 五月晴一本鎗(1936年、新興) - 弓削新左衛門
  • 磯の夕波(1936年、新興) - 安藤
  • 豪快一代男(1936年、新興) - 倉橋幸蔵
  • 母の花園(1936年、新興) - 恭二
  • 皇軍一度起たば(1937年、新興) - 伊藤清作上等兵
  • 呼子鳥 前後篇(1937年、新興) - 松村鴻吉
  • 女の魂(1939年、新興) - 松田
  • 血の歓喜(1939年、新興) - 新聞記者
  • 港へ来た男(1952年、東宝)
  • 夜の終り(1953年、東宝) - 中華料理屋の親爺
  • 次郎長三国志 第五部 殴込み甲州路(1953年、東宝)
  • 太平洋の鷲(1953年、東宝) - 重爆機長(出演シーンカット)
  • 七人の侍(1954年、東宝) - 斬り殺された百姓
  • 宮本武蔵(1954年、東宝) - 斬り殺される侍
  • ゴジラシリーズ(東宝)
    • ゴジラ(1954年) - 海上保安庁係官 ※ノンクレジット
    • ゴジラの逆襲(1955年) - 海洋漁業社員 ※ノンクレジット
    • キングコング対ゴジラ(1962年) - パシフィック製薬関係者、ファロ島島民、新聞記者 [3役] ※ノンクレジット
    • モスラ対ゴジラ(1964年) - 防衛隊幹部 ※ノンクレジット
    • 三大怪獣 地球最大の決戦(1964年) - 塚本博士の助手 ※ノンクレジット
    • 怪獣大戦争(1965年) - 政府関係者 ※ノンクレジット
    • 怪獣総進撃(1968年) - 統合防衛司令部の将校、国連科学委員会技師 [2役] ※ノンクレジット
    • ゴジラ・ミニラ・ガバラ オール怪獣大進撃(1969年) - 野次馬 ※ノンクレジット
  • 透明人間(1954年、東宝) - 街頭テレビを見る男、ナイトクラブの客 [2役] ※ノンクレジット
  • 獣人雪男(1955年、東宝) - 隠れ部落の男 ※ノンクレジット
  • 浮雲(1955年、東宝) - 踊る信者
  • 空の大怪獣ラドン(1956年) - 炭鉱職員 ※ノンクレジット
  • 裸足の青春(1956年、東宝) - 郵便局長
  • 白夫人の妖恋(1956年、東宝) - 呂祖廟の民 ※ノンクレジット
  • へそくり社長(1956年、東宝)
  • 「元禄忠臣蔵 大石最後の一日」より 琴の爪(1957年、東宝) - 小野寺十内
  • 地球防衛軍(1957年、東宝) - 村人、防衛軍幹部 [2役] ※ノンクレジット
  • 変身人間シリーズ(東宝)
    • 美女と液体人間(1958年) - 「ホムラ」の酔客 ※ノンクレジット
    • 電送人間(1960年) - キャバレーの客 ※ノンクレジット
  • 大怪獣バラン(1958年、東宝) - 防衛隊幹部 ※ノンクレジット
  • 裸の大将(1958年、東宝) - 闇市の男、花火の見物人 [2役] ※ノンクレジット
  • 宇宙大戦争(1959年、東宝) - 演説応援の政府関係者、会議出席者 [2役] ※ノンクレジット
  • 日本誕生(1959年、東宝) - 重臣、大和の民 [2役] ※ノンクレジット
  • 暗黒街の顔役(1959年、東宝) - 大京ホテルのフロント係 ※ノンクレジット
  • 野獣死すべし(1959年、東宝) - 空港の見送り客 ※ノンクレジット
  • ハワイ・ミッドウェイ大海空戦 太平洋の嵐(1960年、東宝) - 軍医 ※ノンクレジット
  • サラリーマン出世太閤記・完結篇 花婿部長No.1(1960年、東宝)
  • 花のセールスマン 背広三四郎(1960年、東宝) - 村松社長
  • 娘・妻・母(1960年、東宝) - 通夜の参列客 ※ノンクレジット
  • 暗黒街の弾痕(1961年、東宝) - 債権者 ※ノンクレジット
  • 世界大戦争(1961年、東宝) - 大蔵大臣 ※ノンクレジット
  • モスラ(1961年) - 第二玄洋丸の船員の家族(出演シーンカット)
  • 黒い画集 第二話 寒流(1961年、東宝) - 銀行重役 ※ノンクレジット
  • 紅の海(1961年、東宝) - ロマンスの客、海上保安官 [2役] ※ノンクレジット
  • 顔役暁に死す(1961年、東宝) - カジノバーの客 ※ノンクレジット
  • アワモリ君シリーズ(東宝)
    • アワモリ君売出す(1961年) - 水着ショーを見る紳士
    • アワモリ君乾杯!(1961年) - 一平
  • 日本一の若大将(1962年、東宝) - 重役
  • 妖星ゴラス(1962年、東宝) - 政府関係者 ※ノンクレジット
  • 海底軍艦(1963年、東宝) - 防衛庁幹部 ※ノンクレジット
  • 太平洋の翼(1963年、東宝) - 大和の参謀、木根川町の避難民 [2役] ※ノンクレジット
  • 青島要塞爆撃命令(1963年、東宝) - 艦隊参謀 ※ノンクレジット
  • 君も出世ができる(1964年、東宝) - 東和観光重役 ※ノンクレジット
  • 乱れる(1964年、東宝) - 列車の乗客 ※ノンクレジット
  • クレージー映画(東宝)
    • 大冒険(1965年) - ナチス陰謀団隊員 ※ノンクレジット
    • クレージー大作戦(1966年) - 老警官
    • クレージーの無責任清水港(1966年) - 賭場の客 ※ノンクレジット
    • 日本一の男の中の男(1967年) - 「丸菱造船」人事部社員 ※ノンクレジット
    • クレージーの大爆発(1969年) - 料亭の客、銀行の男、進歩的文化人団体員 [3役] ※ノンクレジット
  • 肉体の学校(1965年、東宝) - 元皇族
  • フランケンシュタイン対地底怪獣(1965年、東宝) - 記者、新聞社社員 [2役] ※ノンクレジット
  • フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ(1966年、東宝) - 自衛隊幹部(統合幕僚会議副議長)、病院の見舞客(海外版)[2役] ※ノンクレジット
  • 奇巌城の冒険(1966年、東宝) - ペシルの民 ※ノンクレジット
  • 暴れ豪右衛門(1966年、東宝) - 老僧
  • あこがれ(1966年、東宝)- 食堂の客、桟橋の見送り人[2役] ※ノンクレジット
  • 乱れ雲(1967年、東宝)
  • 8.15シリーズ(東宝)
    • 日本のいちばん長い日(1967年) - 梅津参謀総長
    • 連合艦隊司令長官 山本五十六(1968年) - 軍令部参謀 ※ノンクレジット
    • 日本海大海戦(1969年) - 島根の漁民 ※ノンクレジット
    • 激動の昭和史 軍閥(1970年) - 毎日新聞記者、橋田邦彦 [2役] ※ノンクレジット
    • 激動の昭和史 沖縄決戦(1971年) - 県庁幹部 ※ノンクレジット
  • キングコングの逆襲(1967年、東宝) - 警備本部幹部 ※ノンクレジット
  • 空想天国(1968年、東宝) - サッカー場の観客A ※ノンクレジット
  • 狙撃(1968年、東宝)- ファッション・ショーの客 ※ノンクレジット
  • 緯度0大作戦(1969年、東宝) - 客船の乗客 ※ノンクレジット
  • ゲゾラ・ガニメ・カメーバ 決戦!南海の大怪獣 (1970年、東宝) - 飛行機の乗客 ※ノンクレジット

テレビ

  • ウルトラセブン 第8話「狙われた街」(1967年、TBS) - 町人(友里征二郎弔問客)
  • 東京バイパス指令(1968年、NTV)
  • 昔三九郎 第13話「刀が夜泣きする」(1968年、NTV)
  • 五人の野武士 第22話「陰謀」(1969年、NTV)
  • 大忠臣蔵(1971年、NET) - 老中

CM

  • エバラ食品工業(1981年) - 和尚

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2017/04/26 13:37 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

  • 吉頂寺晃
  • 吉頂寺晃の作品
  • 吉頂寺晃の受賞歴
  • 吉頂寺晃の写真・画像
  • 吉頂寺晃の動画
  • 吉頂寺晃の関連記事
  • 吉頂寺晃のDVD
  • 吉頂寺晃のWikipedia
  • 吉頂寺晃の密着
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す
Jobnavi