末井昭「素敵なダイナマイトスキャンダル」で50年前の“自分”と共演 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年2月7日 > 末井昭「素敵なダイナマイトスキャンダル」で50年前の“自分”と共演
メニュー

末井昭「素敵なダイナマイトスキャンダル」で50年前の“自分”と共演

2018年2月7日 17:00

末井昭氏と主演の柄本佑「素敵なダイナマイトスキャンダル」

末井昭氏と主演の柄本佑
(C)2018「素敵なダイナマイト
スキャンダル」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 白夜書房の取締役編集局長を長らく務めたことでも知られる編集者・作家の末井昭氏のエッセイを、柄本佑主演で映画化した「素敵なダイナマイトスキャンダル」に、末井氏本人がカメオ出演していることがわかった。柄本扮する若かりし頃の末井の奇異な行動に驚く通行人役を演じ、約50年前の“自分”と共演している。

幼少期に、実母が隣家の若い男と不倫の末にダイナマイト心中するという衝撃の体験をした末井(柄本)は、高校卒業後に上京し、キャバレーの看板描きを経てエロ雑誌業界に入る。その後、伝説のエロ雑誌の編集長となり、写真家・荒木経惟らとのタッグで80年代を席巻していく。


「ストリーキング」シーンメイキングカット「素敵なダイナマイトスキャンダル」

「ストリーキング」シーンメイキングカット
[拡大画像]

末井氏が出演したのは、末井青年が“行き場のない情念”を、全裸で公共の場を走りぬけるパフォーマンス「ストリーキング」で表現した場面。ピンクのペンキを被って全裸で疾走する末井青年に驚く通行人のひとりとして参加した。末井氏は、「佑くんが演じる若かりし僕と、現在の僕が出会う。さらにこのシーンで流れる音楽も僕が演奏しているので、忘れられないシーンになりました」とコメントを寄せている。

素敵なダイナマイトスキャンダル」は、3月17日から東京・テアトル新宿、池袋シネマ・ロサほか全国で公開。R15+指定。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

注目情報

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi