ジェニファー・ローレンスが妖艶に誘惑…主演スパイアクションが18年3月30日公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年12月14日 > ジェニファー・ローレンスが妖艶に誘惑…主演スパイアクションが18年3月30日公開
メニュー

ジェニファー・ローレンスが妖艶に誘惑…主演スパイアクションが18年3月30日公開

2017年12月14日 11:00

ローレンスが女スパイを 演じる「レッド・スパロー」「レッド・スパロー」

ローレンスが女スパイを
演じる「レッド・スパロー」
(C) 2018 Twentieth Century Fox Film Corporation
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ジェニファー・ローレンス主演のスパイアクション「レッド・スパロー」が、2018年3月30日に全国公開されることが決定。ローレンス演じる妖艶な女スパイのドミニカが、ジョエル・エドガートン扮するCIA捜査官を誘惑する、刺激的な場面写真がお披露目された。

オスカー女優のローレンスが、代表作「ハンガー・ゲーム」シリーズのフランシス・ローレンス監督と再タッグを組み、敵国のスパイ同士の恋が国家の運命を左右する様を描く。原作は元CIA工作員のジェイソン・マシューズ氏による同名小説。欲望、策略、裏切りが渦巻く予測不能のストーリーが展開される。

志していたバレエの道を事故で絶たれたドミニカ(ローレンス)は、母を守るためにロシア政府が極秘裏に組織した諜報機関の一員になることを決意。訓練で頭角を現し、ロシアの機密事項を調査するCIA職員ナッシュ(エドガートン)に近づく任務を与えられる。2人のスパイは、互いに引かれ合いながらも、だまし合いの連鎖へと陥り、自分たちのキャリアや忠誠心、国の安全までも脅かしかねない事態へ突入する。

メガホンをとったローレンス監督は、原作者のマシューズ氏とその妻が「CIAのスパイとして活躍し、世界中を飛び回っていた」という事実を明かし、2人は走行中の車から飛び降りるなど「信じられないようなクレイジーな話をしてくれた」と、作品にリアリティが根付いていることを説明。さらに、「理屈抜きで必要に迫られた人が、信じられないような状況に陥る物語に魅了された。、観客が主人公の気持ちになって想像力を膨らませるのは良いことだと思うから」と、感情に訴える物語であることをアピールしている。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 君の名前で僕を呼んでの評論 君の名前で僕を呼んで ティモシー・シャラメの輝かしい魅力に満ちた主演デビュー作
  • リズと青い鳥の評論 リズと青い鳥 手を強く握るだけではなく、その手を解くことの大切さ。静かで細やかな演出が見事
  • パティ・ケイク$の評論 パティ・ケイク$ 三世代の母娘を演じた役者たちの “生き様”と呼ぶしかない、演技を超えたヤバさ
映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi