北朝鮮政府に招待された初の海外ロックバンドのドキュメンタリーが公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年3月20日 > 北朝鮮政府に招待された初の海外ロックバンドのドキュメンタリーが公開
メニュー

北朝鮮政府に招待された初の海外ロックバンドのドキュメンタリーが公開

2018年3月20日 17:00

「北朝鮮をロックした日 ライバッハ・デイ」 ビジュアル

「北朝鮮をロックした日 ライバッハ・デイ」
ビジュアル
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 北朝鮮政府から招かれたロックバンドを追ったドキュメンタリー「LIBERATION DAY」(原題)が、「北朝鮮をロックした日 ライバッハ・デイ」(ウギス・オルテ、モルテン・トロービク監督)の邦題で、6月下旬に公開する。

スロベニア(旧ユーゴスラビア)出身でカルトな人気を誇るバンド「ライバッハ」が北朝鮮政府に初めて招待された初の海外ミュージシャンとして、日本の植民地支配から解放されたことを祝う「祖国解放記念日」にライブを行うまでを追う。想定通りの混沌極めるアクシデントが続出するさま、平壌市民の反応など貴重な映像を収めている。

北朝鮮をロックした日 ライバッハ・デイ」は、6月下旬からシアター・イメージフォーラムほか全国順次公開。

(映画.com速報)

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 君の名前で僕を呼んでの評論 君の名前で僕を呼んで ティモシー・シャラメの輝かしい魅力に満ちた主演デビュー作
  • リズと青い鳥の評論 リズと青い鳥 手を強く握るだけではなく、その手を解くことの大切さ。静かで細やかな演出が見事
  • パティ・ケイク$の評論 パティ・ケイク$ 三世代の母娘を演じた役者たちの “生き様”と呼ぶしかない、演技を超えたヤバさ
映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi