eiga.com
Xmas 韓流シネマコンサートXmas 韓流シネマコンサート
Xmas 韓流シネマコンサートXmas 韓流シネマコンサート
Xmas 韓流シネマコンサートXmas 韓流シネマコンサート
TOPPROFILEFILMOGRAPHYSPECIAL GUESTCOMMENT
チョ・ソンウ
チョ・ソンウ チョ・ソンウ
韓国映画におけるオリジナル・スコアの発展に寄与する巨匠。
1963年8月、ソウル生まれ。7歳の時にバイオリンを始めるなど、幼い頃から色々な楽器に親しむ。その後バンド活動でギターを担当していたが、先天的な中耳炎で左耳の聴力を失い、演奏者としての道をあきらめ、延世大学哲学科卒業後、哲学者になるべく大学院へ進む。修士過程終了後、93年には博士資格試験に合格しつつも学校を離れる。同年、大学同期のホ・ジノ監督の短編映画で音楽を担当し、映画音楽に目覚める。
1995年、キム・ソンス監督『ラン・アウェイ』(イ・ビョンホン主演)で音楽監督としてデビュー。1998年、ホ・ジノ監督『八月のクリスマス』(ハン・ソッキュ主演)で一躍脚光を浴びる(第36回大鍾賞音楽賞にノミネート)。その後も1998年のイ・ジェヨン監督『情事』、映画評論家協会音楽賞を受賞した1999年のイ・ミョンセ監督『NOWHERE 情け容赦無し』(チャン・ドンゴン主演)など続けて成功を果たした。
また、1999年には映画音楽専門プロダクション「MUSIC & FILM,Creation」を設立。ポップスや歌謡曲を利用することが多かった韓国映画にオリジナル・スコアの概念を導入、その地位向上に尽力するとともに多くの人材を育成している。
2000年、ポン・ジュノ監督『ほえる犬は噛まない』で第2回ブエノスアイレス 国際映画祭 審査委員特別賞受賞。2001年、延世大学院哲学博士学位取得。
2002年2月にTBS系で放映された、日韓完全共同制作ドラマ「フレンズ」(深田 恭子/ウォンビン主演)の音楽を担当。今まで30本近い映画音楽を作曲し、海外の映画作品にも積極的に関わっている。

主催:朝日新聞社/WOWOW/TOKYO FM  後援:ニッポン放送  企画制作:PROMAX Inc./M&F  運営:ディスクガレージ
協力:ザックコーポレーション/ポニーキャニオン/ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
asahi.com WOWOW ニッポン放送 PROMAX GET TICKET TOKYO FM