上白石萌歌「全力でかけ抜けたい」 舞台「続・時をかける少女」初日に意欲満々 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年2月7日 > 上白石萌歌「全力でかけ抜けたい」 舞台「続・時をかける少女」初日に意欲満々
メニュー

上白石萌歌「全力でかけ抜けたい」 舞台「続・時をかける少女」初日に意欲満々

2018年2月7日 14:45

全力でかけ抜けたい!「時をかける少女(1983)」

全力でかけ抜けたい!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 筒井康隆氏によるジュブナイル小説の続編を舞台化した「続・時をかける少女」が東京・新大久保の東京グローブ座で公演初日を迎える2月7日、主演の上白石萌歌をはじめ共演の戸塚純貴、健太郎、新内眞衣(乃木坂46)、MEGUMI、脚本・演出の上田誠(ヨーロッパ企画)が同館で会見。上白石は「お客様ひとりひとりがタイム・トラベラーになれる作品。皆さんと一緒に、時をかけられたらと思います」とアピールに努めた。

「時をかける少女」をドラマ化した「タイム・トラベラー」の脚本家・石山透が、ドラマの続編として描いた「続タイム・トラベラー」が原作。未来人のケン・ソゴル(戸塚)と恋に落ちタイムトラベルの力を得たものの、ケンが未来に帰る際に関わる記憶をすべて消された女子高生・芳山和子(上白石)が、再び現れたケンから「20世紀で行方不明になった3人の科学者を一緒に捜してほしい」と頼まれ、複数の時代を往還していく。

主演を担う上白石は、「最後まで皆さんを信じて、全力でかけ抜けたい」と気を引き締める。物語は現代風に脚色されているが、「物語でいろんなものに流されながらも中心に立って、図太く真っすぐ立つ凛とした雰囲気を演じられればと思います」とブレない姿勢をのぞかせた。

「『時をかける少女』で、切なくも美しい別れをしたケンが堂々と戻ってくる時点で、コメディだと思った。原作はコメディではないですが、時間を駆けめぐる疾走感のなかで面白さが出ればと思った」と演出の意図を説明したのは上田。見どころシーンを問われたキャスト陣が「80年代の竹の子族。何度見ても初見と同じくらい笑える」(MEGUMI)、「新内さん(が演じた96年)のシノラー」(健太郎)、「カラーギャングは強烈」(上白石)と思い思いに明かすと、上田は「今言ったのはだいたい原作に出てこないので、『こいつら何を作っているんだ?』と思われるかも」と苦笑していた。

また稽古の手法が新鮮だったそうで、上白石は「エチュード(即興)からつくっていく作業がすごい新鮮でした。セリフ通りに演じる前に、自分の言葉で演じる。納得して稽古できました」と充実感をにじませ、戸塚は「皆で映像を見て、当時の様子を学びました。授業のような感覚が新鮮でした」と語る。一方のMEGUMIは「上田さんが頭のなかにあるものを紙に書いてくれたんですけど、途中から暗号になっていて。気持ち悪いなと思うくらい(笑)、こだわって掘り下げていて、ものすごく衝撃でした」と最敬礼だった。

舞台初挑戦の健太郎は「上田さんから舞台用語をバーッと言われ、『何言っているんだ?』と思ったことも(笑)。周囲の人に丁寧に教えてもらいました」と必死に食らいついたようで、新内も「『乃木坂』を出て初めての舞台。本当に皆さんが優しくて。乃木坂メンバーも優しいので、冷たい外の世界に出ることが不安」と述べていた。舞台「続・時をかける少女」は、14日まで東京グローブ座で上演される。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

注目情報

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi