「少女革命ウテナ」18年3月にミュージカル化 スーパーバイザーとして幾原邦彦監督が参加 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年12月18日 > 「少女革命ウテナ」18年3月にミュージカル化 スーパーバイザーとして幾原邦彦監督が参加
メニュー

「少女革命ウテナ」18年3月にミュージカル化 スーパーバイザーとして幾原邦彦監督が参加

2017年12月18日 19:00

「少女革命ウテナ」ミュージカル化決定「少女革命ウテナ アドゥレセンス黙示録」

「少女革命ウテナ」ミュージカル化決定
(C)ミュージカル「少女革命ウテナ」
製作委員会 (C)ビーパパス・さいとうちほ
/小学館・少革委員会・テレビ東京
[拡大画像]

[映画.com ニュース] テレビアニメ「少女革命ウテナ」の放送20周年を記念して、同作のミュージカル化が決定した。「少女革命ウテナ~白き薔薇のつぼみ~」と題し、2018年3月8~13日に上演される。

1997年に放送された「少女革命ウテナ」は、王子様になりたいと願う男装の少女・天上ウテナが、入学した鳳学園で、世界を革命する力を授けてくれるという「薔薇の花嫁」姫宮アンシーと出会い、彼女を賭けて戦う生徒会役員(デュエリスト)たちの決闘ゲームに巻き込まれていく物語。後に「輪るピングドラム」「ユリ熊嵐」などを手がける幾原邦彦監督の代表作で、舞台劇をモチーフとした演出をはじめとする斬新な表現、哲学的なストーリーや世界観などが、視聴者に強烈な印象を与えた。1999年には劇場アニメ「少女革命ウテナ アドゥレセンス黙示録」が公開され、97年から00年にかけて3度にわたる舞台化も果たしている。

ミュージカル「白き薔薇のつぼみ」には、スーパーバイザーとして幾原監督が参加し、ウテナが「薔薇の花嫁」アンシーを賭けて、桐生冬芽や西園寺莢一といった生徒会メンバーたちと激突する物語が展開される。脚本・演出は、ミュージカル「ヘタリア~In the new world~」「ふしぎ遊戯~朱ノ章~」を手がけた吉谷光太郎が担当する。

(映画.com速報)
少女革命ウテナ Complete Blu-ray BOX(初回限定版)[Blu-ray/ブルーレイ] 少女革命ウテナ Complete Blu-ray BOX(初回限定版)[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥29,988 「輪るピングドラム」の幾原邦彦監督の伝説の作品が放送開始20周年を記念しBlu-ray BOX化。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi