ジェシカ・チャステイン、グザビエ・ドラン監督新作からカットされる : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年2月7日 > ジェシカ・チャステイン、グザビエ・ドラン監督新作からカットされる
メニュー

ジェシカ・チャステイン、グザビエ・ドラン監督新作からカットされる

2018年2月7日 13:30

「The Death and Life of John F. Donovan」の 劇中カットに映るジェシカ・チャステイン「モリーズ・ゲーム」

「The Death and Life of John F. Donovan」の
劇中カットに映るジェシカ・チャステイン
写真提供:アマナイメージズ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] カナダの俊英グザビエ・ドラン監督の新作映画「The Death and Life of John F. Donovan(原題)」から、米人気女優ジェシカ・チャステインの出演場面がカットされることが明らかになった。米ハリウッド・レポーターが報じている。

ドラン監督初の英語作品となる本作は、2000年代初めを舞台に、アメリカの人気テレビ俳優ジョン・F・ドノバン(キット・ハリントン)と、イギリスに住む役者の卵ルパート(ジェイコブ・トレンブレイ)を軸にした物語。2人の文通が世間に知られたことがきっかけで、好奇の目で見られたドノバンの人生は狂い始め、ルパートが10年後に当時を回想するという内容だ。

もともとはヒーロー対悪役という構図を思い描いていたが、最終的には子ども時代と当時の夢が中心的なテーマとなったため、悪役を描くサブストーリーが不要になったと、ドラン監督は自身のInstagramで説明。悪役を演じたチャステインの出演場面をカットするのは、「編集上、ストーリー上の決断で、彼女の演技とは関係がありません」「すべてはキャラクター設定と、ストーリーとの適合性の問題です」と述べ、同作の撮影現場で撮ったチャステインとのツーショット写真を一緒に掲載した。

これに対し、チャステインはInstagramを通じて「心配しないで」とファンにコメントを発信。出演シーンのカットについては事前に説明を受けたと明かし、「監督には最高の敬意と愛情をもって対応してもらっています」と報告した。同作には、ナタリー・ポートマンスーザン・サランドンキャシー・ベイツら実力派女優が出演している。

ちなみに、チャステインの主演最新作は、アスリートからポーカールームの経営者に転身した実在女性の栄光と転落を描いた「モリーズ・ゲーム」(アーロン・ソーキン監督)。5月に公開予定だ。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi