水谷豊、フランス風景画にうっとり「素晴らしい旅をした気分」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年4月14日 > 水谷豊、フランス風景画にうっとり「素晴らしい旅をした気分」
メニュー

水谷豊、フランス風景画にうっとり「素晴らしい旅をした気分」

2018年4月14日 12:00

珠玉のフランス風景画にうっとり

珠玉のフランス風景画にうっとり
[拡大画像]

[映画.com ニュース]ロシアを代表する美術館のフランス絵画を集めた展覧会「プーシキン美術館 旅するフランス風景画」の内覧会が4月13日、上野の東京都美術館であり、音声ガイドを担当した俳優の水谷豊が取材に応じた。

同展は、プーシキン美術館の所蔵のフランス近代風景画を集めた企画で、印象派の父として知られるモネが26歳で完成させた「草上の昼食」をはじめ、ルソー「馬を襲うジャガー」やルノワール、セザンヌ、ゴーギャンらフランス絵画の巨匠たちの作品65点が展示される。

一足先に展示を鑑賞した水谷は、「モネの『草上の昼食』から『白い睡蓮』を見て、素晴らしい旅をした気分。絵の中に引き込まれて、まさにそこに自分がいるようでした」と感想を語る。学芸員から「草上の昼食」はモネの当時の恋人や友人が、絵の中の複数人分のモデルを務めたという裏話を聞いたといい、「写真で見るより感動的。モネの若い時代からの才能に驚かされた」と感激していた。

「プーシキン美術館 旅するフランス風景画」は7月8日まで。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 君の名前で僕を呼んでの評論 君の名前で僕を呼んで ティモシー・シャラメの輝かしい魅力に満ちた主演デビュー作
  • リズと青い鳥の評論 リズと青い鳥 手を強く握るだけではなく、その手を解くことの大切さ。静かで細やかな演出が見事
  • パティ・ケイク$の評論 パティ・ケイク$ 三世代の母娘を演じた役者たちの “生き様”と呼ぶしかない、演技を超えたヤバさ
映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi