森崎ウィンが証言、「レディ・プレイヤー1」撮影現場はスピルバーグの○○から始まる!? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年4月12日 > 森崎ウィンが証言、「レディ・プレイヤー1」撮影現場はスピルバーグの○○から始まる!?
メニュー

森崎ウィンが証言、「レディ・プレイヤー1」撮影現場はスピルバーグの○○から始まる!?

2018年4月12日 16:00

森崎はぶっちゃけトークを披露「レディ・プレイヤー1」

森崎はぶっちゃけトークを披露
[拡大画像]

[映画.com ニュース] VR(バーチャル・リアリティ)を題材にしたスティーブン・スピルバーグ監督作「レディ・プレイヤー1」のIMAX3D完成披露試写会が4月11日に東京・T・ジョイPRINCE品川で開催され、出演者の森崎ウィンと、スピルバーグ監督のファンを公言する坂上忍が参加した。森崎は、劇中のセリフ「俺はガンダムで行く!」を生披露し、会場に詰めかけたファンを歓喜させた。

世界中の人々がアクセスするVRワールド「OASIS(オアシス)」で繰り広げられるトレジャーハンティングを描く本作。あらゆるゲームや映画、アニメのキャラクターが勢ぞろいし、日本からも「機動戦士ガンダム」「AKIRA」「ストリートファイター」などのキャラクターやメカが登場する。森崎は、主要キャラクターで主人公の仲間トシロウを演じている。

本作を見終えたばかりという坂上は、「パニくってる。お世辞抜きに、こんな映画は見たことがない」と興奮気味に語り、「宣伝で『VR体験』とうたわれていて、本当かよと思っていたんですが、観客の僕と、映画の中に入っちゃってる僕の2人がいて、ぐいぐい引き込まれてしまってびっくりしました。この作品を見て、改めてエンターテインメントに徹した作品はスピルバーグさんの真骨頂だと思いましたね。彼が、監督として映画で思いっきり真剣に遊び倒した作品。間違いなく面白い!」と絶賛を浴びせた。

人気テレビドラマ「ごくせん」などで知られ、本作に大抜てきされた森崎は、「スピルバーグ監督は、僕にとって神様のような存在。でも、同じ目線に降臨してくれる“気軽に話せる神様”なんです」と語り、「スピルバーグ監督の現場は、毎朝ハグから始まる。監督のハグ、超気持ちいいっす」と笑顔を見せる。

「オーディションを受けたのは2015年。ビデオオーディションに通って、その後ロサンゼルスに呼ばれて。守秘義務があったのか何の作品かは知らされず、ミーティングルームに入ったら、スピルバーグ監督が待ってたんです。そこから、記憶はほぼ飛んでます」(森崎)と憧れの人物と対面した衝撃を語った森崎。「オーディションでは、小さなカメラをスピルバーグ監督ご自身が構えて、『じゃあ行くよ。アクション!』という感じでした。最後に、急に『日本語でもやって』と言われて。日本語にすぐ訳せないセリフもあったので、適当に言いました(笑)。どうせ日本語わかんねえしなと思って」とぶっちゃけ、坂上は目を丸くすると共に森崎の軽快なトークに爆笑していた。

レディ・プレイヤー1」は、4月20日から全国公開。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 君の名前で僕を呼んでの評論 君の名前で僕を呼んで ティモシー・シャラメの輝かしい魅力に満ちた主演デビュー作
  • リズと青い鳥の評論 リズと青い鳥 手を強く握るだけではなく、その手を解くことの大切さ。静かで細やかな演出が見事
  • パティ・ケイク$の評論 パティ・ケイク$ 三世代の母娘を演じた役者たちの “生き様”と呼ぶしかない、演技を超えたヤバさ
映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi