「グレイテスト・ショーマン」監督、次回作候補「NARUTO」を語る : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年4月3日 > 「グレイテスト・ショーマン」監督、次回作候補「NARUTO」を語る
メニュー

「グレイテスト・ショーマン」監督、次回作候補「NARUTO」を語る

2018年4月3日 11:00

マイケル・グレイシー監督「グレイテスト・ショーマン」

マイケル・グレイシー監督
Photo by Gabriel Olsen/Getty Images for AARP
[拡大画像]

[映画.com ニュース]「NARUTO ナルト」のハリウッド実写版でメガホンをとるマイケル・グレイシー監督(「グレイテスト・ショーマン」)が、進捗状況を自ら語った。

VFXアーティスト出身のグレイシー監督は、「グレイテスト・ショーマン」で長編映画デビューを飾った新鋭。2015年には、「NARUTO ナルト」の映画化権を持つライオンズゲートと契約交渉中であると報じられたことで知られている。

このほど、「グレイテスト・ショーマン」のブルーレイ発売のプロモーションで取材を受けたグレイシー監督に対し、Colliderが「NARUTO ナルト」の進捗状況を直撃。すると、「正直なところ、(次の自分の映画になるかどうかは)わからない」と返答している。理由は、「DRAGONBALL EVOLUTION」「ゴースト・イン・ザ・シェル」「Death Note デスノート」、など漫画原作のハリウッド実写版に不満を抱いているからだという。

「人気漫画のハリウッド映画版のほとんどは、原作をきちんと理解していない。もしぼくが『NARUTO ナルト』をやるのであれば、(原作者の)岸本斉史氏を企画開発に引き入れて、彼が映像化に対してエキサイトするような脚本を仕上げることが大事だと思う。この世界を生み出した彼以上に、『NARUTO ナルト』を理解している人はいないからね」

安易なハリウッド版を作らないという点に関しては、映画化権を持っているライオンズゲートやプロデューサー陣も理解しているという。「誰もがこの原作の大切さを理解しているので、ぼく自身も楽しみにしている。関係者みんなが興奮する脚本ができるまでは、クランクインすることはない」

「NARUTO ナルト」は、落ちこぼれ忍者・うずまきナルトが数々の試練を乗り越えていくバトルアクション漫画で、1999年から2014年まで週刊少年ジャンプで連載。テレビアニメや劇場映画、ゲーム、舞台などで展開しており、とくにテレビアニメ版はアメリカでも高い人気を誇る。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 君の名前で僕を呼んでの評論 君の名前で僕を呼んで ティモシー・シャラメの輝かしい魅力に満ちた主演デビュー作
  • リズと青い鳥の評論 リズと青い鳥 手を強く握るだけではなく、その手を解くことの大切さ。静かで細やかな演出が見事
  • パティ・ケイク$の評論 パティ・ケイク$ 三世代の母娘を演じた役者たちの “生き様”と呼ぶしかない、演技を超えたヤバさ
映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi