支援プロジェクト一覧:映画.com × MotionGallery

ホーム > 映画.com × MotionGallery > 支援プロジェクト一覧
メニュー

支援プロジェクト一覧

阪本一樹×須賀健太主演、小田学監督の長編デビュー作「サイモン&タダタカシ」の宣伝を支援しよう!

2018年1月18日更新

園子温、橋口亮輔、矢口史靖、李相日、石井裕也など日本映画界を牽引する監督たちを輩出してきた若手映画監督の登竜門・PFF(ぴあフィルムフェスティバル)の第24回スカラシップ作品「サイモン&タダタカシ」が、3月24日より公開される。「第36回PFF」で革新的でチャレンジングな作品に贈られるジェムストーン賞を受賞し、その年のPFFスカラシップの権利を8監督の中から勝ち取った小田学監督の完全オリジナル脚本による長編デビュー作。叶わない恋心を抱えながら“運命の女”を探す旅に出る、工業高校の男子高校生2人の青春ロードムービーだ。公開に向けた配給宣伝費の支援を募っている。

目標金額 1,000,000円

現在までに集まった金額 328,000円

達成率 32%

 

支援募集終了まで残り 17日

佐藤快磨監督の短編映画「歩けない僕らは」の宣伝を支援しよう!

2018年1月15日更新

初長編監督作品「ガンバレとかうるせぇ」が国内外の映画祭で高い評価を得た佐藤快磨監督の最新作「歩けない僕らは」(旧題「嘘とホームラン(仮)」)が、昨年末にクランクアップした。“回復期リハビリ病院”を舞台に、新人理学療法士・遥と、彼女を取り巻く人々を描く短編映画。女性アイドルグループ私立恵比寿中学の元メンバー宇野愛海が主人公の遥を演じ、「桐島、部活やめるってよ」の落合モトキらが共演している。4月完成予定で、夏以降に海外映画祭への出品を目指し、2019年公開予定となっている。

目標金額 500,000円

現在までに集まった金額 455,833円

達成率 91%

 

支援募集終了まで残り 80日

岸井ゆきの初主演映画「おじいちゃん、死んじゃったって。」、ロケ地・熊本県人吉市での上映会を応援しよう!

2017年10月23日更新

森ガキ侑大の長編監督デビュー作、岸井ゆきの初主演映画「おじいちゃん、死んじゃったって。」が、映画撮影に協力してくれた熊本県人吉市の人々に最初に観て欲しいとの思いから上映会を計画。10月31日に熊本県人吉市カルチャーパレスにて、舞台挨拶付き先行上映会などを行う「人吉映画祭り」を実施する。作品は、祖父の葬儀をきっかけに、それぞれの事情を抱えた家族たちが久しぶりに顔を揃え、本当の家族として未来へと踏み出していく物語。共演には、岩松了、光石研、水野美紀、美保純、岡山天音など演技派俳優が集結した。

目標金額 1,000,000円

コレクター 11人

FUNDED!

このプロジェクトは終了しました。

「ぼくらのレシピ図鑑シリーズ」第1弾「36.8℃ サンジュウロクドハチブ」を全国へ拡げよう!

2017年10月18日更新

全国の自治体と組んで制作するオリジナル映画「ぼくらのレシピ図鑑シリーズ」の第1弾「36.8℃ サンジュウロクドハチブ」が、11月18日よりイオンシネマ加古川で公開される。 NHK連続テレビ小説「わろてんか」にヒロインの妹役で出演中の堀田真由が主演。「幸福(しあわせ)のスイッチ」(06年)の安田真奈が監督・脚本を手がけた。「地域」の「食」をキーワードにした「高校生」たちの青春オリジナル映画を手がけていくプロジェクトで、地元の食材やオリジナル料理が劇中にふんだんに登場するのが特徴で、地域を徹底的に取材したオリジナル脚本でシリーズの拡大・展開を目指している。

目標金額 300,000円

コレクター 32人

FUNDED!

このプロジェクトは終了しました。

世界のドキュメンタリー映画を上映するプロジェクト“デンジャラス・ドックス”を支援しよう!

2017年7月25日更新

世界の映画祭で評価されたドキュメンタリー映画の秀作を厳選して日本で上映する流れを作るプロジェクト“デンジャラス・ドックス”が始動。計25カ国、52の映画祭が熱狂したデンジャラスな短編ドキュメンタリー映画3本、「男が帰ってきた」、「渦 UZU」、「シット・アンド・ウォッチ」が、9月23日より渋谷のユーロスペースほかで一挙公開される。また、公開前夜祭イベントとして、9月21日に新宿駅東口にある新宿モア4番街をジャックし、通りに設置した特設スクリーンで「渦 UZU」を「爆音サイレント上映」する。

目標金額 1,500,000円

コレクター 67人

FUNDED!

このプロジェクトは終了しました。

入江悠監督が原点回帰したオリジナル映画「ビジランテ」を一緒に盛り上げよう!

2017年5月23日更新

入江悠監督が原点回帰したオリジナル企画「ビジランテ」が製作中だ。作品は、地方都市に生きる暗部の男たちの生き様を描く衝撃の問題作。近年は「ジョーカー・ゲーム」(15年)などメジャー作品を手がけてきた入江監督が、「SR サイタマノラッパー ロードサイドの逃亡者」(12年)以来となるオリジナル脚本を執筆。その脚本に惚れ込み、大森南朋、鈴木浩介、桐谷健太という豪華キャストが集結し、トリプル主演した。この作品を一緒に盛り上げてくれる応援団を募集する。

目標金額 2,000,000円

コレクター 142人

FUNDED!

このプロジェクトは終了しました。

佐藤快磨監督「嘘とホームラン(仮)」の製作と上映を支援しよう!

2017年5月12日更新

初の長編監督作品「ガンバレとかうるせぇ」(14年)が国内外の映画祭で高い評価を受けた佐藤快磨監督の最新作「嘘とホームラン(仮)」が製作される。作品は、“回復期リハビリ病院”を舞台に、新人理学療法士・遥と、彼女を取り巻く人々を描く短編映画。主演は「デスフォレスト 恐怖の森3」(15年)で映画初主演を果たした宇野愛海。共演は“新世代女優”として注目を集める堀春菜と、PFFアワード2016の観客賞受賞作「ヴァニタス」主演の細川岳が決まった。ベテラン女優の佐々木すみ江の出演も予定されている。今秋クランクイン、年内完成予定。

目標金額 2,000,000円

コレクター 85人

FUNDED!

このプロジェクトは終了しました。

本田孝義監督初の劇映画「ずぶぬれて犬ころ」の製作を支援しよう!

2017年4月7日更新

「船、山にのぼる」「モバイルハウスのつくりかた」などのドキュメンタリー映画を製作してきた本田孝義監督が、25歳の若さで亡くなった夭折の俳人・住宅顕信を描く初の劇映画「ずぶぬれて犬ころ」を製作する。本田監督は顕信と同じ岡山県出身で、2014年に精神的に落ち込んでいたという時に「『ずぶぬれて犬ころ』という顕信の句が自分の中で蘇り、病を抱えながらも文字通り言葉に命を削った顕信の生き様や死に様を描くことで、もう一度顕信のことを広く伝えたい」と映画化を決意した。9月クランクインを目指している。

目標金額 2,500,000円

コレクター 256人

FUNDED!

このプロジェクトは終了しました。

淵上泰史×田中俊介主演「ダブルミンツ」の全国拡大公開を支援しよう!

2017年2月10日更新

「同級生」などの作品で熱狂的なファンを持つ中村明日美子氏のダークボーイズラブコミック「ダブルミンツ」を実写映画化。原作は、2007~08年に雑誌「メロメロ」で連載された。映画は、同じ読み方の名前を持つ、過去に囚われた男とチンピラとして刹那的に生きる不器用な2人の男の愛憎に満ちた関係を描くサスペンス。「グレイトフルデッド」や「下衆の愛」で国内外の映画祭にて高い評価を得た内田英治が脚本を手がけ、メガホンをとった。主演は「ミュージアム」など話題作への出演が続く淵上泰史と、人気グループBOYS AND MENの田中俊介。他に須賀健太、川籠石駿平、冨手麻妙が共演、高橋和也、小木茂光が脇を固めている。公開拡大と映画祭出品のための支援を募っている。

目標金額 2,500,000円

コレクター 297人

FUNDED!

このプロジェクトは終了しました。

綾野剛×熊切嘉和監督「武曲 MUKOKU」を日本から世界へ届けよう!

2017年1月24日更新

綾野剛と熊切嘉和監督が「夏の終り」(2013)以来、約3年ぶりにタッグを組んで挑んだ「武曲 MUKOKU」。芥川賞作家・藤沢周氏が2012年に刊行した「武曲」を原作に、剣道5段の腕前を持つが自堕落な日々を送っている矢田部研吾が、恐るべき才能を秘めた高校生・羽田融と出会い、再び剣の道を歩んでいく様を描いた、これまでの常識を打ち破る、斬新な決闘映画だ。村上虹郎、前田敦子、風吹ジュン、小林薫、柄本明らが共演し、実力を兼ね備えたスタッフが集結した。鎌倉という歴史ある場所で撮影された本作を日本だけでなく海外へ発信していく。

目標金額 2,000,000円

コレクター 249人

FUNDED!

このプロジェクトは終了しました。

37件中、1~10件目を表示

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi