仲里依紗&大泉洋、棚橋弘至主演「パパはわるものチャンピオン」に参戦! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年1月30日 > 仲里依紗&大泉洋、棚橋弘至主演「パパはわるものチャンピオン」に参戦!
メニュー

仲里依紗&大泉洋、棚橋弘至主演「パパはわるものチャンピオン」に参戦!

2018年1月30日 06:00

プロレスを愛する仲間たちを演じる「パパはわるものチャンピオン」

プロレスを愛する仲間たちを演じる
(C)2018「パパはわるもの
チャンピオン」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] プロレスラーの棚橋弘至主演で、大ヒット絵本を映画化する「パパはわるものチャンピオン」の追加キャストが発表された。仲里依紗大泉洋大谷亮平寺脇康文らが出演する。

映画は、作・板橋雅弘、絵・吉田尚令による絵本「パパのしごとはわるものです」と、その続編「パパはわるものチャンピオン」(2作とも岩崎書店刊)が原作。嫌われ者の悪役レスラー、ゴキブリマスクとして戦う孝志(棚橋)と、クラスメイトに父がゴキブリマスクであることを言い出せずにいる小学生の息子・祥太(寺田心)、そんな父子を見守る孝志の妻・詩織(木村佳乃)が織り成す心あたたまる家族の物語を描く。

仲がプロレス雑誌の編集者・大場ミチコ役、大泉がミチコの上司である編集長役、大谷が孝志を長きにわたって支えてきた治療院の医師・大友役、寺脇が孝志が所属するライオンプロレスの社長・本田功役を演じている。

「プロレスは、2回くらいしか見たことなかった」という仲は、「試合のシーンを生で見て、レスラーの方がぶつかり合っているところは興奮しましたし、かっこよかったです」「棚橋さんにお会いする前は、プロレスラーの方は体も大きくて、少し怖いイメージがあったのですが、180度違ってすごく優しくて、気さくにお話もしてくださいました」と撮影を振り返る。大谷も棚橋の人柄にギャップを感じたようで、「すごい威圧感があったり圧倒されたりするのかなと思っていたら、すごく雰囲気のやわらかい方でした」とコメントしている。

一方、幼少期にプロレスを見ていたという大泉は、「(編集長を)ついつい癖のある男にしたくなってしまい……セリフも含めて好き勝手にやらせていただきました(笑)。監督もおおらかに受け入れてくださってありがたかったです」と劇中で“大泉節”が炸裂していることを示唆している。

ほか、ミチコの同僚役に松本享恭川添野愛、祥太が思いを寄せるクラスメイトの父親役に淵上泰史が扮し、オカダ・カズチカ田口隆祐真壁刀義、バレッタ、天山広吉小島聡永田裕志中西学、KUSHIDA、後藤洋央紀、石井智宏、矢野通、YOSHI-HASHI、内藤哲也、高橋ヒロムといった現役プロレスラーが多数出演する。

パパはわるものチャンピオン」は、テレビドラマやミュージックビデオなどで活躍する藤村享平が監督・脚本を兼ねた。9月に全国で公開。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

注目情報

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi