アマンダ・シュル : ウィキペディア(Wikipedia)

ホーム > 俳優・監督 > アマンダ・シュル > ウィキペディア(Wikipedia)
メニュー

アマンダ・シュルのウィキペディア

アマンダ・シュル(Amanda Schull, 1978年8月26日 - )は、アメリカ合衆国出身の女優。

来歴

ホノルル生まれ。

2015年、カサンドラ・ライリー役で『12モンキーズ』へのレギュラー出演を決める。

2018年、カトリーナ・ベネット役で2013年より出演していた『SUITS/スーツ』にシーズン8からのレギュラー昇格が決まる。

主な出演作品

映画

  • Center Stage Center Stage (2000)
  • リベンジ・リスト I Am Wrath (2016)

テレビ

  • GRIMM/グリム Grimm (2012)
  • サイク/名探偵はサイキック? Psych (2012)
  • SUITS/スーツ SUITS (2013-)
  • 12モンキーズ 12 Monkeys (2015-2018)
  • MURDER IN THE FIRST/第1級殺人 Murder in the First (2016)

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2018/03/23 11:55 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

  • アマンダ・シュル
  • アマンダ・シュルの作品
  • アマンダ・シュルの受賞歴
  • アマンダ・シュルの写真・画像
  • アマンダ・シュルの動画
  • アマンダ・シュルの関連記事
  • アマンダ・シュルのDVD
  • アマンダ・シュルのWikipedia
  • アマンダ・シュルの密着
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す
Jobnavi