赤ペン瀧川、金メダル目指す親子描いた「ダンガル」を徹底添削!「号泣必至の胸熱映画」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年3月21日 > 赤ペン瀧川、金メダル目指す親子描いた「ダンガル」を徹底添削!「号泣必至の胸熱映画」
メニュー

赤ペン瀧川、金メダル目指す親子描いた「ダンガル」を徹底添削!「号泣必至の胸熱映画」

2018年3月21日 12:00

3分半で徹底解説「ダンガル きっと、つよくなる」

3分半で徹底解説
(C)Aamir Khan Productions Private Limited
and UTV Software Communications Limited 2016
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 映画コメンテーターの赤ペン瀧川が、インド発のレスリングを題材にした実話ドラマ「ダンガル きっと、つよくなる」を解説した映像が、公開された。

生活のためにレスリング選手の夢をあきらめたマハヴィル(アーミル・カーン)が、息子に夢を託そうとするも、生まれてきたのは娘ばかり。だが、長女ギータと次女バビータの非凡な格闘センスに気づいたマハヴィルは、修行を開始。あまりの過酷さに娘たちは反発しながらも、やがて父の熱意を受け止め、才能を開花させていく。全世界興行収入は、インド映画では歴代No.1となる3億ドル超を記録している。

開口一番「笑って泣いた。めちゃくちゃ面白かったです」とテンション高く切り出した瀧川は、「(子どもたちの)格闘センス、ハンパねえぞ」「全開スパルタ教育、さあ泳げと。ガンジーもびっくりですよ!」「(スパルタ教育に)尾木ママ大激怒!」「普通はグレます」といった軽妙な語り口で作品の設定やキャラクターについて解説している。

瀧川はさらに、バビータが女子レスリングのインド代表に選出されたシーンを挙げて「普通だったら、この時点でスポーツ映画のサクセスストーリーはほぼ完成してしまう。ところが、ここで新たな事件が起きるんです」と視聴者の期待をあおっている。締めくくりには、「号泣必至の胸熱映画!」とインパクトある言葉で作品を評している。

ダンガル きっと、つよくなる」は、4月6日から全国公開。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 君の名前で僕を呼んでの評論 君の名前で僕を呼んで ティモシー・シャラメの輝かしい魅力に満ちた主演デビュー作
  • リズと青い鳥の評論 リズと青い鳥 手を強く握るだけではなく、その手を解くことの大切さ。静かで細やかな演出が見事
  • パティ・ケイク$の評論 パティ・ケイク$ 三世代の母娘を演じた役者たちの “生き様”と呼ぶしかない、演技を超えたヤバさ
映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi