ジョシュ・ハートネット&役所広司が怪しさ全開「オー・ルーシー!」場面写真を入手 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年4月11日 > ジョシュ・ハートネット&役所広司が怪しさ全開「オー・ルーシー!」場面写真を入手
メニュー

ジョシュ・ハートネット&役所広司が怪しさ全開「オー・ルーシー!」場面写真を入手

2018年4月11日 09:00

怪しすぎる英会話教師&生徒「オー・ルーシー!」

怪しすぎる英会話教師&生徒
(C)Oh Lucy,LLC
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 寺島しのぶが主演する日米合作映画「オー・ルーシー!」の新場面写真を、映画.comが入手した。 胡散臭い英会話教師ジョン(ジョシュ・ハートネット)、その生徒・小森(役所広司)の姿をとらえている。

第67回カンヌ国際映画祭シネフォンダシオン部門(学生部門)で上映された桃井かおり主演の同名短編映画をベースに、同作を手がけた新鋭・平柳敦子監督が新たな物語を書き加えて長編映画化。近い将来やってくる「退職」と、いずれ訪れる「死」を待つだけの毎日を送る43歳の独身OL節子(寺島)が、英会話教室のアメリカ人講師ジョン(ハートネット)に恋をし、東京とLAで大騒動を巻き起こす姿を描く。

ひょんなことから英会話教室に通うことになった節子は、教室内では金髪のウィッグをかぶり「ルーシー」というキャラになることを強いられる。このほど公開された場面写真は、ジョンの指導のもと、節子が発声練習を行う場面を切り取っており、ウィッグ姿の節子はいぶかしげな表情。胡散臭い教師を前に、戸惑っていることが伝わってくる。そんな“怪しすぎる英会話教室”のもうひとりの生徒が、役所演じる元警察官の日本人・小森。節子同様にウィッグをかぶり、外国人キャラクター「トム」になりきる小森の姿も笑いを誘う。

日本人監督作品としては10年ぶりに、カンヌ国際映画祭批評家週間(第70回)で上映され、第33回インディペンデント・スピリット・アワードでは新人作品賞&主演女優賞にノミネートされた本作。「出演を決めたのは、平柳監督に才能を感じたから」というハートネットは、「彼女の短編作品を見て、脚本を読み、本人と話すと、彼女がいかに知的で、ビジョンがいかにユニークかが分かります。『オー・ルーシー!』はエンタテインメント性の高い作品で、コメディだけどドラマチックで引き込まれる映画です」と太鼓判を押す。そのうえで「平柳監督の名前はこれからもっと広がると思います」と称賛している。

一方の役所は、「平柳監督、これでもう新人監督とはさよならですね。これからは新人が外れて『監督』です。楽しみにしています! 新人時代の映画に対する思いを忘れず平柳監督でなければ作れない、見たことない映画を作って世界をあっと驚かせて下さい」と期待を寄せ、「寺島さん、ジョシュさん、南さん、忽那さん、皆さんとても魅力的でした。この作品に参加できてほんとに良かった! 監督、ありがとうございました!」と感謝を述べている。「オー・ルーシー!」は、4月28日から東京・渋谷ユーロスペース、テアトル新宿ほかで公開。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 君の名前で僕を呼んでの評論 君の名前で僕を呼んで ティモシー・シャラメの輝かしい魅力に満ちた主演デビュー作
  • リズと青い鳥の評論 リズと青い鳥 手を強く握るだけではなく、その手を解くことの大切さ。静かで細やかな演出が見事
  • パティ・ケイク$の評論 パティ・ケイク$ 三世代の母娘を演じた役者たちの “生き様”と呼ぶしかない、演技を超えたヤバさ
映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi