ダンケルク 特集:[究極の臨場感][究極のタイム・サスペンス][究極の映像体験][究極のドラマ]4つの究極体験クリストファー・ノーラン最高傑作誕生

[究極の臨場感][究極のタイム・サスペンス][究極の映像体験][究極のドラマ]4つの究極体験クリストファー・ノーラン最高傑作誕生

「ダークナイト」「インセプション」「インターステラー」の“次の未体験”は、陸海空3視点で描く《史上最大の救出作戦》映画史を変えてきたノーランが「最高傑作」を生みだした

世界が最も次回作を待ちわびる才能、ノーランが用意した《新たな未体験》!陸からは砲撃、空には戦闘機、海に潜むUボート、この《絶体絶命》を生き抜け!
林先生授業3分で分かるダンケルク
ノーラン史上最高傑作! 今年の《絶対に見逃してはならない1本》!
 IMAX試写会ご招待
「ダンケルク」特集 トップへ戻る

全米映画界騒然! 早くもアカデミー賞大本命の呼び声──すべてが《究極》レベルまで研ぎ澄まされた!

すべてにおいて間違いなく、オスカー候補となるべき今年No.1の映画だ──米「Variety」誌映画.com編集長・駒井尚文が包み込まれた「究極の臨場感」「ノーランの新作は凄いらしい」の期待値マックスを、遥かに上回ってくる大傑作
爆音映画祭プロデューサー・樋口泰人が感じた「究極のタイム・サスペンス」映画史上まれにみる唯物的な音──時を刻む音が観客を前のめりにさせ、傍観者でいられなくする
ゴールデングローブ賞投票者・小西未来が見つめた「究極の映像体験」前作とまったく異なるアプローチ──これまでない究極の映像体験を成功している
映画ライター・新谷里映の心を揺さぶった「究極のドラマ」男とか女とかは関係なく、ひとりの人間として響くものがある──「この映画は観ておくべきだ」「ダンケルク」特集 トップへ戻る

超貴重インタビュー取材で分かった《究極の映像体験》の秘密 なぜノーランは新作に“実話”を選んだのか!?

なぜ「実話」、そして「ダンケルクの戦い」を手掛けたのか?観客をクライマックスに放り込みたい!──監督異例の「上映時間106分」の理由「マッドマックス 怒りのです・ロード」と「ゼロ・グラビティ」がお手本だった!?なぜ「IMAX」を選んだのか? 監督にとって最もエキサイティングなのは「体験するシネマ」「ダンケルク」は、サプライズに満ちたとてつもなくエモーショナルな作品「ダンケルク」特集 トップへ戻る
林先生授業3分で分かるダンケルク IMAX試写会ご招待