映画のことなら eiga.com(エイガ・ドット・コム)

eiga.comトップ

2008年 冬特集 今年も話題作が続々公開されました。そこでeiga.comでは国内映画の興行収入ランキングをニュースに合わせて紹介! また皆で選ぶOMA【オンライン・ムービー・アワード】を開催!今年一年思い出の作品を投票してください。 さらに、eiga.com編集部が2008年を振り返る座談会を開催。その模様もお届けします。

12月中旬、eiga.com編集部が集まり座談会を開催した。2008年の洋邦ヒットランキングの表を参考に、興行成績の数字から昨今の動向を読み解く。映画業界通ならではの座談会の模様をお楽しみください。
  • :eiga.comを率いて丸10年。配給各社の信頼も厚い編集長(♂)
  • :ギョーカイの裏話に精通する副編集長。シニカルな視線が売り(♂)
  • :スコセッシ&イーストウッドを崇める映画伝道師。ニュース担当(♂)
  • :「ひどい」「面白くない」が口癖のふて腐れ編集部員(♂)
  • :見た目は甘いが心はマッチョ。“萌え”要素に敏感な編集部員(♂)

2008年興行収入ランキング(洋画)
順位
作品名
配給会社
興行収入
1位
インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 パラマウント 57.1億円
2位
レッドクリフ Part I 東和=エイベックス 48~50億円
3位
アイ・アム・レジェンド ワーナー 43億円
4位
ライラの冒険/黄金の羅針盤 ギャガ=松竹 35億円
5位
ハンコック ソニー 31億円
6位
ナルニア国物語/第2章:ライオンと魔女 ディズニー 30億円
7位
魔法にかけられて ディズニー 29億円
8位
ナショナル・トレジャー/リンカーン暗殺者の日記 ディズニー 26億円
9位
ウォンテッド 東和 25億円
10位
アース ギャガ 24億円
2008年興行収入ランキング(邦画)
順位 作品名 配給会社 出資TV局 興行収入
1位 崖の上のポニョ 東宝 日本テレビ 154億円
2位 花より男子ファイナル 東宝 TBS 77.5億円
3位 容疑者Xの献身 東宝 フジテレビ 50億円
3位 劇場版ポケットモンスター ダイヤモンド&パール/ギラティナと氷空の花束シェイミ 東宝 テレビ東京 48億円
5位 相棒 劇場版/絶体絶命!42.195km 東京ビッグシティマラソン 東映 テレビ朝日 44.4億円
6位 ザ・マジックアワー 東宝 フジテレビ 39.2億円
7位 20世紀少年 東宝 日本テレビ 39億円
8位 映画ドラえもん/のび太と緑の巨人伝 東宝 テレビ朝日 33.7億円
9位 マリと子犬の物語 東宝 日本テレビ 31.8億円
10位 おくりびと 松竹 TBS 30億円

「ポニョ」が突出&「レッドクリフ」が“まさかの大ヒット”

ジブリ強し。「ポニョ」の興収はダントツ

:では、興収ランキングを振り返ってみようか。

:「ポニョ」(154億円)と「花男」(77.5億円)の興収がデカすぎるんだよね。

:テレビ局で見ると、フジテレビ、日本テレビ、TBSが2本、テレビ朝日、テレビ東京が1本。とはいえトータルでは日テレがダントツ。「ポニョ」の150億円があるし、「L change the WorLd」も23億円稼いでる。

:洋画は「インディ・ジョーンズ」が期待より低かったね。

:変な映画でしたからね……。

:57億円で洋画では1位だけど、目標は100億円レベルだっただけに、悪い意味でのサプライズ。「アイ・アム・レジェンド」「ハンコック」と、ウィル・スミスが相変わらず強いねえ。意外なのがディズニー。3本も入ってる。


「レッドクリフ」は“まさかの大ヒット”

:一番驚いたのは、やっぱり「レッドクリフ」だな。

:現在(12月中旬)48億円、いって50億円。追い広告で使ってた“まさかの大ヒット”っていうフレーズ、どっかで聞いたことあると思ったら……奥山和由の「RAMPO」なんだよね。実は新聞での追い広告のコピーで使ってた(笑)。

:目標が高かったのは確かだけど、実際ここまでいくとは……。

:さすがハリウッド画質!(by パナソニックのテレビCM)。っていうか、“ハリウッド映画”じゃねーだろって(笑)

(一同爆笑)
アメコミ苦戦。吹替え版のタレント起用は必要?

吹替え版のタレント起用ももはや定番

:「カンフー・パンダ」に「ハムナプトラ3」、「ドラゴン・キングダム」、北京オリンピックがあったけど、中国を題材にした洋画はことごとくダメだったね。ほんと「レッドクリフ」だけ。

:いまや“良作”なんてないですよ。あとはアメコミもダメだったね。

:「ダークナイト」が当たっていないなんて、すごく哀しいよ。

:「アイアンマン」「インクレディブル・ハルク」「ダークナイト」…………全部ダメ

:「ウォンテッド」はビジュアルノベルが原作だけど、ヒットしたのはアンジェリーナ・ジョリー人気?

:DAIGO人気じゃない? 吹替えやった。


(一同爆笑)

衝撃映像に話題騒然だった「クローバー~」

:いやいや冗談じゃないんだって。「ハムナプトラ3」だって、上地雄輔くん人気があったからだって言われてるよ。

:そっか……「ダークナイト」は吹替え版やらなかったんだよね。

:ワーナーの宣伝が下手だったというわけじゃないのに。どうしてアジアでも大ヒットなのに、日本で当たらないんだろう。

:いやぁ……あの内容だと、いまの日本じゃ当たらないよ。

:ちなみに吹替えといえば「インディ4」は、定番の村井国夫じゃなかったのがショックでした。

:「インディ4」は80億円くらいいってほしかった。「ダークナイト」も30億円はいってくれないと。

:うーん……希望がないね……。

:残念ながら、毎年同じ話をしているような。

:今年は「クローバーフィールド」のコンセプトが面白かった。IT時代の新しいアプローチっていうのかな。「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」と同じで、観ちゃったら「なーんだ」なんだけど。

:興収は、10億円ちょいでした。

:うわっ……よくよく見たら、20世紀フォックスの作品がないですよ(苦笑)。

邦画バブルもそろそろ終焉。来年は洋画に期待

:この中でがんばったのは……やっぱり「相棒」? 地道な活動というか。

:東映としては久々の快挙だよね。

:ただ、邦画バブルもそろそろ……って感じがしてきたね。日テレが絡んでても、押井守監督の「スカイ・クロラ」とか、成績がイマイチなものもある。


綾瀬はるかは来年も「おっぱい~」が控える

:ワーナーが配給する邦画は大変だもんね。綾瀬はるかの「ICHI」はダメだったでしょ? 「おっぱいバレー」に期待だな。

:綾瀬のキャリアが終わっちゃわないことを祈るよ。なんだかんだいいながら、今年の彼女の出演作(「ザ・マジックアワー」「僕の彼女はサイボーグ」「ハッピーフライト」ほか)ってほとんど当たってるんだよ。

:1人で100億円くらい稼いでるんだよね。

:そうそう、柴崎コウよりちょっと上。

:和田アキ子のバラエティ「B.C.ビューティー・コロシアム」で“痩せなきゃ芸能界クビ”なんて汚れ企画やってましたからね……地力があるんじゃないですか?

:邦画で惨たんたる結果だったのは……「櫻の園」「フレフレ少女」など。

:角川春樹プロデュースの「神様のパズル」も。

:「神様のパズル」は東映だけど、ほか2作は松竹。結局“なぜ東宝が1人勝ちなのか?”という話になっちゃう。根が深いと思うよ。

:とはいうものの、今年の東宝で本当にすごかったのは、「花男」だけでしょ。特定の世代の女性の動員だけであれほどいく(77.5億円)なんて。同じ物語のフォーマットで、その時々の人気スターでキャストを入れ替えれば当たる。ストーリーが鉄板なんだよね。

:それだけ企画が行き詰ってるってことですよ。

:黒澤リメイクも多かったね。「隠し砦の三悪人」は10億円どまり、「椿三十郎」も20億円程度。

:観客も最初から「オリジナルを超えるのなんて無理」だと思ってるんですよね。

:「篤姫」がヒットしたのに、時代劇がダメだなんて皮肉だね。

:それでも今年は、中高年の人が映画館に足を運んだという感じがしますね。「おくりびと」「相棒」「レッドクリフ」。

:逆説的にいえば、いかに若い人が映画を観てないかってこと。

:eiga.com的には、来年はやっぱり洋画が逆転していてほしいよね。


09年は洋画に期待。話題作のひとつ「T4」

:来年のラインナップは期待できそう。

:「天使と悪魔」「ターミネーター4」「トランスフォーマー2」などなど。

:「レッドクリフ Part II」も大ヒットしたりして。

:パート1の半分はいくんじゃない? 来年は洋画の本数も減る見込みだし、邦画も含めて、存在意義がない作品は減っていくと思うね。

:となると、「ヤッターマン」と「ドラゴンボール」? 楽しみっていうと。

:「ヤッターマン」が試金石になるんじゃないかな。アメコミがダメでも、日本物のヒーローなら当たるじゃん!って(笑)。




(C)2008 二馬力・GNDHDDT
(C)2008 Three Kingdoms Ltd. (C)Bai Xiaoyan
(C) 2008 Paramount Pictures. All rights reserved.
2008年 OMA オンライン・ムービー・アワード