eiga.com
パパにさよならできるまで
パパにさよならできるまで
パパにさよならできるまで
パパにさよならできるまで
パパにさよならできるまで
パパにさよならできるまで
パパにさよならできるまで Windows Media Player SMALL MEDIUM LARGE パパにさよならできるまで
パパにさよならできるまで
パパにさよならできるまで
NEWS ABOUT THE FILM CAST&STAFF PRODUCTION NOTE THEATER
CAST
ヨルゴス・カラヤニス
イリアス
ヨルゴス・カラヤニス
趣味はチェスとサッカー。夢は偉大な俳優になること。本作の演技により、第55回ロカルノ国際映画祭にて史上最年少の9歳で主演男優賞を受賞。

イオアンナ・ツィリグーリ
ギリシャのアテネ生まれ。舞台と映画の両方で活躍する女優。ジュールス・ダッシン演出による『かもめ』や、O・エフレモフ演出による『桜の園』で注目される。映画はステラ・テオドラキ監督の“Close So Close”(02)などに出演。パナヨトプル監督の中編“Like Rain Like Hail”(96)にも出演している。
イオアンナ・ツィリグーリ
ステリオス・マイナス
クリストス/父
ステリオス・マイナス
ギリシャのシロス島で生まれ、アテネで育つ。83年にヴェアキ演劇学校を卒業。アテネの一流の劇団に参加して古典劇と現代劇の両方で活躍する一方、テレビや映画では親しみやすいキャラクターを演じて好評を博す。主な出演映画にヨルゴス・カラス監督の“Deserter”、ソティリス・ゴリスタス監督の“Balkanisateur”(98)と“Brazilero”(01)、日本でも公開されたタソス・ブルメティス監督の『タッチ・オブ・スパイス』(03)などがある。
アリス/兄
クリストス・ブヨタス
撮影当時高校生。
クリストス・ブヨタス
デスポ・ディアマンティドゥ
祖母
デスポ・ディアマンティドゥ
1916年ギリシャのピレアス生まれ。40年代から国内外の高名な監督と仕事をしているギリシャの伝説的女優。『日曜はダメよ』(60)、『トプカピ』(64)、『女の叫び』(78)などジュールス・ダッシン監督の作品で国際的な評価を得た。2004年2月に他界。
テオドシウス/伯父
クリストス・ステルギオグル
1952年ギリシャのディディモティコス生まれ。テサロニキ国立演劇学院卒業。83年から84年までニューヨークのHBスタジオで演技を学び、アクターズ・スタジオのワークショップに参加した。演劇界で25年以上のキャリアを誇り、エピダウロスの古代劇場で上演されるギリシャ古代劇から、シェークスピア、モリエール、ベケット、アルビーまで幅広いジャンルでギリシャ内外の演出家と仕事をしている。映画では、ニコス・トリアンタフィリディス監督の“Black Milk”(00)、カテリナ・エバンゲラク監督の“Think It Over”(02)、パナヨティス・ポルトコラキス監督“The Thespians”などに重要な役柄で出演。本作と“Think It Over”での演技により、2002年テサロニキ国際映画祭で最優秀男優賞に輝いた。
クリストス・ステルギオグル
ページトップへ
STAFF
ペニー・パナヨトプル
脚本・監督
ペニー・パナヨトプル
ギリシャのアテネ生まれ。アテネ大学で法律、スタヴラコス映画学校で演出を学ぶ。1982年から85年までロンドンに滞在し、ポリテクニック・オブ・セントラル・ロンドン(ウェストミンスター大学)で撮影と演出を学ぶ。86年からは、ヘレニック・テレビジョンにて社会問題や精神分析を扱ったドキュメンタリーの制作や、カルチャー番組の演出にたずさわる。またテレビの仕事と並行して短編、中編映画を制作。88年の“Eldorado”で第29回テサロニキ国際映画祭の最優秀短編劇映画賞やギリシャ文化省の大賞を受賞した。本作『パパにさよならできるまで』で長編映画デビュー。

●監督作品
Zig-zag(1981年/16mm/4分)
The Trial(1983年/16mm/20分)
And If You Hear From My Louise(1984年/16mm/カラー/19分)
Eldorado(1988年/16mm/カラー/29分30秒)
Like Rain Like Hail(1996年/16mm/カラー/60分)
『パパにさよならできるまで』(2002年/36mm/カラー114分)

ページトップへ