浅香光代 : ウィキペディア(Wikipedia)

ホーム > 俳優・監督 > 浅香光代 > ウィキペディア(Wikipedia)
メニュー

浅香光代のウィキペディア

浅香 光代あさか みつよ、本名;北岡 昭子、1928年2月20日プロフィールでは1931年2月20日 - )は、日本の剣劇女優。東京府東京市神田区(現:東京都千代田区神田)出身。身長163.5cm、体重55kg。血液型はB型。愛称は「ミッチー」。内縁の夫は世志凡太(未入籍)。

来歴・人物

東京府東京市神田区(現:東京都千代田区神田)出身。身長163.5cm、体重55kg。愛称は「ミッチー」。内縁の夫は、コメディアンの世志凡太

女剣劇界の中心人物とされ、戦前の剣劇芝居では不二洋子、大江美智子らが看板役を務める「女剣劇」は1936年(昭和11年)頃からブーム化するほど人気を博し官警の監視取締りを経た公認の「健全な」剣劇芝居では、劇中に演出する、太ももなどの素肌をちらりと見せ色気を醸し出すシーンを作り、後年に「チラリズム」と称される概念を生み出した。戦後に舞台演劇や演芸が以前の勢いを取り戻すなか、女剣劇人気は進化した演出を伴って復活し若手の一人だった浅香光代は新らたな女剣劇スターとして大人気となった。 1937年(昭和12年)映画界で活躍していた浅香新八郎、森静子らの舞台劇団「新生国民座」の門戸を叩いた時は9歳、強いられた厳しい芸者の見習い(半玉)修行を辞し、憧れの女優業を目指しての行動だったと云う。入門を許され稽古に入ると演技指導の吸収力は抜群で、早咲な才能と将来の広い可能性を認められると座長から芸名「浅香光代」を贈られた。1944年(昭和19年)に座長浅香新八郎が急逝し、森静子の意向から新生国民座は解散した。突然のことで路頭に迷った元座員達は、それぞれが持つ俳優鑑札と戦時下の制約事情から元の劇団を再興同然の組織で新劇団旗揚げを図る以外に活路は無く、亡くなった座長から覚えめでたい存在だった若年女優を担ぎ上げて劇団名を「浅香光代一座」として発足させた資料によって浅香光代一座結団時期と新生国民座活動期間について異なった表記がみられる。。新劇団は以前からのプログラム演目に中堅看板役者達を引き継いだものの、知名度の無い若手女優の名を冠する劇団の人気は結団暫く低迷していた。浅香光代は祭り上げられた座長地位に甘んじることなく旺盛な向上心から演出方法や演技指導を周囲ベテランの協力で身に付けて終戦を迎え一変した環境のなか新たな試みを求められるなか、戦局悪化で曖昧な規制対象にされていた女剣劇の復活に携わるとこの若い女座長の名はたちまち人々の口々話題にのぼった。浅香光代一座はやがて浅草や新宿などの芝居小屋で専属など長期興行を張る中堅人気劇団へ成長した。一座にはのちてんぷくトリオで有名になる戸塚睦夫と三波伸介などが在籍笑伝・三波伸介―びっくりしたなあ、もう (西条昇著・風塵社・2000年1月) ISBN 4938733765、その幕間には玉川良一らが繋いだ。

自身の殺陣に絶対の自信を持ち、番組企画等でお笑いタレント等に殺陣や演技指導するという企画に参加することがある。

野村沙知代に剣劇を教え舞台で共演したものの、TBSラジオ『大沢悠里のゆうゆうワイド』の降板前最後の回(1999年3月31日)において、沙知代を批判をしたことがきっかけとなり、沙知代の逮捕(2001年12月)まで続くサッチー騒動へと発展。ただ連日に渡り「ミッチーVSサッチー」と民放各局のワイドショーで取り上げられたことにより、浅香のこれまでの高年齢者にシフトしていた知名度が若い世代でも認知されるようになったが、2004年、沙知代に対する名誉毀損で110万円の支払い命令を受けている。

プロ野球・読売ジャイアンツの大ファンである。また、沙知代の夫である野村克也の現役・監督時代の宿敵だった長嶋茂雄と同じ誕生日である。長嶋とは親交が深い間柄でもある。

松村邦洋のものまねレパートリーの1人(喋り出しは必ず「あたしゃね!!」と江戸弁を言うのが特徴)。

2010年5月3日、プロレス団体「MAP」の旗揚げ戦に参戦し、高山善廣と対戦した浅香光代、魔性のスリーパー魅せた!/リング/デイリースポーツonline

2014年、雑誌(『婦人公論』2014年2月7日号)にて20代で出産した2人の隠し子がいることを公表した。子の父親は既婚者の政治家・総理大臣、副総理

歴任した人物(故人)であり、子に対しても名を明かしていないという。

経歴

  • 1937年(昭和12年):9歳で浅香新八郎、森静子に弟子入り。
  • 1942年(昭和17年):14歳で浅香光代一座を組む。
  • 1955年(昭和30年):大江美智子、不二洋子らと共に女剣劇全盛時代を創りあげる。
  • 1979年(昭和54年):「演劇舞踊浅香流」を創始。多数の門弟の指導にあたっている。
  • 2006年(平成18年):武蔵野学院大学日本総合研究所客員教授に就任。
  • 2009年(平成21年):春の叙勲において旭日双光章を受ける。

CD

  • あれから二年(1997年)
  • 人生まだまだ(2000年)
  • あんたがストレス(2005年、世志凡太とデュエット)

映画

  • 駿河遊侠伝 破れ太鼓(1964年、大映)
  • やるぞみておれ為五郎(1971年、松竹)
  • ダメおやじ(1973年、松竹)
  • 新女囚さそり 701号(1976年、東映)
  • サチコの幸(1976年、日活)
  • 六区慕情-浅草六区変遷史(1982年、中日映画社)
  • 晴れ、ときどき殺人(1984年、東映)
  • 北京的西瓜(1989年、松竹)
  • 怖がる人々(1994年、松竹)
  • 週刊バビロン(2000年、東映)
  • デコトラの鷲 祭りばやし(2003年、オフィスサンヨー)
  • ライフ・オン・ザ・ロングボード(2005年、オフィスキタ)

テレビドラマ

  • 人形佐七捕物帳 第20話「女難剣難」(1965年、NHK)
  • 特別機動捜査隊(NET)
    • 第356話「その母」(1968年) - 浅香光子
    • 第563話「陽のあたる町」(1972年)
  • ポーラテレビ小説(TBS)
    • 加奈子(1975年 - 1976年) - おたか
    • マリーの桜(1980年) - 常子
  • ナショナルゴールデン劇場 七色とんがらし (1976年、NETテレビ) - 鮫島咲江
  • 非情のライセンス 第2シリーズ 第81話「兇悪の暴走族」(1976年、NET) - 三田たつ
  • ベルサイユのトラック姐ちゃん 第13話「女は捨て身で勝負する」(1976年、NET)
  • 必殺からくり人・血風編 第2話「非道にたてつく紅い刃」(1976年、ABC) - お梅
  • 探偵物語 第21話「欲望の迷路」(1980年、NTV) - 上野さわ
  • 必殺仕事人 第67話「詣り技 暗闇丑の刻重ね斬り」(1980年、ABC) - お種
  • 鬼平犯科帳 第3シリーズ 第18話「大川の隠居」(1982年、テレビ朝日 / 東宝) - 加賀屋の女将
  • ロボット8ちゃん 第21話「やさしい?やさしい!鬼コーチ」(1982年、CX)
  • 暴れん坊将軍シリーズ(ANB / 東映)
    • 吉宗評判記 暴れん坊将軍 第195話「磯の香りはおっかあの味」(1982年) - おふさ
    • 暴れん坊将軍III 第71話「大暴れ! 但馬のヤッサ神輿」(1989年) - お花
  • 源九郎旅日記 葵の暴れん坊 第18話「望郷 三田尻 はぐれ鳥」(1982年、ANB / 東映) - おもん
  • 魔拳!カンフーチェン(1983年、YTV) - さよ
  • 激闘!カンフーチェン(1983年、YTV) - さよ
  • ドラマ人間模様 / 空き缶ユートピア(1984年、NHK)
  • 火曜サスペンス劇場 / 悪魔が忍び込む(1985年、 NTV)
  • クセになりそな女たち(1987年、CX) ‐ 大田川舞
  • さすらい刑事旅情編 第17話「潮騒内房線・花売り女の殺意」(1989年、ANB)
  • 女流作家シリーズ「瞼の母殺人事件」(1989年、TX)
  • 木曜ゴールデンドラマ / 姑・嫁vs嫁・姑 犬猿おんなの仲(1990年、YTV)
  • 金曜ドラマシアター / おふくろに…喝采! (1992年、CX)
  • 月曜ドラマスペシャル / 火の玉婦長さん物語4 (1994年、TBS)
  • さむらい探偵事件簿 第7話「ゴッドマザーの罠」(1996年、NTV)
  • 鏡は眠らない 第1話「風呂屋の後妻」(1997年、NHK)
  • 火曜サスペンス劇場 / 海に埋めた時間 (2000年、FBS)
  • フードファイト 第7話「あなたが僕のお母さん!? 涙のコロッケ対決」(2000年、NTV) - 井原聡子
  • 金田一少年の事件簿 第3シリーズ 第6話「速水玲香誘拐殺人事件」(2001年、NTV) - 鏑木葉子
  • 女ざかり!!区役所の名探偵2(2001年) ‐ 茂庭幸子
  • ぼくが地球を救う 第8話「階段がないじゃん」(2002年、TBS)
  • 怪談百物語 第3話「うば捨て山」(2002年、CX)
  • 鉄板少女アカネ!! 第6話「秋の味覚! 松茸!! 最後の晩餐対決!!」(2006年、TBS)

ラジオ

  • 大沢悠里のゆうゆうワイド (TBSラジオ) - パートナー、1994年〜1999年3月

バラエティ

  • ライオンのいただきます(フジテレビ)
  • 快傑熟女!心配ご無用(TBS)

ほか多数

CM

丸美屋食品工業

著書

  • 『女剣劇』学風書院 1958
  • 『太りすぎよ、さようなら! 浅香式耳飾美容痩身法のすべて』ジェーアンドエー出版 1978
  • 『手さぐりの幸せ』海竜社 1983
  • 『斬って恋して五十年』東京新聞出版局 1991 日本図書センター 人間の記録 2000
  • 『浅香光代の代謝復活ダイエット』泉書房 2008

注釈

関連項目

  • 剣術劇
  • 北辰一刀流
  • 浅草松竹演芸場
  • チラリズム

補足事項

『大沢悠里のゆうゆうワイド』の水曜レギュラーを務めていた時代はオープニングに舞台での決め台詞がジングルコールとしてかけられていて降板後も不定期で使用されている。「大沢〜悠里ノォ〜ゆうゆう〜ワイド。 『御用だ!御用だ!!御用だ!!!』 お控えなすってぇ〜」

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2017/09/29 12:37 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

  • 浅香光代
  • 浅香光代の作品
  • 浅香光代の受賞歴
  • 浅香光代の写真・画像
  • 浅香光代の動画
  • 浅香光代の関連記事
  • 浅香光代のDVD
  • 浅香光代のWikipedia
  • 浅香光代の密着
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す
Jobnavi