鈴木寿雄 : ウィキペディア(Wikipedia)

ホーム > 俳優・監督 > 鈴木寿雄 > ウィキペディア(Wikipedia)
メニュー

鈴木寿雄のウィキペディア

鈴木 寿雄(すずき としお、1904年1月19日 - 1975年9月15日)は、昭和の童画画家。

東京浅草生まれ。小学校卒業後に丁稚奉公に出たが、川上四郎に影響を受け、赤本児童絵本に挿絵を描き始める。

  • 1940年 東京日本橋三越、大阪大丸で個展開催
  • 1944年 群馬県に疎開、館林高等女学校の講師を務める。
  • 1953年 第2回小学館児童文化賞受賞

おもな絵本に「げんこつやまのあかおに」「ごんぎつね」「ふるやのもり」「しおふきうす」「はいくのえほん」等、昔ばなしの挿絵が多数。

兄にベルリンオリンピック銅メダリストの鈴木朱雀、娘に絵本作家の鈴木未央子がいる。

没後、殆どすべての作品は、家族の意志により足立美術館に寄贈され、所蔵されている。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2016/03/06 15:40 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

  • 鈴木寿雄
  • 鈴木寿雄の作品
  • 鈴木寿雄の受賞歴
  • 鈴木寿雄の写真・画像
  • 鈴木寿雄の動画
  • 鈴木寿雄の関連記事
  • 鈴木寿雄のDVD
  • 鈴木寿雄のWikipedia
  • 鈴木寿雄の密着
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す
Jobnavi