ティモシー・シャラメ、ウディ・アレン最新作のギャラを全額寄付 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年1月22日 > ティモシー・シャラメ、ウディ・アレン最新作のギャラを全額寄付
メニュー

ティモシー・シャラメ、ウディ・アレン最新作のギャラを全額寄付

2018年1月22日 11:00

ティモシー・シャラメ「君の名前で僕を呼んで」

ティモシー・シャラメ
写真:Jordan Strauss/Invision/AP/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「君の名前で僕を呼んで」でブレイク中の米若手俳優ティモシー・シャラメが、ウディ・アレン監督の最新作で受け取った出演料を全額寄付すると宣言した。

アーミー・ハマーと共演した「君の名前で僕を呼んで」(ルカ・グァダニーノ監督)で話題を集めるシャラメは、ニューヨーク批評家協会賞とロサンゼルス批評家協会賞で主演男優賞を受賞した新鋭。アカデミー賞初ノミネートへの期待がかかるなか、シャラメはすでに撮影を終えているアレン監督作「A Rainy Day in New York(原題)」の出演料をすべて寄付すると発表した。

アレン監督といえば、養女ディラン・ファローが子ども時代に性的虐待を受けたと告白していることから、ハーベイ・ワインスタインのセクハラ問題をきっかけに#MeToo や Time's Upの社会運動が大きくなっていくなかで、小児愛者として再び非難を浴びている。シャラメが出演した「レディ・バード」のグレタ・ガーウィグ監督も、女優として「ローマでアモーレ」(2013)に出演したことを後悔していると発言。「今知っていることを当時知っていたら、あの映画に出演することはなかった」。

シャラメはこのほど、自身のインスタグラムに長文の投稿を掲載。「今年はあらゆる物事に対する見方や感じ方が変わりました。とてもスリリングで、ときに啓発されることのある学習体験でした。現時点での僕は、若手俳優として自分が尊敬するベテラン俳優のようなキャリアを築こうと心がけてきました。でも、過去数カ月間、不正や不平等、なによりも、沈黙していることをやめようという力強い社会運動が芽吹くのを目の当たりにして、仕事選びの条件がいい役柄という一点だけではなくなりました」。

そのうえで、アレン監督作品の出演料をTime's Up、ニューヨークLBGTセンター、RAINN(Rape, Abuse & Incest National Network)という3つの慈善団体に寄付すると宣言。「僕は、すべての人が尊敬と威厳をもって扱われるようになるために戦う勇敢なアーティストたちと肩を並べる価値がある存在になりたいと思います」。

ちなみに、「A Rainy Day in New York(原題)」には、シャラメのほか、ジュード・ロウエル・ファニングセレーナ・ゴメスら豪華キャストが出演している。

(映画.com速報)
ローマでアモーレ Blu-ray[Blu-ray/ブルーレイ] ローマでアモーレ Blu-ray[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,391 ウッディ・アレンが初めてローマを舞台に描いた群像ラブコメディ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

注目情報

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi