eiga.com
『ハッスル&フロウ』 本年度アカデミー賞主演男優賞ノミネート! 歌曲賞“It's hard out here for a pimp”受賞!
イントロダクション ストーリー キャスト&スタッフ プロダクションノート サウンドトラック
キャスト&スタッフ
クレイグ・ブリュワー(監督・脚本) クレイグ・ブリュワー(監督・脚本)

ヴァージニア州の生まれながら、子供時代をメンフィスで過ごす。亡くなった父親が残したわずかな遺産をもとに撮った監督デビュー作“Poor & Hungry”(00)は、全米各地の映画祭で好評を博した。脚本家としても活躍するかたわら、06年中には、本作『ハッスル&フロウ』に次ぐ監督第3作“Black Snake Moan”(出演:サミュエル・L・ジャクソン、クリスティーナ・リッチ、ジャスティン・ティンバーレイクほか)が全米で公開予定。
ジョン・シングルトン(製作) ジョン・シングルトン(製作)

南カリフォルニア大学で映画制作を学んだのち、91年に『ボーイズ’ン・ザ・フッド』で監督デビュー。アカデミー賞®の最優秀監督賞に史上最年少でノミネートされるという快挙を成し遂げた。その後も『ポエティック・ジャスティス/愛するということ』(93)、『ハイヤー・ランニング』(95)、『シャフト』(00)、『ワイルド・スピード×2』(03)、『フォー・ブラザーズ/狼たちの誓い』(05)などの話題作を監督しつづけている。
ステファニー・アレイン(製作) ステファニー・アレイン(製作)

現在のハリウッド映画界を代表する黒人プロデューサーのひとり。90年代の前半、コロンビア映画に在籍中に、ジョン・シングルトン(『ボーイズ’ン・ザ・フッド』)やロバート・ロドリゲス(『エル・マリアッチ』)の監督作と関わる。コロンビア映画を退社後は、03年にローレンス・フィッシュバーン主演作『バイカーボーイズ』を製作。同年にホームグロウン・ピクチャーズを立ち上げ、『惑星「犬」。』(03)では製作総指揮を務めた。
© 2006 United International Pictures, Inc.
スタッフ キャスト