クリストファー・ノーランがスタンリー・キューブリックに聞いてみたい質問とは? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年1月2日 > クリストファー・ノーランがスタンリー・キューブリックに聞いてみたい質問とは?
メニュー

クリストファー・ノーランがスタンリー・キューブリックに聞いてみたい質問とは?

2018年1月2日 10:00

クリストファー・ノーラン「アイズ ワイド シャット」

クリストファー・ノーラン
[拡大画像]

[映画.com ニュース]アカデミー賞のノミネート発表を間近に控え、70ミリプリント版「ダンケルク」が全米50館のIMAX劇場で再上映されるにあたり、同作でメガホンをとったクリストファー・ノーラン監督がプロモーションのため米MTVのポッドキャスト「Happy Sad Confused」に出演。自ら大ファンだと常々公言している巨匠スタンリー・キューブリックにまつわる質問に、ノーランらしい興味深い回答が飛び出した。

キューブリック監督と聞けば、たいていの人は「2001年宇宙の旅」(68)や「時計じかけのオレンジ」(71)、「シャイニング」(80)といった映画史に残る傑作の数々を思い浮かべるはず。だが、「キューブリック監督ご本人に会って、1つだけ質問することができるとしたら、何を聞きますか?」と尋ねられたノーラン監督は、「『アイズ ワイド シャット』をどう仕上げたか聞いてみたい」と即答し、司会を務めるジョシュ・ホロウィッツを驚かせた。

アイズ ワイド シャット」は、当時実生活でも夫婦だったトム・クルーズニコール・キッドマンを主演に迎え、ある夫婦の愛と性をめぐる心の相克を冷徹に映し出したシリアスドラマ。完成直後の1999年3月7日、心臓発作のため死去したことで、キューブリック監督の遺作として知られる。

「確かキューブリック監督は、スコアリング作業を終える前に亡くなったんだよね。彼が思い描いていた通りの映画に仕上げようと、スタジオが最善を尽くしたことは評価するけど、僕自身の経験から、スコアリングが最後にくる工程だと知っているだけに、惜しくてならない。本当に些細で表面的な、技術的あらに過ぎないとはいえ、キューブリック監督が生きていれば、もっと完璧な映画に仕上げてくれたはずだと思うからね」と理由を説明したノーラン監督。さらに、「最初に見た時は、正直期待はずれだと感じたし、あまり好きな作品ではなかった」と明かした上で、その後何度か繰り返し見るうち、「真に偉大な傑作」だと確信するようになったと語った。

(映画.com速報)
ダンケルク ブルーレイ&DVDセット[Blu-ray/ブルーレイ] ダンケルク ブルーレイ&DVDセット[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,145 「ダークナイト」「インターステラー」のクリストファー・ノーラン監督が、初めて実話をもとに描く戦争映画。
時計じかけのオレンジ[Blu-ray/ブルーレイ] 時計じかけのオレンジ[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥982 他人の悲劇を自分の楽しみとする反逆児アレックスの姿を、スタンリー・キューブリックが見事に描いた作品。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi