松下武義 : ウィキペディア(Wikipedia)

ホーム > 俳優・監督 > 松下武義 > ウィキペディア(Wikipedia)
メニュー

松下武義のウィキペディア

松下 武義まつした たけよし、1938年2月10日 - )は日本の実業家、徳間書店代表取締役相談役、多摩大学大学院経営情報学研究科客員教授、元・加州住友銀行代表取締役会長、元・東京総合信用代表取締役社長、クオーク初代代表取締役会長、元・大映代表取締役社長、元・徳間ジャパンコミュニケーションズ代表取締役会長。

来歴・人物

1938年生まれ。富山県高岡市出身。高岡市立中田小学校、高岡市立中田中学校を経て、富山県立高岡高等学校にて学んだ。上京し、学習院大学の政経学部に入学し、1960年に卒業する。

大学卒業後、住友銀行に入行する。1985年に取締役となり、以降1988年に常務、1991年に専務に就任した。1992年、住友グループに属する信販会社である東京総合信用の社長に就任した。1999年、東京総合信用と日本総合信用を合併させ、新たにクオークを設立すると、代表権を持つ会長に就任した。

2000年、徳間書店社長として徳間事業団を率いてきた徳間康快が急逝すると、一時的に牧田謙吾が社長代行を務めてきたが、翌年、松下が空席だった徳間書店社長に就任した。2001年には徳間ジャパンコミュニケーションズを第一興商に売却、2002年には大映を角川書店に売却するなど、徳間事業団の整理を推し進めた。2005年、徳間書店のスタジオジブリ事業本部を分社化することを決定し、スタジオジブリを再独立させた。2008年、岩渕徹に社長を譲り、自身は代表権を持つ会長に就任した。

エピソード

経営者にとって必要な資質として「先見性、発想力、情熱、執念、感性、興味(を持つ)心など」と指摘している。さらに、「ビジネスマンのどんなに少なくみても6割以上、ひょっとしたら9割以上の人が現在の経済政策はおかしいと感じているにも関わらず、小泉人気が高いのは不思議なこと」。

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2014/11/06 13:09 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

  • 松下武義
  • 松下武義の作品
  • 松下武義の受賞歴
  • 松下武義の写真・画像
  • 松下武義の動画
  • 松下武義の関連記事
  • 松下武義のDVD
  • 松下武義のWikipedia
  • 松下武義の密着
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す
Jobnavi