森田芳彦 : ウィキペディア(Wikipedia)

ホーム > 俳優・監督 > 森田芳彦 > ウィキペディア(Wikipedia)
メニュー

森田芳彦のウィキペディア

森田 芳彦(もりた よしひこ、1962年2月5日 - )は、宮崎県出身の元プロ野球選手(内野手)。右投右打。

来歴・人物

男三人兄弟の末っ子。宮崎県串間市立有明小学校の5.6年のとき(1972、1973年)少年野球県大会で連続優勝している。宮崎県串間市立福島中学校に進み、1年時(1974年)から二塁手の定位置を与えられ、その年の県大会でレギュラーとして優勝している。その際の球場が当時完成したばかりの宮崎市営球場で、こけら落としの試合から5勝しての優勝だった。この時の主将が二年先輩の西村徳文。甲子園の出場経験はないが、中学3年時(1976年)に宮崎県立福島高等学校が甲子園に出場した際のエースは次兄である。

宮崎県立福島高等学校では1979年の夏の甲子園県予選準々決勝に進出するが、優勝した都城に敗退。卒業後は日本国有鉄道鹿児島鉄道管理局(現・JR九州鹿児島支社)に入社し、鹿児島鉄道管理局野球部に入部。1982年のドラフト6位で南海より指名されるがこれを拒否。鹿児島鉄道管理局が17年ぶりに出場した1983年の都市対抗では一番打者として活躍、1984年のロサンゼルスオリンピック日本代表に選出される。ロス五輪では全試合に遊撃手として先発出場、金メダル獲得に貢献する。1985年の都市対抗には九州産交の補強選手として出場している。

同年のドラフトでロッテより3位指名を受け入団。一年目から内野のユーティリティ・プレイヤーとして一軍に定着。守備には定評があり遊撃手、三塁手、二塁手のほか外野もこなした。1989年は開幕からはスタメン出場、後半は失速するが準レギュラーとして86試合に出場している。しかし1991年からは出場機会が減り、1995年限りで現役引退。現在は鹿児島県在住の会社員。

上述の通り西村徳文とは、宮崎県串間市立有明小学校→宮崎県串間市立福島中学校→宮崎県立福島高等学校→国鉄鹿児島鉄道管理局→ロッテオリオンズと小学校からプロ入りまで全く同じ経歴である。

堅実な守備を評価されて出場した10.19の第一試合は、1点差の二死満塁において森田の三振で終わったため、その場面が度々テレビ等で放映された。また、1989年村田兆治が通算200勝を達成した試合で決勝打を放っている。

詳細情報

年度別打撃成績

ロッテ654135128301142331050051.229.325.400.725
51252011300032111040040.150.292.250.542
63736110172001961032700170.279.343.311.654
861611332230700371323711802291.226.325.278.603
79917482020125613301400120.270.386.338.724
4128263420060002000051.154.154.231.385
491072100010001020040.143.333.143.476
2110000000000000000.000.000.000.000
通算:8年43643035768831602105298101835002763.232.328.294.622

記録

  • 初出場・初先発出場:1986年5月15日、対日本ハムファイターズ5回戦(後楽園球場)、9番・遊撃手で先発出場
  • 初安打:同上、3回表に田中富生から
  • 初本塁打・初打点:同上、5回表に岡部憲章からソロ

背番号

  • 30 (1986年 - 1995年)

関連項目

  • 宮崎県出身の人物一覧
  • 千葉ロッテマリーンズの選手一覧

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2018/03/15 04:12 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

  • 森田芳彦
  • 森田芳彦の作品
  • 森田芳彦の受賞歴
  • 森田芳彦の写真・画像
  • 森田芳彦の動画
  • 森田芳彦の関連記事
  • 森田芳彦のDVD
  • 森田芳彦のWikipedia
  • 森田芳彦の密着
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す
Jobnavi