アジア版アカデミー賞で「三度目の殺人」が作品賞候補!「空海」最多6ノミネート : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年1月12日 > アジア版アカデミー賞で「三度目の殺人」が作品賞候補!「空海」最多6ノミネート
メニュー

アジア版アカデミー賞で「三度目の殺人」が作品賞候補!「空海」最多6ノミネート

2018年1月12日 17:00

アジア・フィルム・アワードのノミネートが発表「三度目の殺人」

アジア・フィルム・アワードのノミネートが発表
(C)2017フジテレビジョン アミューズ ギャガ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 第12回アジア・フィルム・アワードのノミネーションが1月11日に香港で発表され、是枝裕和監督の「三度目の殺人」が作品賞候補に選出された。

最多6ノミネートに輝いたのは、チェン・カイコー監督作で、染谷将太が主演を務めた中国・日本・香港合作の「空海 KU-KAI 美しき王妃の謎」。監督賞をはじめ、助演女優賞、撮影賞、衣装デザイン賞、美術賞、視覚効果賞で候補に挙がった。

日本作品では、作品賞候補の「三度目の殺人」のほか、監督賞に石井裕也(「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」)、新人監督賞に岸善幸(「あゝ、荒野」)がノミネート。「彼女がその名を知らない鳥たち」の蒼井優が主演女優賞、「無限の住人」の杉咲花と「三度目の殺人」の広瀬すずが助演女優賞の候補者に名を連ねた。

2007年に創設された、アジア全域版アカデミー賞にあたる同賞。今年は、新人監督賞とアクション作品賞が新設され、全17部門に拡大。アジア26の国と地域の作品が対象となり、10の国と地域の32作品がノミネートされた。

第12回アジア・フィルム・アワード主なノミネートは以下の通り。授賞式は3月17日にマカオのリゾート施設ザ・ベネチアン・マカオで開催される。

▽作品賞
天使は白をまとう」(中国)
「Newton(原題)」(インド)
「The Day After(原題)」(韓国)ホン・サンス
三度目の殺人」(日本)
「Youth(英題)」(中国)フォン・シャオガン

▽監督賞
チェン・カイコー空海 KU-KAI 美しき王妃の謎
シルビア・チャン相愛相親
アン・ホイ 「明月幾時有(英題:Our Time Will Come)」
ホン・サンス「The Day After(原題)」
石井裕也映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ
フォン・シャオガン「Youth(英題)」

▽主演男優賞
キム・ユンソク「1987: When the Day Comes(英題)」
スコラワット・カナロット「Malila: The Farewell Flower(英題)」
ラージクマール・ラーオ「Newton(原題)」
ルイス・クー「殺破狼・貧狼(英題:Paradox)」
ドアン・イーホン迫り来る嵐

▽主演女優賞
蒼井優彼女がその名を知らない鳥たち
シルビア・チャン相愛相親
マーシャ・ティモシー「殺人者マルリナ
キム・ミニ「The Day After(原題)」
チョウ・ドンユィ恋するシェフの最強レシピ

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • スリー・ビルボードの評論 スリー・ビルボード 悲劇と喜劇、悲哀と笑い。果てしない不毛さの中に現れる“愛でるべきもの”
  • 羊の木の評論 羊の木 “異物”を排除する風潮に、寓話のかたちで果敢な異議申し立てを試みている
  • サファリの評論 サファリ 野生動物を殺すという娯楽に熱中する人々を捉えた戦慄の狩猟ドキュメンタリー
映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi