宗教団体で育った3人が20年後カリスマに再会 木村文洋監督「息衝く」予告編完成 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年1月14日 > 宗教団体で育った3人が20年後カリスマに再会 木村文洋監督「息衝く」予告編完成
メニュー

宗教団体で育った3人が20年後カリスマに再会 木村文洋監督「息衝く」予告編完成

2018年1月14日 07:00

「息衝く(いきづく)」ビジュアル「息衝く」

「息衝く(いきづく)」ビジュアル
(C)teamJUDAS2017
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「へばの」「愛のゆくえ(仮)」の木村文洋監督による最新作「息衝く(いきづく)」の予告編が公開された。

原発問題やオウム真理教をテーマした作品で知られる木村監督の新作は、ある政権与党の政治団体でもある大新興宗教団体で育った2人の男と1人の女を巡る、3.11以後の日本を描いた物語。

団体の中で生きる則夫と大和、団体を離れ、シングルマザーとなった慈の3人が、失踪した父親的存在でもあるカリスマの森山に再び会いに行く。予告編では、これまで目を背けていた何かを取り戻そうとする3人が、現代社会で、政治活動に飛び込んだり、かつて持っていた宗教心に揺れる姿、そして、彼らの家族との関わりなどが映し出されている。

宗教学者の島田裕巳氏は、「親と子と信仰。これは、三位一体の関係にある。そんな関係が成立してしまうのも、その背景には貧しさがあり、社会の矛盾があるからである。社会は冷酷で、その矛盾を弱者に押し付けてくる。弱者は居場所を失って、新宗教に逃げ場を求める。その組織は果たして、そうした矛盾から人を救い出してくれるのだろうか。それは、映画が提起する重要な課題だ」、小説家の木村友祐氏は「『息衝く』を観ながら、おれはこんな小説が書きたかったんだと全身がざわつき、高ぶり、軽い嫉妬をおぼえていた。息ができない現代日本の空気感を生々しくとらえながら、それでも“まっとうさ”を希求する本作の純真なたたずまいに、胸打たれずにはいられない」とコメントを寄せている。

「息衝く(いきづく)」は、ポレポレ東中野で2018年2月24日公開。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • スリー・ビルボードの評論 スリー・ビルボード 悲劇と喜劇、悲哀と笑い。果てしない不毛さの中に現れる“愛でるべきもの”
  • 羊の木の評論 羊の木 “異物”を排除する風潮に、寓話のかたちで果敢な異議申し立てを試みている
  • サファリの評論 サファリ 野生動物を殺すという娯楽に熱中する人々を捉えた戦慄の狩猟ドキュメンタリー
映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi